いったい何がどうしてこうなってしまったのか?人気ゲームアプリ「ぷよぷよ!!クエスト」の新機能の実装にあたって、レポーターにオリエンタルラジオ・中田敦彦さんを起用したSEGA。ところが予想以上に強くなりすぎた中田さんが暴走し、事態は思わぬ方向に……!ここではその一部始終とSEGAが打倒中田のためにとった最終手段についてレポートします。

いかにして中田敦彦は勝利の味に狂ったか?

名作パズルシリーズ「ぷよぷよ」のアプリゲームとしてリリースされ、現在1,500万ダウンロードを突破した「ぷよぷよ!!クエスト」(以下、ぷよクエ)。YouTubeで実況動画が投稿されるなど、確実に人気を集めているゲームです。

あっちゃんのぷよクエ最強プレイヤーへの道~依頼篇~

このぷよクエに新機能「リアルタイム対戦」が実装されるにあたり、SEGAはレポーターとしてオリエンタルラジオ・中田敦彦さんを起用しました。その時の様子を撮影したのが上の動画です。

対戦に負けて悔しがる中田さん。

「あっちゃんのぷよクエ最強プレイヤーの道」という企画を提案された中田さんは、「最強は難しいかもしれませんが頑張ってみます」と謙虚な姿勢を見せています。この時は、まだ……。

あっちゃんの!ぷよクエ最強プレイヤーへの道~経過報告篇~

ところが一ヶ月後の経過報告の場ではちょっと様子がおかしい。「簡単すぎてつまらない。SEGAさんはこんなんでいいの?」とダメ出しを始めてしまいます。

ファンを見下したコメントをする中田さん。

そして、最後のファンへのコメントでは「みなさんは僕じゃないですから。僕みたいに天才じゃなければ、そこそこ楽しめるんじゃないでしょうか」と、完全に他のプレイヤーを見下した発言まで飛び出します。

あっちゃんの!ぷよクエ最強プレイヤーへの道~最強宣言篇~

さらに一週間後、ぷよクエ担当者を呼び出した中田さん。そこにはもはや最初の謙虚な姿勢の中田さんはいませんでした。「ぷよクエのチャンピオンになっちゃいました」と言い放ち、ついには担当者にタメ語まで使う始末に。

ユーザーランク963のプレイヤーが登場。

耐えかねた担当者が同席していたユーザーランク963のプレイヤーをぶつけますが、瞬殺されてしまいます。

次なる対戦相手を提案するSEGA。

そこでSEGAはぷよぷよシリーズ総合プロデューサー・細山田水紀さんとの対戦を提案します。これには中田さんも「面白いじゃない」と食いつき、対戦が実現することに。

あっちゃんの!ぷよクエ最強プレイヤーへの道~ぷよクエに危機が迫る!対決篇~

一週間後の9月9日、2人の対戦の場が設けられました。繰り広げられる緊迫のシーソーゲーム。この戦いを制したのは……。

勝利の雄叫びをあげる中田さん。

なんと中田さん!大きなプレッシャーの中でも連鎖をコンスタントに出すその腕前は、まさに「絶対王者」。中田さんは完全に勝利の味に狂ってしまいます。

SEGAは完全に中田さんの中の狂気を目覚めさせてしまったのです!総合プロデューサーを倒されてしまい、SEGAはもはや打つ手なしの状況に追い込まれます。

ぷよぷよ!!クエスト 新CM「中田を倒せ篇」

そこでSEGAは全国のぷよクエプレイヤーに、ぷよクエの未来を託しました。そのためにかけた号令が「中田を倒せ」

プレイヤーの中から最強を決め、そのプレイヤーを絶対王者・中田敦彦にぶつけるという作戦に出たのです。

細山田さん直筆の完全敗北宣言。

特設サイトには細山田さんが直筆の完全敗北宣言を掲載し、「ぷよぷよシリーズを愛するみなさま、どうか助けていただけませんか」と懇願。

このまま放置すれば長い歴史を持つぷよぷよシリーズが、中田さんによってむちゃくちゃにされてしまう。そんな悲壮感すら漂います。

SEGAからの決死のSOSにプレイヤーたちが立ち上がる!

「自分たちではもうどうにもならない。助けてくれ」というSEGAからプレイヤーへのSOS、それが今回SEGAが打倒中田の最終手段として用意した「ぷよクエ最強王者決定戦」という大会です。

まさにぷよぷよファンVS中田敦彦の最終決戦と言えるでしょう。

これを受けたぷよクエのファンたちは大きな盛り上がりを見せています。やはりコツコツとプレイしてきた人や長年ぷよぷよシリーズを愛してきたファンからすれば、中田さんの態度が気にくわないのでしょう。

不敵な笑みを浮かべる中田さん。

何せこの顔ですからね……。全能感に酔いしれて完全に他のプレイヤーを見下しています。何とかしてこれ以上ないほど高くなった鼻を、思いっきりへし折ってやりたくなります。

ところが中には最初から諦め気味のプレイヤーも。

確かに最近やりはじめた人ややり込んでいない人が、絶対王者・中田敦彦はもちろんのこと、大会に参加するヘビーユーザーに勝てないと諦めてしまう気持ちもわかります。

実際「カードの火力があれば勝てるでしょ」という声もあります。しかしその点は心配無用です。

「ぷよクエ最強王者決定戦」は、やり込んでいない人・デッキが弱い人でも、がんばり次第で誰でも勝てる平等なシステムになっているんです。以下で詳しく見ていきましょう。

がんばり次第で誰にでもチャンスはある!

「ぷよクエ最強王者決定戦」は大きく予選と決勝の2つのステップに分かれています。

予選の日程は全部で4つ。第1回と第2回はすでに終了していますが、第3回が現在開催中。
予選の日程は全部で4つ。第3回が現在開催中で、第4回は10月19日の午前3時59分までです。

予選を通過するためには、4つある予選日程の中で20勝以上する必要があります。各日程は7日間なので、1日3勝すれば予選を通過できる計算です。ただし対戦に挑戦できるのは一日につき10回までとなっています。

大会専用デッキ編集画面。どのプレイヤーも決められたキャラしか使えない。
大会専用デッキ編集画面。どのプレイヤーも決められたキャラしか使えない。

通常勝敗の決め手になるのはやり込み度やデッキの強さ。しかしこの大会では運営側が用意した専用キャラしか使えません。そのため、今日始めたばかりの人でもがんばり次第で勝てる、というわけです。

左から二列目の三段目にあるのが特殊アイテムの1つ。他にも様々なアイテムがある。
左から二列目の三段目にあるのが特殊アイテムの1つ。他にも様々なアイテムがある。

特殊アイテムも用意されているので、運次第では一発逆転を狙うこともできますよ!

はれて予選に通過すると、各日程から3人ずつ抽選で決勝進出者が決定されます。決勝は11月下旬以降に東京で開催予定で、優勝賞品は”ぷよ”にちなんで「24万円」。さらに、決勝大会参加者には全員魔導石240個が配られます。魔導石240個=10連ガチャ×4回分+ガチャ8回分……これはデカい!

絶対王者・中田敦彦をぶちのめせ!

高ランクプレイヤーどころか、総合プロデューサーの細山田さんまで下してしまった中田さん。

「誰か、私を倒してくれませんか。」

この大会のシステムなら、初心者だろうがライトユーザーだろうが、がんばりと運次第で決勝進出の可能性は十分あります。

「絶対王者」の名を欲しいままにしてしまった中田さんを倒すのは、あなたかもしれません。ぜひ「ぷよクエ最強王者決定戦」に参加してみましょう!