このエントリーをはてなブックマークに追加
スマホひとつあれば何でもできる時代になりましたよね。しかし、そのせいで長時間見すぎてちょっと目が悪くなってきたなと感じている方も多いのではないでしょうか?今回はそんなスマホを使って、視力回復ができるアプリをいくつか皆様にご紹介しちゃいます!それぞれのアプリの特徴もお伝えしますので、是非自分に合ったアプリを見つけてみてください♪

視力が低下する原因を知っていますか?

視力が低下する原因の一つは、まずは水分不足。喉が渇いていなくても定期的に水を飲み、目が潤いを保てる状態にしましょう。

また眼の酸素不足も視力低下の原因だそうです。コンタクトをつけている人は、身につける時間を短めにするように工夫してみましょう。

視力低下の中でも多くの人の原因がおそらくこちら。近いものばかりを長時間見すぎることにより目の周りの筋力が衰え、起こってしまう視力低下です。

これが原因の場合、生活習慣を変えないと離れたものが見えにくくなってしまい、メガネやコンタクトレンズが必要な生活になってしまいます。

スマホを見て視力回復って矛盾してない?と思われる方もいると思います。

しかしただ単に画面を眺めるだけでなく、アプリを使って意識的に目にある働きをさせることにより、視力回復を図っているのが、これからご紹介する視力回復アプリなのです。

スマートフォンを操作する女性

出典:https://www.pakutaso.com/20160921264post-9064.html

では、どのような視力回復アプリがあるのでしょうか?目にどんな働きをさせるアプリなのかも合わせて、それぞれご紹介していきます。

視力回復ができるアプリの紹介

視力回復アプリには主に「立体視画像」「眼球運動」を促すアプリの2種類があります。

「立体視画像」は一見すると砂嵐や波にしか見えない画像を見つめ、ピントを調整するることで、画像の中に特定のものが見られるようになる画像のことです。「眼球運動」を促すアプリは、目の焦点を合わせる機能や動体視力を鍛えるというアプリです。

では、それぞれどんなアプリがあるのか見てみましょう。

視力がみるみる上がる3D視力回復アプリ

こちらのアプリ、通常は有料なのですが、現在だけ無料です!

このアプリは、視点を変えることにより平面画が立体画に見えるというステレオグラムを用いることにより視力回復を図るアプリです。

眼の筋肉が衰えたことにより悪くなった視力を、筋肉を鍛えることにより回復させるというアプリです。

最初は易しいものから、順に難易度を上げていくことができるので、少しづつ筋力を鍛えていくことができます。

5分で改善できる可能性があるのなら、毎日継続していきたいですね!

見るだけで視力回復!〜謎の模様に浮かび上がる絵〜

ちなみに筆者は・・・全く見えませんでした!トレーニングを毎日する必要がありそうです…

視力回復トレーニング

こちらもステレオグラムを用いて、視力回復を狙うアプリです。「視力がみるみる上がる3D視力回復アプリ」と違う点は、画像が一つだけではなく、右目は右の絵、左目は左の絵を見るという、画像を2枚使った交差法という方式を採用していること。

このアプリを使って2種類画像を見ながら焦点を合わせる運動により、眼が良くなることが期待できます。

さらにこのアプリには、継続したいと思っていてもなかなか難しいという人のために、トレーニングの時間になると鳴らしてくれるアラームと、自動での訓練記録が残る機能があり、毎日忘れずに行っているかを意識することができますよ!

視力ケア アイトレ3D

こちらもステレオグラムを用いて訓練するアプリ。顔とスマホを30~40cm離してみると、見えやすいようです。ステレオグラムを用いたアプリは視力回復だけでなく、近視、遠視、乱視、老眼、肩こりにまで効果があるそうです。

このアプリには視力を測定できる機能なども備わっているそうです。視力が気になった時に自分で調べられるのはいいですね。

視力回復メソッド

こちらのアプリは、眼球運動を促進することにより視力回復を期待できる無料アプリです。確かに普段の生活の中だと積極的に左右上下を何度も見ることがありませんよね。このアプリにしたがって行えば、目の筋力アップが期待できます。

自分で何秒と数えるとズルしてしまいがちですが、このアプリでは音声ガイダンスが流れるので、ズルすることもなく、それに従うだけで、しっかり正しく鍛えれそうですね♪

目の体操をして血行が良くなることで、目もリフレッシュできます。

キネティック動体視力Free

こちらは画像を見るのではなく、画面上に動いているものをみて眼球運動を促進させます。動体視力を鍛えることにより目の筋肉が動き、筋肉がほぐれることにより視力回復につながります。

テニスなどを行う時間がある人は運動不足解消と目の体操もできますが、時間がない人は、1日数分だけでもこのアプリで目を鍛えたいですね。

動体視力を鍛えるアプリ 「キネティック動体視力」

動体視力が上がると視力だけなく、集中力も上がると言われています。視力回復アプリを使いつつ、勉強するときの集中力も伸ばしたいですね。

視力回復アプリを使う際の注意点!

ここで視力回復アプリを使うときの注意点ですが、訓練時間は必ず定められた時間だけ行ってください。

行い過ぎると逆に目に負担がかかり、目が疲労してしまう恐れがあります。1日に3分〜5分ぐらいがちょうどよいのではないでしょうか。

スマホを持つ男性

出典:https://www.pakutaso.com/20150914261post-6073.html

視力回復アプリを毎日継続して、少しでも視力が回復したらとても嬉しいですよね!

時には携帯ではなく、自然を見て目をリラックスさせましょう。

緑の中に座るカップル

出典:https://www.pakutaso.com/20120543151post-1525.html

確かに携帯のアプリを使っても視力が回復するかもしれませんが、やはり一番オススメなのが自然の中に行き、緑を見たり遠くを眺めたりすることです。

たまの休みの日には携帯を手放し、友達や恋人とハイキングやウォーキングをしながら目を休めてみませんか?