ハイトーンボイスを武器にする男性歌い手、kradnessさんは歌唱力やミックスの腕前はもちろん、ご本人の顔がイケメンであることからも話題を集めています!その素顔とは?ぜひ知っておきたい、代表的な動画もあわせてご紹介しましょう!

kradnessとは?

kradness(くらっどねす)さんは、ハイトーンボイスが特徴的な男性歌い手・生放送主。歌い手としての初投稿作となるのは、2010年7月12日に投稿された「『ワンダーランドと羊の歌』歌ってみた。」ですが、こちらは現在削除されており、古い動画としては『マーメイド』などが現在も閲覧可能な動画です。

【歌ってみた】 マーメイド 【kradness】

ミックス、エンコードに関する知識・技術もあり、投稿時には自らそれらの作業を行っています。歌ってみた動画として投稿される動画はボーカロイド楽曲がメイン。

【歌ってみた】 PONPONPON 【kradness】

その中で、きゃりーぱみゅぱみゅさんの『PONPONPON』などをカバーすることも。女性ボーカルの楽曲も、武器である高音ボイスで違和感なく歌いきっています!

♂♂♂【ギガンティックO.T.N】歌ってみた【kradness×un:c(あんく)】♂♂♂

さらに歌い手のun:c(あんく)さんやMIX師の「むつえもん」さんとのコラボ楽曲も発表!ハイトーンで、あざとい楽曲も歌い上げます。

絶対押さえたいkradnessさんの代表的な動画

【歌ってみた】 いーあるふぁんくらぶ 【kradness】

kradnessさんの動画の中でも、代表的な動画がこちら。2012年8月20日に投稿された「いーあるふぁんくらぶ」の歌ってみた動画は、投稿から1か月足らずで10万再生を突破し、初の「ボカロオリジナルを歌ってみた殿堂入り」を果たしました!

弾幕祭り!
弾幕祭り!

出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm18666119

それまでkradnessさんの動画には「もっと評価されるべき」「もっと伸びるべき」というタグが貼られがちだったため、殿堂入り後はお祝い弾幕祭り!「お前らの愛で見えない」状態になりました。

【歌ってみた】 WAVE 【kradness】

さらに『WAVE』の動画も同じく殿堂入りを果たし「黙ってマイリス」「コメ<マイリス」「驚異的な中毒性」などのタグが貼られています。

こうして人気を集めて行ったkradnessさんのボカロカバーソングは、2013年12月4日発売の「KRAD VORITEX」に収録されることに!

【12月4日発売】KRAD VORTEX / kradness【全曲クロスフェード】

『WAVE』に始まり、『いーあるふぁんくらぶ』や『千本桜』など人気曲がつめこまれたアルバムは好評を呼びました。2015年3月4日にはセカンドアルバムも発売されるなど、好調に活動を行っています。

kradnessさんの素顔とは?


kradness – 零の位相 [Official Music Video]

初期は顔出しを行っていなかったkradnessさんですが、近年では雑誌やミュージックビデオ、フォロワー数15万人以上(2016年8月現在)のTwitterでも、顔出しをしています。

確かにイケメン!
確かにイケメン!

出典:https://youtu.be/WBBEdCJ7yHA

顔出しをした際には、そのイケメンっぷりも話題になりました!トレードマークの明るい髪色が特徴的なため、コスプレをするファンもいるほど!

ミュージックビデオでは、楽曲から感じられるサイバー要素を取り入れつつ、ミステリアスな雰囲気も醸し出しています。

【kradness】CRITICAL LINE【オリジナルPV】

「世界で盛り上がっているEDMにも重点をおきたい」と語るkradnessさんは、楽曲にもミュージックビデオにもそうした要素を取り入れ、圧倒的な世界観を実現しています。

独自の世界観を感じさせます。
独自の世界観を感じさせます。

出典:https://youtu.be/0G7ii6hFpM8

EDM×SFアニメを思わせる世界観は、日本を飛び出し広いフィールドで注目されはじめたときにも支持を集めそうですよね。

歌い手としてだけじゃなく……幅広い活動のkradnessさんに期待!

Quarks (kradness&Camellia) – Dualive

歌い手としての活動はもちろん、一番に楽曲のクオリティを考えているkradnessさん。声はあくまで楽器の一つである、という考えのもと、必ずしも「歌」を主張することにこだわるのではなく、ライブで盛り上がる良質な楽曲作りに励んでいます。

【kradness&れをる】 しんでしまうとはなさけない! 【歌ってみた】

れをるさんや松下さん、れいちゃるさんなど多くの歌い手とコラボするなど、常に新しい活動に意欲的だったkradnessさんだからこそ、次々提案されるスタイルにも期待が高まります。

全国でのライブや、雑誌などのメディア露出などますます活動の幅を広げているkradnessさん。歌い手として、パフォーマーとして広がっていきそうな今後の活躍に期待です!

トップ画像出典https://www.youtube.com/watch?v=WBBEdCJ7yHA
シェア
千
ちょっと知りたい、もっと知りたい!をたんたんと爛々と発信していきます。