このエントリーをはてなブックマークに追加
ボイパ、ボクサーとして一躍有名になったイケメン中学生、けんと (拳斗)くんが今話題です。ぶーしゃかLoopの流行のきっかけのひとつにもなったその才能とは?芸能人・アイドルを凌ぐ勢いの「自称・ただの中学生」のけんとくん。ファンの熱量も半端なく、熱い人ばかりです。様々な角度からけんとくんの魅力をご紹介していきましょう!

けんと (拳斗)くんってどんな人?

けんとくん(関拳斗くん)はTwitterで大人気の福岡出身、平成15年1月7日生まれの13歳の動画投稿者。自称「ただの中2」ということですが、実はフォロワー11万人を抱えるただ者ではない男の子なんです!

まず、けんとくんを紹介する上で絶対に欠かす事ができないのが岡村靖幸さんの「ぶーしゃかLoop」の流行です。

詳しくはこちらの記事で紹介していますが、去年の夏から中高生に大流行した「ぶーしゃかLOOP」で口パク動画の流行のきっかけを作ったのがけんとくんなのです!

元ネタになったけんとくんのツイートは7月末の時点で、1万以上のリツイート、そしてその3倍以上のお気に入りが!繰り返しみたくなる、クセになる動画ですよね。

岡村靖幸さんのファン層とはまた違ったところで流行が広がっていく現象もSNSならでは。2015年8月という早い段階で目を付けているそのセンスの良さも伺えます。

卓越したリズム感を持っているけんとくん!

けんとくんのその高度なリズム感、グルーヴ感を味わうならボイスパーカッションです。最近はヒカキンさんなど、YouTuberの間でもボイパを得意とする人は多いですが、けんとくんは一味違うセンスを持っています。

ボイパの基本テクニックは抑えつつも、けんとくんならではの個性が光りますね。体の動きも格好が良くて、聴くだけでなく見ていても楽しめるボイパです。そして、中にはこんな変わり種も…。

くしゃみをボイパに活用するなんて、世界広しといえどけんとくんだけでしょう!ボイパ文化の根付いているアメリカ人にも紹介したいくらいです。「くしゃみが止まらなかった」というのはちょっと心配ですが(笑)。

このアイデアの斬新さがけんとくんの持ち味なんです。こんなユニークなアイデアをひらめく瞬間は一体どんな時なのでしょうか…?

ボイパにメロメロな女子も多く、けんとくんの人気を支えている理由のひとつになっています。

けんとくんはボクシングで全国優勝する実力者!

けんとくんを語る上で欠かせないもうひとつのピースが、「ボクシング」。若手ボクサーとしては早くも才能を感じさせています。肉体作りも本格的で、見た目もかなりガッシリしていますね。

けんと PV

何と、全国大会で優勝経験も!単なる趣味ではなく、真面目にボクシングに取り組んでいる姿勢に惚れ直したファンも多いのではないでしょうか。年々、パンチにはキレが増し、成長が伺えます。

ちょっとパンチングしただけでもこのキレのある動き……さすが、様になっていますよね!数年後には、「プロボクサー・けんと」として世界的に有名になっているかもしれません。

ファンの愛も濃厚です!「何かに打ち込んでいる男」ってやっぱりカッコ良く見えます。ただでさえ優しい顔立ちをしたイケメンなのに、才能に溢れすぎなけんとくん、天は二物を与えるのです。

そしてさる9月11日にはU-15ボクシング 全国大会45.0㎏級で見事優勝!けんとくんは日本一に輝きました!

けんとくんついにテレビにも出演!これからも見逃せない!

どんどん有名になっているけんとくんですが、地元福岡のFBS福岡放送の情報番組、めんたいワイドで特集「ぶーしゃかLOOP知ってます?すごい少年拳人くん」が組まれました。

人気ぶりはこれから福岡ローカルにとどまらず全国区に広がっていきそうですね!中学生の多感な時期ですから、多彩な才能を持つけんとくんは当然モテるはず。そんな人気をひけらかさない素の中学生っぽさも受けている理由でしょう。

「ボイス・パーカッショニスト」そして「ボクサー」として、けんとくんは今後もさらに人気を上げていきそうです。