このエントリーをはてなブックマークに追加
高校生時代のお小遣い、皆様は覚えていますか?私はゲームセンターやカラオケなど友人たちとよく行っていた記憶があるので、月に5000円くらいだったのではないでしょうか。さて、今の高校生たちはどれほどお小遣いをもらっているのか、その使い道はなんなのか、更にはお小遣い管理に役立つアプリも紹介いたします。

みんな、お小遣いどれくらいもらってるの?

アルバイトを禁止する高校は世の中に少なくありません。そんな高校生の命綱といったらやはり「お小遣い」。欲しいものは増えていっても使える額は限られていて何度もどかしい思いをしたか…。

今の高校生はどれくらいのお小遣いをもらっているのか、もらえてない子はどのようにしているのかといったことをまずは追っていきましょう。

まず最初の子は5000円ですね。しかも家事と引き換えに賃上げをしてもらったというタイプです。

成長に伴い家事などできることが増えてくるわけですから、親としては当然手伝ってほしいというのはありますよね。洗濯で2000円賃上げはもらう側としても嬉しいのではないでしょうか。

こちらの子もお小遣いは約5000円であると予想できます。高校生のお小遣い相場は5000円くらいなのでしょうか。

こちらの子は結構厳しい環境にいるみたいですね。この時以前はもらえていなかったようですし、その後も完全管理体制ですか。実際今どのようにしているのでしょうか。私、気になります。

お小遣いは親からしてみれば出費ですからね。それぞれの家計の状況に左右されるのは仕方ないことですね。

丁度良いタイミングでアンケートを行ってくれていました。105票のうち半数近くがお小遣い3001円から5000円のところに集まっていますね。では、そのお小遣いはどこに流れていくのでしょうか。

その月ごとにやりくりできるものもあれば、数か月貯金をしないとどうにもならないなんてことだってあるでしょう。次の章ではお小遣いの使い方を調べます。

高校生、お金の使い道

さて、高校生のお小遣いの使い道を把握しているご両親はあまり多くはないのではないでしょうか。

そんなこと気にするような年じゃないと言うかもしれませんが、好奇心みたいなもの、ありません?高校生たちがお小遣いで何を買っているのか、少し調べてみちゃいました。

この子はCDをほしがっていますね。お小遣いが5000円くらいの子はCD代厳しいですね。友達と遊ぶのにもお金はかかりますから、あまり大きな出費はしたくないですよね。

同じCDでもアルバムはさらにつらい!そうなると前の月くらいから貯金しないと難しいのではないでしょうか。

これはおもしろいですね!仮にお小遣い5000円の子だとしてもCDなんて買ったらすぐに吹き飛んでしまいますよね。

しかしそれらを単品買いにすることで出費を200円程度に抑えています。素晴らしい節約ですね。

ライブやハード系は高いですからね。その時毎のお小遣いではなかなか手が届かないでしょう。というよりも、みなさん、貯金は!?

そうです!貯金しましょう!別にこの上の子みたいにウホウホまではいかなくとも、ライブに行ったり、ハード系の品物買ったり、CDを躊躇うことなく買えるくらいの貯金があったら嬉しいんじゃないですか?

そんなわけで、貯金に役立つアプリを紹介します!

アプリで簡単!お小遣い管理!

皆さん、何故ほしいものが買えないのですか?そう、お金がないからです。お金がないなら、貯金すればいいのです!

貯金する余裕がない?どうでしょうか。一度お金の使い方を見直してみると、案外できちゃったりするものですよ。

そんなみなさんにおすすめしたいのが、お小遣い管理アプリ「ポケマネ」です!家計簿系アプリはたくさんありますが、私はこれがわかりやすく、使いやすいと思いました。

出典:https://itunes.apple.com/jp/app/o-xiao-qiani-zhang-pokemane/id1099695455?mt=8

このように、収入は青字、支出は赤字で表示され、何に使ったのかということも書き込めます。いつ、何に、いくら使ったのか、一目瞭然ですね。

そして、お気づきの方もいるかと思いますが、未来の収支も入力できるのです!さらに……

出典:https://itunes.apple.com/jp/app/o-xiao-qiani-zhang-pokemane/id1099695455?mt=8

このようにカレンダー画面で見ることもでき、日付をタップし、そこから収支を入力することも可能です。

余計な機能はついていなく、レイアウトもシンプル、本当に数値管理に特化したアプリです。

まとめ

欲しいものが多いけどなかなか手に入らない。そうした悩みは年齢に関係なくあると思います。

お小遣いというシステムの中、高校生ともなると欲しいものの単価も上がってきます。少ないお小遣いをどうやりくりするかは高校生の大きな悩みでしょう。

出典:http://www.photo-ac.com/main/detail/224479

しかし、お小遣いを節約し、貯金し、苦労して手に入れたものには、その分だけあなたの強い思いが残ります。その物や経験はきっといい思い出になって今後の生きる上でも大切なものとなってくれるはずですよ。頑張って貯金にチャレンジしてみましょう!

トップ画像出典https://www.pakutaso.com/20160231057post-7086.html
このエントリーをはてなブックマークに追加
Morgan
パソコンかスマホがないと生きていけないような人です。 毎日自分の好きなジャンルの動画やニュースを見ています。 グルメや料理に関するニュースなんかは見ていて飽きないですね。 ジャンルに限らず、自分が面白そうと思ったものは 片っ端からつまんでいるので、かなり雑食ですね(笑)