このエントリーをはてなブックマークに追加

すぴ豊です。
前回にひきつづき世界最大級のアメコミ・イベント、サンディエゴ・コミコン/SDCCレポートです。今回はお待ちかね、マーベル編です!

2年ぶりのマーベルのパネル!はコンサートのようなノリ!

会場の外の街中に「ドクター・ストレンジ」のバナーが
会場の外の街中にも「ドクター・ストレンジ」のバナーが

出典:すぴ豊撮影

大ホール・ホールHでのマーベルのパネル(プレゼンテーション)は23日(土)17時半から行われました。

同日午前にDC&ワーナーのパネルがあり、その興奮の余韻が場内には残っていたのですが、17時半が近づくにつれ、会場全体で手拍子!ライブ会場のよう!昨年マーベルのパネルがなかったので、2年ぶりにホールHにマーベルが戻って来る!ファンの期待はいやがうえにも高まっていたのです!

ケヴィン写真:PHOTOBYすぴ

出典:すぴ豊撮影

そしていよいよスタート!マーベル映画のこれまでをふりかえるトリビュート・ビデオが流れたあと、マーベル・スタジオの社長にしてキーマン、ケヴィン・ファイギ氏が登場!彼が総合プレゼンテーターを務める形でパネルがスタートしました!

ロゴ写真:PHOTO BY すぴ

出典:すぴ豊撮影

まずは新しいマーベル・スタジオのロゴが発表され会場大興奮!そしてこれから撮影が開始されるという「ブラックパンサー」の監督・キャストが登壇! 

全員が黒人という、マーベル初のブラックムービーに?ブラックパンサーは「シビル・ウォー:キャプテン・アメリカ」でも大活躍だったので大きな声援と拍手で歓迎されていました!

会場は魔法につつまれた!ドクター・ストレンジ降臨!

ドクター・ストレンジのコスプレイヤー
ドクター・ストレンジのコスプレイヤー

出典:すぴ豊撮影

続いて会場にスモークがたかれ、レーザー光線で魔法の紋章らしきものが投影。場内は一気にマジカル空間。そして「我が名はストレンジ」の声が。そう、この冬公開の(日本では1月27日公開の)「ドクター・ストレンジ」です!

カンバーバッチ写真:PHOTO BY すぴ

出典:すぴ豊撮影

マーベル初の魔法ヒーロー、演じるのはベネディクト・カンバーバッチ!!!カンバーバッチの登場に大拍手!なんたって「シャーロック」であり「スター・トレック イントゥ ダークネス」のカーン!コミコン・ファンにとっても大人気の俳優さんですから!

ここもスタッフ、キャストが登場!敵役にこれまた人気のマッツ・ミケルセンで彼も登壇したことから豪華なステージになりました。

「ドクター・ストレンジ」 最新映像

Doctor Strange Spot #1

このコミコンでは「ドクター・ストレンジ」の映像の一部がお披露目になったのですが、ネットではここの部分はUPされていないので、このコラムではネットで解禁になっている予告編と全米で流れ始めたTVCMをご紹介しましょう。

ドクター・ストレンジのコスプレイヤー
ドクター・ストレンジのコスプレイヤー

出典:すぴ豊撮影

今までのマーベル映画とは一味違う、魔法バトルが楽しめそうです。マントを翻す、ストレンジのかっこいいこと!

青春ヒーロー・スパイダーマン参上!

会場にいたスパイダーマンのコスプレイヤー
会場にいたスパイダーマンのコスプレイヤー

出典:すぴ豊撮影

「ドクター・ストレンジ」の興奮冷めやらぬ中、ケヴィン・ファイギが次の話をしようとすると突然会場にスパイダーシグナルが!そう、スパイダーマンの登場です!来年7月7日に全米公開の「スパイダーマン:ホームカミング」!

実はスパイダーマンはマーベル・コミックス原作ではありますが、映画化権はソニー・ピクチャーズが持っており、”マーベル・スタジオ映画”ではなかったのです。

が、マーベルとソニーが協力し、ソニー映画ではあるけれどマーベル・シネマティック・ユニバースの1つである、という画期的な合意がなされました。この辺のお話は、こちらをご参照ください。

というわけで、マーベルのパネルでスパイダーマンが紹介されたのです!!!

トム・ホランドらの写真:PHOTO BY すぴ出典:すぴ豊撮影

出演のトム・ホランド君に監督のジョン・ワッツらが登場。彼らが強調したのは、今度のスパイダーマンは青春映画であるということ。従って高校生ピーター・パーカーを主人公にしています。

お披露目になった予告編もおかしくて、なんとアイアンマン=トニー・スタークやブルース<ハルク>バナー、そしてスティーブ<キャプテン・アメリカ>ロジャースの高校卒業アルバムの写真が出て”誰にもこういう時期があった”とテロップが出て、ピーターの高校生活がうつしだされます。

会場にいたスパイダーマンのコスプレイヤー
会場にいたスパイダーマンのコスプレイヤー

出典:すぴ豊撮影

そして時間割に従って、ピーターの学校生活が描写され、放課後はヒーローみたいな感じでスパイダーマン姿が出てくるという本当に青春映画テイストの予告編で大爆笑!噂では青春映画の名作「ブレックファーストクラブ」を意識とのこと!

ドクター・ストレンジが渋い大人のヒーローでしたが、彼と180度違う若僧超人!これが”マーベルの幅”ですね。なお登場するヴィラン(敵)は鳥怪人ヴァルチャーであることも判明しました!

SPIDER-MAN HOMECOMING Hall H Panel – Comic Con 2016 (Marvel)

そのパネルの様子です(予告編部分は収録されていませんが)。

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」会場を席巻!!

今回は”ただいま絶賛撮影中”ということでマイティ・ソー映画第三弾「ソー:ラグナロク」の面々はビデオで近況報告。ソーとハルクが共演するわけですが、原作で人気の「プラネット・ハルク」の話が引用されているようで、ここが示唆されると会場大興奮でした!

さてパネルのクライマックスは、銀河の傭兵団ラベンジャーズが会場内を席巻!そう来年5月公開の「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol2」です!

Guardians of the Galaxy Vol. 2: Comic Con Panel Highlights in Hall H

ラベンジャーズの親玉ヨンドゥが俺の席は!とステージに登場し大盛り上がり!(ヨンドゥ役のマイケル・ルーカーがあのメイクと衣装で登場!)そしてクリス・プラットら主要キャストが登壇しました。ここは監督のジェームズ・ガンがノリノリのMCで仕切り、テンション高いパネルとなりました。

お披露目になった予告と映像は、前作以上にアクションとギャグがさく裂!さらに噂のスタローンのカメオも確認(ここは会場どよめきました)。そしてステージには、今回主人公の父親役であるエゴを演じるカート・ラッセルも登場し大歓声!

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」コーナーも大成功で終了!最後に今日の登壇者全員で記念写真を撮ろうということになり、「ブラックパンサー」「ドクター・ストレンジ」「スパイダーマン:ホームカミング」の監督・出演者らもステージへ再登場し合流、、圧巻でした。

Brie Larson’s Captain Marvel Announcement – Marvel Comic-Con 2016 Hall H Panel (HD)

と思ったら、ケヴィンが「大事な発表があるんだ」と切り出し、マーベル初の女性ヒーローソロ映画「キャプテン・マーベルの主人公は「ルーム」のオスカー女優であるブリー・ラーソンであることを発表!彼女もステージにかけつけたのです!

本当に最初から最後までサービス精神とワクワクするような情報テンコ盛りのマーベルのパネルでした!(なんとこのあと会場にいる全員に新マーベル・スタジオのロゴのCAPがプレゼントされたのです!太っ腹!)

映画ももちろん楽しいけれど、映画の発表イベントからすでに楽しい!これぞマーベルなのです!

このエントリーをはてなブックマークに追加
杉山すぴ豊
アメキャラ系ライターの肩書で、アメコミ映画についての啓蒙活動を雑誌・新聞・テレビ・ラジオ・WEB・イベントにて行う。幼少のころ歌舞伎座の舞台に立ち 映画「劇場版サラリーマンNEO(笑)」にも出演。「ガメラ3 邪神<イリス>覚醒」のタイトル考案者です。エマ・ストーン嬢に「あなた日本のスパイダーマンね」と言われ「バイオハザード:アポカリプス」のジル役のシエンナ・ギロリー様に「あなたがゾンビだったら私は助けてあげる」と言われたことが自慢(笑)