Home ユーチューバー YouTubeの限界ギリギ...

YouTubeの限界ギリギリな過激企画に挑戦しまくるへきトラハウスが話題!

へきトラハウス
へきほーと相馬トランジスタの2人組YouTubeチャンネル「へきトラハウス」。マホトや東海オンエアなど有名YouTuberとのコラボも多く、目にした方も多いのではないでしょうか。その過激な企画と完成度の高い動画はファンから根強い人気があります。今回は、そんなへきトラハウスのメンバー紹介や動画の魅力をご紹介します!

へきトラハウスって?

「へきトラハウス」とは、へきほーさんと相馬トランジスタさんの2人のYouTuberで運営されているYouTubeチャンネル。チャンネル登録者数は約14万人(2016年5月現在)で、とにかく過激な企画でファンに親しまれています。

【改名】チャンネル名が変わります。2人の過去とか語ります。

もともと「ラフハウス」という事務所に所属しないフリーの芸人が集まるシェアハウスのコンテンツの1つとして開設。

出典:こhttps://www.youtube.com/watch?v=91T-RJjA1Ac

当初は、他のシェアハウスの住民も動画投稿に関わっていましたが、今年から「ラフハウス劇場」から「へきトラハウス」というチャンネル名に改名して2人で再スタートしました。

とにかく過激な企画に挑戦!動画のクオリティはYouTube界でもトップクラス!?

【秘蔵映像】ラフハウス劇場総集編〜全動画ダイジェスト付き(約12分)〜

最近のYouTuberの動画のトレンドとして、過激なものに挑戦する企画がどんどん増加している印象ですが、中でもへきトラハウスは本当にこんなことしても大丈夫?と見ているこっちがハラハラしてしまうほど、とにかく過激

出典:https://www.youtube.com/watch?v=b1i_inW08sw

グロテスク、下ネタなどの要素が満載で、ちょっとここでは紹介できないような内容のものもちらほら…。交差点の真ん中で土下座する画像を上でご紹介しましたが、気になる!という方はご自身の目でご確認ください!

過激すぎる点に関しては好き嫌いが分かれそうなへきトラハウスですが、しっかりと根強いファンを掴んでいる理由が完成度の高い編集能力

まるでテレビ番組や映画と見まごうクオリティで、もっとチャンネル登録者数が増えてもいいのに、なーんて声もたくさんあるんです。

マホトや東海オンエアとコラボして人気急上昇中!

へきトラハウスがこれほどまでに注目され始めたのはマホトさんとコラボし始めたことがきっかけ。

マホトさんからの声かけでのコラボで大人気YouTubeチャンネルとなったかつての東海オンエアのように、へきトラハウスもネクストブレイク確実との声も!

へきトラハウスの2人もマホトさんの後輩として、お互いのチャンネルに出演しています。そんな矢先にマホトさんも所属するYouTuberプロダクション「GENESIS ONE」に加入

同じ事務所の東海オンエアやデカキンさんをはじめ、最近ではタケヤキ翔さん桐崎栄二さんなどとのコラボもみられるようになりました。

僕をドッキリにかけてください!第一回告知ドッキリ前編

コラボ動画の中でも秀逸なのが、こちらの動画。普段はドッキリを仕掛ける側のマホトさんが、突然へきトラハウスの2人に「ドッキリをかけてほしい」と頼みます。

ドッキリと言えばYouTuber界隈ではザ・定番なテーマではありますが、この動画のドッキリはとにかく発想力がスゴイ

へきトラハウスのドッキリ

出典:https://www.youtube.com/watch?v=14G5ebTFBb0

ホテルの待機するマホトさんの部屋に、知らない人が次から次へと侵入してきます。もちろん、人見知りのマホトさんはタジタジ。しかし実はこれ、へきトラハウスの2人の”仕込み”だったのです。

ありきたりのドッキリと言えばワッとビックリするような突発的な企画が多いのですが、これはドッキリか否かの判別がつかない非常にリアルな演出

あらかじめ分かってていたとしてもヒヤヒヤしてしまうほどの破壊力。いかにへきトラハウスの企画力の高さが分かりますね。

2人の詳しいプロフィールをチェック!

へきほーさん

ロングヘア―に赤色が入った髪型とヒゲが特徴のへきほーさん。兵庫県出身です。ワイルドな見た目で、トランジスタさんよりも過激なものを好む傾向があります。

全宇宙の共通あいさつとして「ラッパルシェ!」を口癖にしています。

渋谷スクランブル交差点で、ほふく前進 #バカ侍s

トランジスタさんとラフハウス劇場を開設するまでは、「バカ侍」というチャンネルで活動していました。初めての投稿は、渋谷のスクランブル交差点をほふく前進するという企画。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=Xu3QnY5G9rY

今よりも髪は短く爽やかな見た目ですね。しかし、日本で一番混雑していると言われているスクランブル交差点を這いつくばる姿のインパクトは何とも言い難い…。

ちなみに、その後も高尾山をほふく前進する様子も投稿していますが、当初よりもまたさらに過激な内容でした。

トイレの碧男さん

過激な内容ながらも、動画の完成度は秀逸です。街頭インタビューなどの街ロケや、長時間のショートムービー風のフィクション動画など様々。

公衆トイレに住む男をテーマにした「トイレの碧男さん」は映像系専門学校の映画祭に出品されました。

出典:https://www.youtube.com/embed/3y6Hq5jXffs

テレビのバラエティ番組のような分かりやすいテロップやフォント、映画のようなアングルやCGをふんだんに駆使。企画、撮影、編集、音声、メイクなどのメンバーも用意してユニットを組むこともありました。

再生時間が15分を超えるものもあり、まるで一つの作品を見ているような完成度の高さです。

ヘキコの卍ごはん〜第一夜 腐った緑茶〜 Hekiko’s Dinner “A rotten Green tea”

へきほーさんの過激さを象徴するのが、「ヘキコの卍ごはん」シリーズ。腐った豆腐、納豆、牛乳など片っ端から食レポしていくという実にアバンギャルドな内容でした。

その後も、会員制のラジオ体操に乱入して暴れたり、食材をトッピングしてサボテンを食べるなど、徐々に過激な方向へ…。

現在のへきトラハウスでは、ここでは紹介できないようなものまで構わず食べてしまうなど、その大胆な行動力と勇気には常に驚かされます。ここでの掲載は差し控えますが、気になる方は検索してみてくださいね。

相馬トランジスタさん

ロングヘア―に緑色が入った髪型が特徴の相馬トランジスタさん。東京都出身で、マホトさんは地元の後輩にあたります。

ワイルドな見た目のへきほーさんと対称的に、高い声や笑顔、大き目の丸メガネがチャームポイントというキュートな印象です。

トランジスタ評価1

ラフハウス劇場以前は、「ここまで来たか、トランジスタ」というチャンネルで活動していました。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=-RBsHGiuUgo

初めての動画は、5秒の長さで「お前はよく分かっている。センスがあるぞ。」という一言のみの衝撃的な内容。その後、へきほーさんと絡んだ動画を投稿し、次第にまとまった内容の企画になっていきました。

相馬トランジスタ ~IPPONグランプリへの道~ 第一章

ラフハウス劇場初期は、「~IPPONグランプリへの道~」シリーズを投稿。過激な動画が多い現在とは違って、一人で淡々と真面目に大喜利をしていくスタイルでした。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=xVsfdnXun6c

個性的な商品レビューも行っていて、可愛らしい見た目ながらもお笑いのセンスが抜群に良い男性だということが分かります。

ポンポンタイムズ仲間家

出典:https://www.youtube.com/watch?v=kCbG-E0bY6c

また、「ポンポンタイムズ仲間家」というチャンネルでも活動中。長男:トランジスタ、次男:マホト、三男:サグワという設定で3人が動画投稿を行っています。

サグワさんの家をシェアしている3人の日常がいい具合にゆる~い感じの1,2分の動画に。なお、もともとサグワさんのサブチャンネルとして運営されていましたが、2015年後半頃から現在の形態になりました。

きゅうり日記 1日目

中でも、「漢方日記」「きゅうり日記」は大人気シリーズです。タイトルだけでは何が何だか分かりませんが…!

出典:https://www.youtube.com/watch?v=HZ5xCKFUnAM

肌を気にするサグワさんに漢方を誕生日プレゼントにしたことで始まった「漢方日記」は今年5月に更新終了。一方、47都道府県全てのきゅうりを紹介していく「きゅうり日記」は現在でも週に数本程度更新されています。

おすすめ動画をご紹介!

【謹賀】国会議事堂前で人間書初め

こちらは今年のお正月に投稿された動画。ラフハウス劇場からへきトラハウスに改名後初の動画で、新年早々ぶっ飛んだ企画。

エンディング

出典:https://www.youtube.com/watch?v=U1E88NWkIFU

この様子は、現在でも動画のエンディングで使われて、カッコいいBGMも耳に残りますね。

おもちゃの車でナンパできるのか!?「モテる男のナンパドライブ」

池袋という人がたくさんいる中で、人目を気にせずこのような企画をしちゃうのがへきトラハウス。テレビの情報番組のように統計データを引用しているのもギャップがあって面白いですね。

おもちゃの車でナンパ

出典:https://www.youtube.com/watch?v=n7GktVntU30

ナンパに失敗する度に「FAILED」と表示される演出が、まるでゲームのようにカッコいい。ちょっとバカっぽく感じられる企画内容も、へきトラハウスの2人が挑戦すれば、その行動力と編集力の高さでクオリティの高い動画に仕上げてしまいます。

ホームレスにクリスマスプレゼント

へきトラハウスの動画は、過激で笑えるものばかりではありません。こちらは、感動したというコメントが多く寄せられている動画。新宿駅のホームレスにピザやケーキなどクリスマスプレゼントを贈っています。

ホームレスにクリスマスプレゼント

出典:https://www.youtube.com/watch?v=X4IPxbE8hF4

後半には、プレゼントしたパーカーを着用したホームレスたちがファッションショーをしているようなカッコいい演出に。普段は滅茶苦茶なことばかりしている彼らですが、人と人との温かさが伝わってきて根は優しいのだなと感じられます。

見ごたえたっぷりの大型企画

へきトラハウスの魅力は、普段の単発動画意外にも、不定期にシリーズ化された大型企画を投稿しているところ。どの動画もテレビ番組に劣らない見ごたえたっぷりの内容で、続きが気になってついつい動画を見続けちゃいます。

#1【素人がZeppでダンス】ダンスからZeppへ〜導入編〜

マホトがBEMA名義でimigaさんと結成していた音楽ユニット「カイワレハンマー」のライブでダンサーを任されたへきトラハウス。

本番まで2週間という短い期間で、振付を覚えるところからZeppでのライブ本番までに密着したドキュメントです。

天使と悪魔 / BEMA 踊ってみた in Zepp

実際に完成した振付を踊ってみた動画として投稿しています。天使役のトランジスタさん、悪魔役のへきほーさん、それぞれのキャラクターを活かした衣装もすごいですね。

見どころは、常に笑顔で天使らしさを表現する可愛らしいトランジスタさんの表情と、終盤に側転も披露するへきほーさんのソロパートです。

全くの素人から2週間という短い期間にここまで仕上げてくるあたり、彼らのセンスの良さが伝わってきますね。

【誕生日ドッキリ】25年間一度も会ったことない父親に会う①〜提案編〜

こちらはへきほーさんの企画で、それまで父親に会ったことがなかったトランジスタさんがこれまでずっと所在不明であった父親の身辺調査から実際に会いに行くまでの様子がひとつの動画にまとめられています。

先ほどご紹介した「ホームレスにクリスマスプレゼント」以来の感動路線の動画となり、これまでの過激なイメージから一転した動画に、視聴者だけでなく他のYouTuberからの注目を集め、大きな反響を呼びました。

へきトラデリ

出典:www.youtube.com/watch?v=hFdK0fOk3Ng

しかし、シリーズ途中で撮影データが消えてしまうというハプニングが。当時、データ復元に必要な所持金を持ち合わせていなかった2人は、「へきトラデリ」なる企画を考案。東海オンエアのメンバーも協力しました。

決していかがわしいサービスを、というわけではなく、視聴者の元へ足を運びサインや撮影などのファンサービスを敢行し、どうにかデータの復元費用調達に成功。無事、トランジスタさんと父親の再会場面も見ることができるようになりました。

まとめ

まったりマイクラPE : MAHOTO x デカキン : Google Play GAME WEEK

有名YouTuberとのコラボも増え、認知度が高まってきたへきトラハウス。最近では、マホトさんの手伝いという立ち位置で「Google Play GAME WEEK」の公式生放送にも出演を果たしました!

先日は喧嘩動画からのへきトラハウス解散発表…と思いきや釣りだったということでまたまたファンを騒がせていましたが、YouTuberとして今後も本格的に活躍していくことは間違いありません。動画の1本1本の完成度が高いので、更新がとにかく待ち遠しいですね!

過激なへきトラハウスの動画は1つ見るとついつい気になってしまうこと間違いなし!ぜひチェックしてみてください!