Home アプリ・サービス 「Yo!」の1語だけでやり...

「Yo!」の1語だけでやり取りするアプリが斬新すぎると話題。新時代のコミュニケーション!?

yo アプリ
アメリカで人気のiPhone/Android対応無料アプリ「Yo」。任意のお相手に「Yo!」というメッセージを送ることのできる、逆に言えばそれだけの、至極シンプルなコミュニケーションアプリです。その普及率と斬新なまでの簡単さで話題ですが、実際のところどんな使い方ができ、どう楽しめばいいのかわからない方も多いのではないでしょうか。今回はそんなアプリ「Yo」の面白さを究明してみました!

新しいコミュニケーションアプリ「Yo」の使い方

そもそも「Yo」とは、友達同士で「Yo!」の一言を送り合うことのできるアプリです。逆に言えば、他の文言は送受信することが一切できません。本国のアメリカでは、一億円の投資を受けたことでも話題となりました。

「Yo」アプリはiPhone版Android版があるので、どちらのスマホユーザーでも利用することが出来ます。

Enter The Ambitious World Of Yo

日本での普及はまだまだで、そのあまりのシンプルさに戸惑いを覚えているユーザーもいるようです……

シンプルすぎるこのアプリは一体「何が面白いのか?」それでは実際に使いながらみていきましょう!

まずは登録!

Yo phonenumber
Yo phonenumber

出典:https://www.justyo.co

電話番号ユーザー名パスワードを入力していきます。フルネームで登録することが前提なのがいかにもアメリカ的

もちろん偽名でも何の問題もありませんが、のちに「Yo!」を送りあった際に表示されるので、お友達にわかるような名前を入力しましょう。

友達を追加しよう!

Yo add friend
Yo add friend

出典:https://www.justyo.co

コミュニケーションアプリですので、他の人と共有しないことには始まりません。

友達の追加には、電話番号から追加する、Twitter、Facebookに投稿して「YO」を待つ(すでに投稿している人を探してこちらから送るのもよいでしょう)、SMSで直接友達を招待する、という3つの方法があります。

ちなみに…番号で追加する方法には、セキュリティの問題が指摘されています。

日本ではまだ使わない方がよい」との情報が、ネット上に多々見受けられました。調べてみましたが、セキュリティ対策のアップデートが行われたという確かな情報は得られていませんので、念のためこちらは避けた方がよいでしょう。

出典:https://www.justyo.co

アメリカで話題といっても、日本での普及率はあまり高くない模様。こちらから積極的に探したり、招待した方がよいかもしれません。

ついに「Yo」を送信!そして受信

sent Yo
sent Yo

出典:https://www.justyo.co

SMSで友人を招待し、早速送ってみました。やり方は、友人のユーザー名をタップするだけ。「SENT YO」と表示され、ワンタップで送ることができます。

相手から「Yo」が送られてくる際は「ヨー!」という軽快な通知ボイスと共に、相手のユーザー名が表示されます。

あまりの手軽さに、YO!を連打してお友達に迷惑をかけてしまうこともあるので注意。相手から連続して送られてくる場合もありますので、お仕事時や授業中は、必ずマナーモードにしておきましょう(笑)

yo

出典:https://www.youtube.com/watch?v=CZhu9jxQk8I

以上です。……基本的には、それだけなんです(笑)

実際の、友人とのやりとりはこんなふうになりました。

私「Yo!」
友「Yo!」
私「Yo!Yo!」
友「Yo!Yo!」
私「Yo!」
友「……」

昭和生まれの二人に最新アプリは、少し難しいようです(笑)

そ・こ・で!

アメリカ人に聞いてみた!

added friend
added friend

出典:https://www.justyo.co

アメリカ国籍の知人がこのアプリを利用しているというので、話を聞いてみました。

「I love you」の代わりに

英語講師のジョナサンいわく「ガールフレンドと毎日『おはよう』『おやすみ』『愛してる』の代わりに『Yo!』を送り合ってるYo!」とのこと……

yo アプリ

出典:https://www.youtube.com/watch?v=CZhu9jxQk8I

どうやら「Yo」は、他のコミュニケーションツールにより「Yo」に対する共通の認識が出来上がっていることが前提のようです。

相手の気持ちが想像できる

またジョナサンは、ガールフレンドが送ってきた「Yo」の意味を考えるのも楽しいそうです。「Yo!」は非常に汎用性の高い文言のようで、日本語で言えば「どうも」に相当するのでしょうか。

送られてきた時間帯や状況から、相手が何を思って「Yo!」と言っているのか、想像するのは確かに面白そうですね。

とにかく効率的!

そして、この「Yo」の最大の魅力は、何と言っても効率化にあるそうです。

「メッセージを作成するのが煩わしい」「時間をかけるほどじゃない」そんな時、ワンタップで存在や気持ちを伝えられる……多様化し続けるコミュニケーション、その中にある無駄を極限まで省いたものが、この「Yo」であると言えそうです。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=CZhu9jxQk8I

忙しい現代社会、仕事においては誰もが効率化を重視しています。それを友人や恋人、家族間の連絡にも適用しようとするのは、おかしなことではありません。

もしかすると「Yo」は、LINEに続く新しいコミュニケーションツールの一つとして、日本でも一般化されていくかもしれません!

「Yo!」だけじゃない使い方

friend and group
friend and group

出典:https://www.justyo.co

はじめは「Yo!」を送ることしかできなかったこのアプリですが、アップデートが繰り返された結果、現在はさまざまな機能が搭載されています。最後にその代表的なものをご紹介します。

Yo with Link

任意のURLを、「Yo!」と一緒に送ることができる機能です。メッセージが送受信できない代わりに、こちらで情報を伝えることができます。

作成したグループのユーザーに一括送信もできるので、たとえば複数人で待ち合わせの際に、場所の住所や地図などを共有するのに役立ちそうです。

Yo with Photo

「Yo」と共に、写真を送ることができます。こちらもYo with Link同様、一括送信が可能です。複数の友人と自分が撮影した写真を共有することができますが、むやみな送信は迷惑をかけてしまうかもしれないのでご注意を。

逆に、状況を問わない友達の「Yo!」に困ってしまうこともありえます。そんな時は、ブロックやデリート機能もあります。タップとスライドで簡単に行えるので、面倒な手続きを踏む必要は一切ありません。

これらの機能を活用することで、コミュニケーションの幅をもっと広げられそうですね。

いかがでしたか?

出典:https://www.justyo.co

Yoアプリを紹介しましたがいかがでしたか?日本ではまだあまり普及しているとは言えませんが、仲間内でだけ使ってみるのも面白いかも知れませんね!

あまりのシンプルさに最初は戸惑ってしまいますが、「Yo」はとにかく可能性を秘めたアプリのようですね。

皆さんもYoアプリを利用して新しい時代のコミュニケーションツールに挑戦してみてはいかがでしょうか?

関連リンク
Yo , Yoをapp storeで
トップ画像出典https://www.justyo.co
dora 編集部
スマホ世代の動画文化を紹介するサイトです。 動画大好きなティーン世代の間で「今、これが流行ってる!」という『文化』『人』『動画』の最新情報をお届けします!