数々の恋愛ソングを世に送り出している3人組ロックバンド「back number」。甘い歌声で、聴くと切ないけどどこか恋したくなる曲は、若い女性を中心に大人気。特に歌詞が共感できると話題で、「女子中高生が選ぶアーティスト2016」では1位に選ばれています。今回は、そんな彼らの曲の中から、特に中高生に人気のある曲を特集します!

女子中高生が選ぶ好きなアーティスト1位のback numberって?

back number2

出典:https://www.youtube.com/watch?v=CsRgs9GBky8

back number(バックナンバー)は2007年に群馬県で結成されたロックバンド。清水 依与吏さん(Vo・Gt)、小島 和也さん(Ba・Cr)、栗原 寿さん(Dr)の3人組です。

2011年にメジャーデビューして、「iTunes “Japan Sound of 2011″」「第26回日本ゴールドディスク大賞”BEST 5 NEW ARTIST”」に選出されるなど、輝かしいスタートを切りました。

これまで15枚のシングルと5枚のアルバムをリリースしている彼ら。2013年には、初の日本武道館公演「live at 日本武道館-stay with us-」も成功させて人気急上昇中です。

彼らの楽曲といえば、好きな女性を想う男性の弱々しくも一途な気持ちが綴られた恋愛ソング

特に、ボーカルの清水さんが書く歌詞と甘い歌声が多くの共感を獲得。女子中高生が選ぶ好きなアーティストランキング2016では、三代目J Soul Broters、嵐、大原櫻子さん、西野カナさんなどを抑え、堂々の1位に輝きました。

今回はそんな女子中高生に大人気のback numberの人気曲8選をチェックしてみましょう!

back numberの人気曲その1:はなびら

はなびら

2011年リリースの、記念すべき1stシングルです。好きな人と別れてしまった男性の未練が綴られた曲。「時を巻き戻してもう一度やり直したい」など切なくなります。

ちょこっと!はなびら

はなびら/back number cover*

ミックスチャンネルでははなびらの多くのうた動画や歌ってみた動画がアップされていました。

「恋」、「春」と聞けば、新しい出会いやスタートなど前向きなイメージをすることもあります。ですが、新しい環境に変わるからこそ、今までの当たり前がなくなった時との差が大きく、大切なものを失ってしまったと後悔してしまうのかもしれません。

そう考えると、未練がましく切ない曲ですが、好きと言う声が多いのも納得できますね。

back numberの人気曲その2:花束

花束

2011年リリースの2ndシングル。TBS系「COUNT DOWN TV」エンディングテーマに起用されました。「back numberといえば花束!」と言われるくらい定番の曲です。

back number*花束* 半年記念日だから作ってみた(*^ω^)♡

バックナンバー花束

「真っすぐに向かい合いたい」という男性の気持ちが綴られていて、彼氏に歌ってほしいと評判。

その一方で、「浮気しても言わないでよね」という女性の気持ちが綴られている部分は、切ない気持ちになってしまうという声もあります。

短編映画『花束 feat. LITHIUM FEMME』

2015年には、ファッションブランド「LITHIUM HOMME」のレディースライン「LITHIUM FEMME」の10周年記念として、この曲を基にした短編映画も制作

ハルとアヤカ、映画好きな1組の男女に焦点が当たられています。ストーリーと映像が加わることで、より一層この曲の世界観がリアルに。ストーリーのキーポイントで花束が流れると鳥肌が立つほど盛り上がります。

特にラストシーンは必見で、キュンキュンすること間違いなし。気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

back numberの人気曲その3:恋

2012年リリースの4thシングル。タイトルの通り、恋する男性の気持ちがストレートに綴られていて、共感の声が多数あります。

出だしは「ぼんやりと君を眺めていたんだ 校舎の窓から やっぱりかわいいなって」というフレーズ。

学校が舞台となっているので中高生にはぴったり

「好きという想いを伝えなくちゃ」というメッセージが伝わってくるので、片想いしながらもあと一歩が踏み出せない人の背中を押してくれたり、しばらく恋愛から離れている方も恋したくなるような前向きな曲です。

back numberの人気曲その4:日曜日

日曜日

2012年リリースの5thシングル。TBS系ドラマ「スープカレー」の主題歌に起用されました。

これまで切ない片想いの気持ちを歌った曲が多かったback numberですが、この曲は幸せな男女の休日が綴られた曲

ほのぼのとした雰囲気が伝わってきて、聴くと自然に温かい気持ちになります。「この曲のような日曜日を送りたい」など、理想的な恋愛像として挙げる声も多いです。

back numberの人気曲その5:わたがし

わたがし

2012年リリースの6thシングル。TBS系「COUNT DOWN TV」のオープニングテーマに起用されました。

夏祭りに初デートする様子が描かれていて、好きな人となかなか手を繋ぐことができないという気持ちが綴られた曲です。

傍から見れば甘酸っぱくてほほえましい光景ですが、実際に初めて手を繋ぐときは誰でも不安になるもの。「溢れだす気持ちをどう伝えればいいのか」という悩みも、片想いしている方だけでなく、付き合いたてのカップルからも共感されています。

ノスタルジックな雰囲気なので、長年付き合っているカップルや別れてしまった方は付き合いたての頃を思い出すこともあるようです。

back numberの人気曲その6:高嶺の花子さん

高嶺の花子さん

2013年リリースの8thシングルです。テンポの良い曲調で、これからの季節に聴きたくなるような曲です。

恋をしてしまった女性を高嶺の花に見立てた片想いをする男性の気持ちが綴られています。

「こんなに好きなのに、自分よりもカッコいい男性と付き合うんだろうなぁ」という気持ちが強く込められていて、その分、切なさも感じられる曲です。

特に、サビの「会いたいんだ 今すぐその角から飛び出してきてくれないか」というフレーズに共感の声が多数。

片想いをしている人はもちろん、カップルにとっても今すぐ恋人に会いたいという気持ちにぴったり当てはまります。

back numberの人気曲その7:ヒロイン

ヒロイン

2015年リリースの11thシングル。広瀬すずさんが出演するJR東日本「JR SKI SKI」のCMソングにも起用され、iTunesのトップソングでは9日連続1位を記録しました。

出だしのオルガンの音色から切なさが漂ってきて、人肌恋しくなる寒い冬の季節に聴きたいですね。

「綺麗な雪景色を好きな人と見たい」、「どんな映画を見てもヒロインに君を重ねてしまう」など、切なくて泣ける曲です。

back numberの人気曲その7:クリスマスソング

クリスマスソング

2015年リリースの14thシングル。フジテレビ系月9ドラマ「5→9~私に恋したお坊さん~」の主題歌としても話題に。オリコンでは自身最高となる2位を記録しました。

タイトルからも分かる通り、切ないクリスマスソング

1人で聴くと余計に寂しい気持ちになってしまいますが、back numberらしさ溢れる曲で「ヒロイン」と並ぶ冬に聴きたい定番曲です。

中高生中心に人気拡大中!back numberをこれからも要チェック!

いかがでしたか?どの曲も共感できる歌詞の恋愛ソングで、青春時代を駆け抜ける中高生に支持される理由も分かりますね。

僕の名前を

今年5月には、映画「オオカミ少女と黒王子」の主題歌にもなっている15thシングル「僕の名前を」をリリース。これまた少女漫画原作の映画にふさわしい、切ないけど優しさのある曲に仕上がっています。

7月まで全国32ヶ所39公演のツアー「back number tour 2016 “ミラーボールとシャンデリア”」も行っているback number。

これからも中高生を中心に支持される恋愛ソングを生み出し続ける彼らの活動を要チェック!!

トップ画像出典https://www.youtube.com/watch?v=eoLwKBJLlBg
シェア
morichoc159
フリーランスのWebライター。アニメ・アイドル・ボカロ好き。邦楽から洋楽、映画や漫画などエンタメ系は幅広くカバーしています。