このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたは学校に行くとき、買い物に行くとき、仕事に行くとき、何回信号を待って道路を渡りますか?信号機は車両と歩行者を制御して、交通事故を防いでくれます。でも、実は信号機をなくしてみたら驚きの結果が出たケースがあるんです。それはなぜか、信号機は本当に必要なのか……動画で世界の道路事情を見てみましょう!

日本は信号機大国!

日本は非常に信号が多い

出典:https://www.youtube.com/watch?v=3hhpGpYbhDU

日本全国にいくつ信号機が設置してあるか、ご存知ですか?なんと20万箇所もあるんです。

これがどれくらい多いのかは他国と比較すると明らかです。日本の6倍の面積を持つアメリカは31万2/3の面積を持つイギリスには2万5千箇所設置してあります。

信号機1つあたりの道路の長さは

出典:https://www.youtube.com/watch?v=3hhpGpYbhDU

ちょっとピンと来ませんか?なら距離に置き換えてみましょう。国ごとの道路の長さを信号機の数で割ってみます。

アメリカ21km イギリス15km 日本6km

出典:https://www.youtube.com/watch?v=3hhpGpYbhDU

距離で考えると、なんと日本にはアメリカの3.5倍イギリスの2.5倍の信号機が設置してあるのです!アメリカやイギリスの人が日本に来たら、さぞ信号待ちの多さに驚くことでしょう。

信号機をなくしたら事故が減った!オランダの事例

しかし、信号機が多い日本でも交通事故は起こります。交通事故をゼロにするにはいったいどれだけの信号機を設置すればいいのか……と思いきや、なんと逆に信号機をほぼすべて撤去した街があるのです。

オランダ、ドラハテン 2007年実験的に道路の信号機をほぼ全て撤去

出典:https://www.youtube.com/watch?v=3hhpGpYbhDU

そんなことをしたらパニックが起きて事故どころか交通が止まってしまうのでは?と思いきや。

交通事故1件/年

出典:https://www.youtube.com/watch?v=3hhpGpYbhDU

なんと年間の交通事故数8件→1件に減少!しかも安全を保ったまま、交通量は40%も増加したそうです。もしかして、信号がないほうが交通事故は起きにくいのかも……?

なぜ信号機がなくなると交通事故が減るのか?

全世界の都市部で、交通事故の約半分が信号機の近くで発生する

出典:https://www.youtube.com/watch?v=3hhpGpYbhDU

交通安全を守る信号機は、実は交通事故の原因になってしまうこともあるのです。車のドライバーは信号機に注意するあまり、歩行者や他の車を気にする余裕がなくなってしまうんだとか。

だからオランダのドラハテンでは、信号機がなくなったことで、目の前の人や車に気を配る余裕ができて事故が減ったのです。

ロンドン市長ボリス・ジョンソン 信号機の20%を削減します

出典:https://www.youtube.com/watch?v=3hhpGpYbhDU

ヨーロッパでは、既に400の自治体が信号機を撤去しています。イギリスでも、ロンドン市長が「信号機の20%を削減する」ことを決めました。

これには事故を減らす以外にも、交通をスムーズにするという狙いがあります。

ロンドン市民全体で念願1億7,000万時間が信号待ちに失われている

出典:https://www.youtube.com/watch?v=3hhpGpYbhDU

ロンドン市民合計で、年間なんと1億7,000万時間も信号待ちで浪費しているんだとか。

1回ずつの待ち時間は短くても、毎日積み重なるとバカにならない時間ですね。たかが信号待ち、されど信号待ちです。

信号機と交通事情のこれから

信号機がなくなれば、こうして道路は安全になる

研究者によると、未来の道路は信号が完全になくなる上に、車同士が互いに通信し合うことで衝突事故も起こらないようになるそうです。

信号待ちのすとれうから解放されるまで、あと何年かかるのか?

出典:https://www.youtube.com/watch?v=3hhpGpYbhDU

夢のような話ですが、現在開発されている様々な事故防止システムのことを考えると、案外遠い未来の話ではないのかもしれません。

この記事の動画はSpotwrightが制作した動画です。Spotwrightは、デジタル世代の日常にいま起きているパラダイムシフトにフォーカスし、その最前線を動画コンテンツで送り届けます。