通常1秒間に30コマで撮影されるビデオのコマ数を意図的に少なくして、早送りのように仕上げた「タイムラプス動画」。仕組みは単純なのに、見ているとどこか別の世界を覗いているような印象を与えてくれます。
近年はデジカメやスマホアプリの進歩によって、誰でも気軽にタイムラプス動画を撮影できるようになりました。いつもの風景、いつもの時間を切り取って、不思議な感覚に取りつかれてみませんか?

最近流行ってる!タイムラプス動画とは一体何?

【タイムラプス】 2012 微速度撮影 総集編 Japan TimeLapse 【HD】

タイムラプスは簡単にいうと「時間の流れをギュッと凝縮した早送り動画」です!たとえば「1秒1コマ」だけ撮っていくと「30秒間の撮影で30コマ」の画像ができます。

タイムラプス

出典:https://www.youtube.com/watch?v=_PjBHyfo_T0

これを普通のビデオと同じように「1秒30コマ」の速度で再生したら「30秒間の出来事が1秒に詰まった」パラパラ漫画のような動画になります。

はじめにもご紹介しましたが、今や誰でも気軽にタイムラプス動画を撮影できる時代。試しにTwitterで「タイムラプス」と検索してみましょう!皆さんどんな作品を投稿しているのでしょうか?

①制作系タイムラプス動画

絵を描く・プラモデルを組み立てるといった「制作系」はTwitter上でもかなりポピュラーなテーマです。

特にイラストの制作過程をタイムラプス動画にしている方が多いようですね。綺麗な作品が高速で描き上げられていく様子に、つい見とれてしまいます。

②自然系タイムラプス動画

雲や海、朝日に夕日。「自然系」も人の心をぐっと惹きつけます。中でも人気なのは雲の動きの流れの動画!

見慣れているようで目新しい雲の変化には、何とも言えない引力を感じますね!

③往来系タイムラプス動画

大勢の人たちが目まぐるしく動きまわる「往来系」もよく見かけるテーマ。眺めていると、人が流れる方向や量に法則が見えてくるかも?

街を俯瞰したタイムラプス動画では車の動きを主役にしたものも散見されますね。人と車が行き交うスクランブル交差点は人気の撮影スポットです。

④工場系タイムラプス動画

「工場系」は元々コアなファンの多いジャンル。中でも、昼から夜へと表情を変えるこの過程を収めたいと思うのがフリークの心情なのでしょう。

工事現場・建設現場の風景をタイムラプス動画にしても味が出ますね!

⑤車載系タイムラプス動画

カメラをセットして長時間待つのがツライ!という方には、自動車やバイク・自転車にスマホを固定する車載系がお勧め。

移動ついでにちょいと撮影!旅の思い出にもなりますし、通い慣れた道の魅力再発見にも使えそうです。手に持って歩けば道案内にも活用可能!?

スマホでタイムラプス動画を撮るには?

…ということで、気軽に撮って気軽にツイートできるタイムラプス動画テーマでした!何気なく撮影したものでも、意外と面白いですよね。

「自分にも撮れそう!」「試してみたいかも?」と思えるものがあったのではないでしょうか。そんなアナタのためにスマホでタイムラプス動画を撮る方法をご紹介!

①iPhoneでの撮影方法

iOS8以降では標準カメラアプリにタイムラプス撮影機能があります!カメラを起動して、画面下の撮影モードを左端へスワイプ。

iPhoneタイムラプス撮影モード

撮影モードが「タイムラプス」になったら、あとは普段通り撮影するだけ。カメラの向きは縦でも横でもOKです。

最低でも3分~5分ほどの長さで、できるだけ長くカメラを回すのがお勧め。ゆるやかな変化がギュッと縮まった不思議な動画が完成しますよ。

iPhoneの標準カメラアプリはとても賢く、数分間で撮った動画も、1時間以上撮った動画も、タイムラプス動画にしたときには概ね10秒~30秒程度の長さに変換してくれます。

できあがった動画の長さや容量を気にせず撮れるので、シェアも簡単ですね。もちろんAppStoreで「タイムラプス」と検索すれば、追加アプリでより細かい設定などできます!

②Androidでの撮影方法

iPhoneとは異なり、カメラアプリを使って撮影します!今回は「海外製の英語アプリはちょっと操作が難しそう…」という方でも安心して使える日本製アプリ「EasyLapse」をご紹介します。

EasyLapse PromotionMovie

開発元のブレイブテクノロジー社代表・磯本悟氏による紹介動画。アプリはGooglePlayからダウンロード可能です。

easylapse02

出典:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.bravetechnology.android.timelapse

基本的にはオートモードで事足りるでしょう。ホワイトバランスや画像フィルタといったマニュアル設定も可能です。

easylapse03

出典:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.bravetechnology.android.timelapse

逆再生は試してみたい機能ですね。溶けた氷が固まっていく様子、朝日が沈んで夜に戻っていく様子など、印象的な画が撮れそうです。

easylapse04

出典:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.bravetechnology.android.timelapse

タイムラプス動画では完成品が早送り状態になるため、元動画の音声が入らないのですが、EasyLapseでは代わりに好みのBGMを付けることができちゃいます!

お気に入りが撮れたらSNSやYouTubeに動画投稿して、みんなにシェアしてみましょう!

タイムラプス動画撮影の幅を広げるアイテム

さらに凝ったタイムラプス動画を作りたい人のためのオススメアイテムもご紹介!

①回転雲台

雲台とはカメラの向きや傾きを調整し、固定するための台のこと。

360° 写真撮影自動回転雲台 三脚自由雲台 パノラマボール付き、IPhone 6 Plus, GOPRO 4/3+, Canon/ Nikon/ Sonny/Pentax DSLR カメラに適用 (Sevenoak SK-EBH01)

タイムラプス動画は、30分や60分で360°といった微妙な速度で回転する雲台にカメラを載せて撮影することで「ゆっくりと移動する視界」と「現実離れした速さで動く被写体」のコントラストが生まれ、より魅力的な作品になります。

ライトなタイムラプスファンの間ではキッチンタイマーでも代用できるようですね。専用に作られた電動式の回転雲台も販売されており、価格も2000円前後から1万円を超えるようなものまで様々。

②ドリー撮影機材

ドリー撮影とは、カメラを回転ではなく移動させながら撮影すること。回転雲台で撮るものとはまた違う味があり、こだわる愛好家は後を絶ちません。

スケートドリー+11インチ フレキシブル マジックアーム セット カメラ撮影用移動車 Dolly Kit Skater+11inch Flexible Magic Arm Set

レールを滑らせるスライダー式と、車輪のついたスケートドリー(カートドリー)式が有名です。

Simple Camera Slider for DSLR TimeLapse.自作電動 カメラスライダー

自作 自走式タイムラプスドーリー試運転 DIY Time-Lapse Dolly

こちらも自作している方が沢山いらっしゃいます。「電動ドリー 自作」などで検索し実際に作ってみるのもよいかもしれませんね!

③ジンバル

ジンバルとはカメラ台の一種で、センサーが傾きを感知すると自動で手ブレ補正を行ってくれるというもの。

FEIYU G4 3軸手持ちジンバル GOPRO3 3+ 4用 FY-G4 3-Axis Handheld Steady Gimbal (ゴールド)

歩きながらでもブレの少ない、きれいな映像が撮れるのです。アプリでも手ブレ補正機能を備えたものはありますが、専用機材だとやはり格が違います!

小学5年生でも使える!サンコーレアモノショップ 電動3軸ブラシレスジンバル

いやはや、気楽なアイテムからマニアックなツールまで、なかなかに奥深い世界が広がっていますね。

初めは改造キッチンタイマーやお手ごろ価格の回転雲台で、ひと工夫したタイムラプス動画を撮ってみてはどうでしょうか。

世界の傑作タイムラプス動画

最後に、世界中で注目を集めるタイムラプス動画を3本厳選してご紹介します。

NORWAY – A Time-Lapse Adventure 4K

ノルウェーの大自然と閑かな街の美しさをこれでもかと見せつける作品。オーロラのシーンは本当に幻想的です。

Amazing Nature Full HD 1080p :Time Lapse

大地を見渡すマクロな視点から一転して、ミクロの視点へ。躍動感あふれるタイムラプス動画を通して見ると「植物も生きているんだ」という実感が改めて湧いてきます。

TOKYO 2013 4K time lapse

私たちの東京。タイムラプス動画になると洗練された都会的な空気感がいっそう強まりますね。無数の光が走り抜ける街の姿は神秘的ですらあります。

時間や体験、感動をぎゅっと凝縮し誰かに伝えられるタイムラプス動画は面白いです!ぜひお手持ちのスマホで、まずは数分間、カメラを回してみてください。妙に癖になる世界が待っていますよ!

トップ画像出典http://www.photo-ac.com/main/detail/294282
シェア
queta
山に登って体力づくり。海に潜って魚礁づくり。