このエントリーをはてなブックマークに追加
スマホで気軽に色んな人のイラスト、漫画が楽しめる「ニコニコ静画」。そのニコニコ静画において、ひときわ輝く異彩を放つ1コマ漫画を掲載している「ジョンソンともゆき」さんが人気です。そんなジョンソンともゆきさんは異彩を放つ「ゲーム実況」を作ることでも有名な人物。今回はこのジョンともさんの作るシュール過ぎる漫画と実況動画についてご紹介していきます。

ニコニコ静画に爆笑1コマ漫画を掲載!ジョンソンともゆきさんが面白い

ニコニコ静画
ニコニコ静画TOP

出典:http://seiga.nicovideo.jp/illust/?track=home

ニコニコ静画というサービスをご存知でしょうか。2009年から開始されたサービスで、自分が書いた絵をアップロードして見てもらったり、他の人が書いた絵を楽しむことが出来ます。

スマホでもサクサクみられる便利なサイトで、毎日様々なイラストが投稿されていますが、その中でも特におすすめしたいのがジョンソンともゆきさんの1コマ漫画!

扇風機あるあるかと思いきや……
扇風機あるあるかと思いきや……

出典:http://seiga.nicovideo.jp/seiga/im4437107

ほのぼのとした可愛い絵柄で、タイトルと一コマに起承転結全てが詰まっているという、爆笑必至の「1コマ漫画」を掲載しています。

また、ツイッターでも同様の一コマ漫画を掲載しています。一見熱い友情の台詞かと思ったら…。連想ゲームかよ!

こちらは2コマ漫画。何かの試験に落ちた時に自分もこの台詞、言ってみたい。

うん…確かに男の中の男だね…。

なんだか、ツボにハマる人はとことんツボるシュールで独特なギャグセンスをお持ちの方なんだなー、ということが感じられたでしょうか。

ジョンソンともゆきさんは、マイクロマガジン社が開催したギャグ4コマ大賞で最優秀賞を受賞するなど実力は折り紙つき!

ゆかいなあつまり (マイクロマガジン☆コミックス)

昨年12月には単行本まで出しているプロのギャグ漫画家なのです。

普通の発想じゃない!!一風変わったゲーム実況者としても活躍するジョンソンともゆきさん

そんなジョンソンともゆきさんですが、漫画家であるだけではなく、古参のゲーム実況者でもあります。

これが漫画同様に普通の発想では出てこないようなゲーム実況。アイデア満載で非常に面白いものばかりですので、あわせてご紹介したいと思います。

最初にコメントされたどんな『指示』にも従うSplatoon実況 part1

こちらは人気ゲーム「スプラトゥーン」の実況動画のPart1。といっても第一回目はゲームをプレイしていません。

「ただゲームをプレイするだけではつまらないので、第一回の動画に最初にされたコメントの、どんな指示にも従う」という制限縛りを設けて、Part2から本格的に遊んでいくとのこと。

「こんな武器使って欲しいとか、自由にコメント書いていただければ…」というジョンソンともゆきさん。果たして、どんな縛りがコメントによって提案されているのでしょうか。見てみると…

ひどい茶番を見た!
「うぽつ」 「やめろ」「うんこもらせ」

出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm28438643

…。

……。

………。

……………そしてPart1が投稿された「2016年03月17日 12時19分」のたった10分後、「2016年03月17日 12時29分」にさっそく続きが投稿されていました!

最初にコメントされたどんな『指示』にも従う実況 part2(完)

なんと、「やめろ」のコメントに従った結果、最終回になってしまいました!

ジョンソンともゆき

出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm28438643

最終回のコメントは、まるでクラスメイトを泣かせてしまった子を糾弾する学級会のような惨状に。

出オチとしか言いようのない動画ですが、逆に視聴者にはウケる結果となり、25万再生以上を記録することとなりました。

格闘ゲームのダメージを実況してみた

もしもゲームのダメージが実際に伝わってきたらどうなるか実況してみた

ジョンソンともゆきさんの実況の中で、最も再生数が多いのがこちらの動画。痛みがプレイヤーに直接伝わるストリートファイターⅡをプレイしてみたという動画です。

波動拳はとても熱いそうです!
波動拳はとても熱いそうです

出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm9908699

波動拳を出そうとすると「あっつ!」と手を火傷したり、キックを喰らえば「みぞおち入った今…痛…」と非常に痛そうにプレイしており、その必死な実況っぷりが面白い動画となっています。

本人いわく「実際には痛くも痒くもない」とのことですが……いや、見てる全員分かってますって(笑)

テトリスのブロックに感情移入してみた実況

消えていった彼らのことをどうか忘れないで

次に紹介するのはテトリスの実況プレイ動画。往年の名作とはいえ、テトリスを実況プレイしている動画は実はあまりありません。

というのも特にストーリーもありませんから、実況プレイには不向きなゲームなのです。そんなテトリスもジョンソンともゆきさんの手にかかると…。

人生について哲学することを余儀なくされるコメントたち
人生について考えさせられることを余儀なくされるコメントたち

出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm9931828

普通に始まったかと思いきや、縦一本のブロックで一度に4列を消せるチャンスを前にして逡巡します。そしてジョンソンともゆきさんは「俺みたいな人間が…こいつらの人生を変えていいのだろうか?」と、テトリミノ(テトリスブロック)たちに感情移入し、会話を始めるのです!

「ごめんな…ごめんなブロック…!!」とただのテトリスなのに、まるで感動的なドラマの最終回のような展開を見せる実況動画というシュールさが、視聴者に大ウケしました。

目隠しプレイをしている演技をしながら実況プレイ

マリオ3を初プレイ風 目隠し風 実況風 プレイ

目隠ししながらゲームをプレイして「まるで見えているかのように上手い!」という賞賛はたびたび見かけますが、こちらの動画は「目隠し風」「初見風」の「実況風」プレイ。

まるで「見えていないかのようにヘタクソ」に、スーパーマリオブラザーズ3をプレイしています。(実際は普通に見えてます

目隠し風なので、見えています
目隠し風なので、見えています

出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm7042440

ノコノコもクリボーも見えていますが、あくまで見えてないかのように敵に突っ込んで、あたかも偶然のように攻撃を回避していきます。見えていないかのように穴に落ちますが、見えています。思わず笑ってしまう白々しさ!

個性的なアイデアで活躍中のジョンともさんは要チェック!

ジョンソンともゆき
右のキャラクターが、ジョンソンともゆきさんの自画像として知られています

出典:https://twitter.com/tomo_yuki2525/status/691945553521983488?lang=ja

さて、今回は個性派漫画家であり、ゲーム実況者でもあるハイパーおしゃれクリエイター、ジョンソンともゆき(ジョンとも)さんをご紹介させていただきました。

ジョンともさんはもちろん普通のゲーム実況プレイも投稿されていて、聞きやすい声質とゲームスキルの高さで面白いものとなっています。

【Splatoon実況】波風立たせずカンストを目指す 1【ウデマエS+】

例えば散々なことになったスプラトゥーンも、ちゃんと普通の実況動画が。「&_(アンバー)」というチームに所属し、一番上手いランクであるウデマエS+に到達しています。そちらもとても面白いので、オススメです!

これからもジョンソンともゆきさんは一コマ漫画や実況プレイであっと驚くアイデアを見せてくれるはず。ぜひチェックしてみてください!