01-メイン
Twitterで岩崎京也という名前を見かけたことはありますか?古き良きヤンキー文化を体現したような彼の発言の数々は多くのTwitterユーザーたちの心をわしづかみ。時に失敗をし、時に熱く語る、彼の信条は「漢」であること!しかし彼は本当に実在する人物なのでしょうか?人々の注目を集める彼とその発言をご紹介します。

Twitterで大人気!?岩崎京也とは?

岩崎京也という人物をご存知ですか?
岩崎京也はTwitter上で超有名な元ヤンキーです。元ヤンキーであるというだけで他は全くの一般人なのですが、その人気は芸能人にも引けを取りません。

彼がTwitterを始めたのは2013年。たった50日ほどでフォロワー数は11万人を越え、爆発的な人気とともにデビューしました。しかし初期はTwitterのルールなどに非常に疎く、何度もアカウントの凍結に見舞われ、現在までに数回アカウントが変わっています。

そんな悲運にもかかわらず2016年現在でもフォロワー数は10万人近くあり、不動の人気を誇ってます。

では次に多くのフォロワーの心をつかむ彼の魅力について探ってみます。

謎多き岩崎京也アニキの魅力

岩崎京也のプロフィールについて現在わかっていることは…

    ・28歳の元ヤン
    ・本業は土木関係らしいが、大好きな「かつや」でバイトしていた
    ・妻子アリ(離婚経験者?でも復縁した?)

アイコンになっている顔写真も、おそらくは加工アリのプリクラのもの。本人がこんなひとなのかどうかは…実際のところわかりません。

他にも「パンが好き」「ぱずるどら(パズドラ)プレーヤー」「かつやは顔が怖くてクビになった」など細々した情報は色々ありますが、その正体は謎のままです。あんまりにも発言が面白く注目されているので、彼が本当に実在しているのかどうかが話題になることも。

実在が疑われる理由はいくつかありますが…詳しく見てみると確かにそう思える部分もあります。

・ツイート上に私信がない。

ツイートに先輩の名前はよく出てきますが、友人やリアルで知っている人たちからリプがきて、それに返信する…ということはしていない様子。DMならわかりませんが。
周りのヤンキー友達がTwitterをしていないのか、はたまたリアル友達にはTwitterをやっていることを言っていないのか…。
それともやはり、岩崎京也なる人物は実在しないのか…?

・ツイートに散見される、古風な?言い方。

「マブい」「ホの字」「華金(花金?)」などという言い回し…おそらく28歳よりも年上なのではないかという風にも見えますが、どうでしょう?それともヤンキー文化で古臭い言い回しをするものなのか…こればっかりの情報では判断がつきませんが…。

このように、その正体が気になるほど注目されている岩崎京也ですが、では一体彼の何が面白いのでしょう?

岩崎京也のツイートはとにかく個性的!

岩崎京也のツイートはとにかく独特。パッと見ただけでも、絵文字がふんだんでカラフルですがよく読んでみると、内容はもっと派手です(笑)

こちらは彼の「始まりのジンクス」これをやると一日強く生きられるらしいです。一体何と戦ってるんでしょう。

「漢」ということにこだわる彼の言うことはいつも力強い。そして、ちょっと笑ってしまうものが多いんです。

元ヤンな彼は肩パンが好きらしいです。肩パン…肩にパンチを当てあう遊び?です。これが好きらしく、彼はツイート上でたびたび肩パンに触れています。どうやらこの日も遊んでいたらしく…

お花に優しいヤンキーとか、ちょっと道端で見かけたらうっかり惚れてしまうレベルです。このギャップに惚れてしまいそうです。漢である彼は実は優しいんですね。それはもちろん女性にも…

深夜に訪ねてくるオバチャンにムカついても、大人の対応ですね!

あなたはご存知でしたか?血を吸う蚊は、全部メスだということを…。それを知った彼は、自分の信念を貫きます。

どうやらこの時は結構な金欠だったようです。でもただ金欠を嘆くだけでなく、こんなにうまい飯はねぇ、と力強く前向き!夜空の空気でメシを食う!新しい!こんなに斬新なレシピ?はありませんね。

ふんだんに使われる絵文字と、独特の言い回し。語られる内容も斬新で…「すっとどうだ!?」でつながるオチがいつも楽しませてくれます。岩崎京也が人気がある理由もわかりますよね。

1
2
トップ画像出典https://twitter.com/877uszm/status/382023619049553920
シェア
椿
表向きは二児の母で主婦。基本的に二次元オタクを中心にアレコレ趣味が忙しい。凝り性で飽き性でもある…。