このエントリーをはてなブックマークに追加
14-アイキャッチ
最近、ニコニコ動画歌ってみたに投稿される作品に「英語で歌ってみた」という動画が増えつつあります。帰国子女が英語アレンジした動画、日本人が頑張って英語で歌った動画、実際に外国人がボカロ曲を英語で歌った動画…などなどそのバラエティーは日々進化しています。今回はそんな英語で歌ってみたの世界をご紹介します!

英語で歌ってみたとは?


英語で歌ってみたとは、文字そのままの意味ではありますが、英語で歌っている動画を指し、これらは全部で4パターンに分けられます。その4つとは以下の通り。

    ・「英語の歌」を歌ってみた動画
    ・公式にある「英語版の歌詞」で歌ってみた動画
    ・「歌詞を英語に翻訳」して歌った動画
    ・「楽曲に英語の歌詞を付け」て歌った動画

Rは舌を巻けだの、Lは舌をくっつけろだの教えられてもRとLの発音がいまいちピンとこない、なんて層が大半の日本人。文法こそみっちり勉強させられたものですが、英語の発音は我々の永遠の課題

そのため、この「英語で歌ってみた」動画はやはり帰国子女など英語が得意なバイリンガル歌い手が歌うケースが大半を占めています。一見少なそうだけど、探してみれば意外と存在する「英語で歌ってみた」。そんな動画の数々をここで少しご紹介いたします。

英語で歌ってみたレベルMax!日本語歌詞を英語にして歌ってみた動画

英語で歌ってみた動画の中でも最もレベルが高いとされているのが、本来日本語の曲を英語に翻訳して歌ったものです。この場合、まず日本語の歌詞を英語に翻訳するためのリアル英語力が必要です。加えて、歌うための発音能力も必要。

基本的にネイティブで英語でしゃべることができないと第一段階で足切りをくらうというなんとも恐ろしい世界。そんなレベルMaxの英語で歌ってみたをご紹介します。

『 ローリンガール 』を英語で歌ってみた【みつむし】

みつむしさんは、曲を英語に翻訳して歌ったり、英語と日本語を合わせて歌う歌い手です。言わずと知れた元祖バイリンガル歌い手です。

力強いながらもどこか消えてしまいそうな儚さをも兼ね備える不思議な歌声にゾクゾクしますよね。多くの英語で歌ってみたの元動画はこの人。「なんか英語に触れたいな~」と思ったらとりあえずみつむしさんのページを開きましょう。

【neko】『メランコリック』アレンジして英語で歌ってみた【ナノ】


『【neko】『メランコリック』アレンジして英語で歌ってみた【ナノ】』の英語歌詞はなんと本家メランコリックの「英訳」ではなくオリジナルの英語歌詞

日本語の歌詞を直訳するだけだと味気なくなりがちですが、間奏部分にも新たな歌詞が加えられたことでまさに洋楽を聞いているよう。

ちなみに、私のお気に入りのフレーズである「He says “There’s gotta be more to this story”」は「”俺たち、これで終わりじゃないだろう?”と彼は言う」と訳されます。かっけえ!

このように、日本語に訳すのが難しいネイティブ独特の言い回しも英語が得意な視聴者がコメント欄に日本語訳を載せてくれていることも少なくありません。

【Piano Version】Calc. を英語で歌ってみた


まど@実写リロさんは、アメリカのカリフォルニア在住の歌い手。彼女の持って生まれた声色と歌唱力はもちろんのこと、表現力が神がかっています。バラード界の黒船が日本のニコニコ動画に舞い降りました。

本場仕込みのきれいな英語に加えて、その歌唱力もトップレベルです。動画上部に流れてくる歌詞の日本語訳はまどさん自身によるもの。日常的に英語に触れているまどさんだからこそ文字にできる表現の数々にうっとりします。

バイリンガル歌い手の影響で、英語で歌ってみたが続出中!

最近は、みつむしさんやナノさんなどバイリンガル歌い手によって英訳や英語の歌詞が加えられた楽曲が増えてきました。それらをさらにカバーして歌う歌い手が続出しています。

【英語で】天ノ弱【歌ってみた】


歌い手は、DCさん。ニコニコ生放送の生主の1人です。生放送ではおもにリクエストをもらった曲を耳コピしてピアノ演奏するなど音楽センスや技術はプロレベルです。

"Love song"がロー○ンに聞こえると話題に
“Love song”がロー○ンに聞こえると話題に

歌い手としては、英語楽曲を中心に歌う歌い手として活躍中。女性が多い英語ができる歌い手界隈で貴重なメンズ。しかも安心してください、イケボです。

『メルト(男性用キー上げver』 を英語で歌ってみた(修正版)

こちらも男性、そして先ほどの『メランコリック』でアレンジをされていたnekoさんの動画です。nekoさんは主に英語アレンジした歌ってみた作品を投稿しているボカロP兼歌い手

曲も作って…それを歌って…英語堪能で…歌も上手くて……天は二物を与えないなんていいますが、一体誰が言い出したんでしょうか。二物どころか三物も四物も与えられています。

英語で「ワールズエンド・ダンスホール」歌ってみた

眼鏡(perfumen)さんとlasahさんの歌い手コラボ。ちなみに英訳したのはlasahさんの方です。彼女は生後3ヶ月でアメリカ合衆国カリフォルニア州で18年間過ごしたゴリゴリの帰国子女。現在は得意の英語を活かし、音楽活動をしています。

余談ですがPerfumenの眼鏡さんは東大生
余談ですがPerfumenの眼鏡さんは東大生

lasahさんはとても英語が堪能で、人気ボカロP・みきとPのボカロ曲「梔子ビクリと花の街」でも翻訳と英題を担当しています。そちらも是非ご覧下さいまし。

1
2
このエントリーをはてなブックマークに追加
sasaki
ギリギリ20代のOLです。 最近、土日に着物を着て出かけたりしている日々です。