このエントリーをはてなブックマークに追加
20_メイン
ニコニコ動画で東北訛りのゲーム実況「訛り実況」を配信するキリンさん。2008年2月10日の「SILENT HILL 4」でデビューして以来、いまや「ホラーゲーム実況と言えばキリンでしょ」と言われるほどのポジションを獲得しています。ここではキリンさんがニコニコ動画に投稿している動画やその魅力はもちろん、実況動画から垣間見えるご本人の人柄についてもご紹介します。

キリンの実況動画いま・むかし

2008年2月10日にコナミの「SILENT HILL 4」の実況動画を投稿して以来、不動の人気を誇るキリンさん。このキリンさんの実況の魅力は一体どんなところにあるのでしょうか?

まずはキリンさんが初めて投稿した「SILENT HILL 4」の実況動画を見てみましょう。

初めての実況動画だけあって、初々しい手探り感の見られる冒頭になっています。近所のお兄さんのような親しみやすい方言が、ゲーム作品のテイストに反してほっこりした気分にさせてくれます。

そしてこちらがデビューから7年半ほど経った2015年8月9日に投稿された「【訛り実況】 零 ~濡鴉ノ巫女~ Vol:01」です。2016年1月23日現在は「Vol:18」まで投稿されています。

冒頭で聴くことができる「やっていきましょう、ねっ」や「ごきげんよう、私です」はデビュー当時にはなかったキリンさんの挨拶。動画が始まるとコメント欄に「ごきげんよう」の嵐が吹き荒れるほど定着しています。ついつい日常でも真似してしまいそうな渋い挨拶ですね。

キリン

キリンさんの実況するゲームはホラーが中心ですが、他にも「ワンダと巨像」「メゾン・ド・魔王」などの作品の実況も行っています。

キリンの魅力は一体どこにあるのか?

キリンさんの実況動画の魅力は「安心感」にあります。

キリンさんはゲームを一度プレイしてから実況する「ロケハン」スタイルをとっているため、実況中にゲームが進まずにぐだぐだになることはありません

またホラーゲーム実況にありがちな叫び声などをあげることもありません。観ている側からすると怖いシーンでも、東北訛りの低いトーンの声で小さめのリアクションをとったり、淡々とコメントをするだけです。

怖いシーンが近づくと「このあと注意してね」などの予告をしてくれるので、「ホラーゲームなんて絶対に自分ではやりたくない!」という怖がりさんにも嬉しい設計となっています。

キリン

もちろんデビュー当時から健在の「近所のお兄さんのようなほっこり感」も大きな魅力には違いありません。

しかし筆者は実はホラーゲームと聞いただけで目も耳も覆いたくなる筆者のような怖がり。プレイヤーが一緒になって怖がるタイプの実況ではとてもゲームを楽しむところではありません。対してキリンさんの場合はこの「安定感」が作品の怖さを良い意味で軽減してくれるので、純粋にストーリーを楽しむことができるのです。

1
2
このエントリーをはてなブックマークに追加
鈴木 直人
フリーのウェブライター。ファッションやサブカル、ビジネス、自己啓発など守備範囲は広い。非リアでぼっちだが、そんな自分をこの上なく愛している。