このエントリーをはてなブックマークに追加
35_アイキャッチ
ボーカロイドって初音ミクしか知らない…」というボカロ初心者は必見!!ニコニコ動画で大人気なボカロ「GUMI」ちゃんをご存知ですか?今回はとてつもないかわいさで人気なGUMIちゃんというキャラクター自身の魅力に迫るとともに、GUMIちゃんを語る上で欠かせないグッとくる名曲MVを5つ紹介したいと思います。

GUMIちゃん、そして「Megpoid」って??

GUMIとは、2009年6月26日に発売された音声合成・DTM(デスクトップミュージック)ソフトウェア「Megpoid」シリーズ(以下、メグッポイド)のイメージキャラクターのこと。初音ミクのようなボーカロイドソフトの一種(1人?)です。

「メグッポイド」公式オリジナル曲「BLUE BUTTERFLY」

メグッポイドという名前は、このソフトの音声が歌手であり声優である中島愛(なかじま・めぐみ)さんの声をもとに制作されたことに由来します。中島愛さんと言えばSFロボットアニメ『マクロスF』でヒロインのランカ・リー役を務めていたことで有名です。

35_メイン

そんなメグッポイドの特性は「滑舌の良さ」。人間でも難しいサ行のほか、他ボーカロイド初音ミクちゃんや巡音ルカちゃんなどが苦手とするカ行・マ行の発音も難なくこなします。そのためメグッポイドは従来のものよりも格段に「人間ぽく」聞こえるのです

これがメグッポイドがアップデートを重ねながら6年以上もユーザーに愛され続ける所以なんですね!!

GUMIちゃん人気の秘密は「二次創作のしやすさ」にあった!

GUMIちゃんの生みの親は、『機動警察パトレイバー』などで知られる漫画家・ゆうきまさみ先生です。

FireShot Capture 142 - 「メグッポイド」公式オリジナル曲「BLUE BUTTERFLY」 -_ - http___www.nicovideo.jp_watch_nm7300121

ゆうき先生のボーカロイド好きはニコニコ動画内でも有名で、それに目をつけたメーカーが依頼をしたのだとか。しかしこんなことを言ってはなんですが、ゆうき先生の描く女の子にしてはキャラデザインが洗練されていないような気がしませんか?

それもそのはず、ゆうき先生がGUMIちゃんのコンセプトとして設定したのが「二次創作」のしやすさ。そのために初期のデザインにあったリボンがカットされたり、ゴーグルなども「描きやすいかどうか」をポイントにデザインされています。このおかげでより多くの人がGUMIちゃんの絵を描くことができるようになりました

【メグッポイド】工場の人っぽいGUMI描いてみた【VOCALOID】

【GUMI】Dream Creator【オリジナル曲+PV】

GUMIちゃん人気の裏には、生みの親のこのような「想い」が込められていたんですね。愛情をたっぷり注がれたからこそ、たくさんの可愛いGUMIちゃんに私たちが出会えるわけです。ありがとう、ゆうき先生!

きっと彼女が好きになる!GUMIちゃんが可愛いボカロ曲集その1

生みの親であるゆうき先生に感謝の気持ちを伝えたところで、いよいよメグッポイド(GUMIちゃん)を使って作られたボカロ曲を紹介していきましょう。

【GUMI】 会いたい 【オリジナル曲】

こちらは「VOCALOID伝説入り」のタグが付けられるほどの名曲「会いたいよ」

切なげな表情をするGUMIちゃんも、まるで恋人のように微笑みかけるGUMIちゃんも、とびっきり可愛い!イラストと動画を担当したたまさん、ありがとう!

【GUMI】モザイクロール【オリジナル曲PV付】

次に紹介するのは再生回数736万回を超える超人気曲「モザイクロール」です。

作詞・作曲をしたのは男女の微妙な感情のやり取りを得意とするDECO*27(デコ・ニーナ)さんです。これをボカロMVプロデューサーのakka(アッカ)さんと、MV製作者のmirto(ミルト)さんがストーリー性のある見事なMVに仕上げています。

「会いたいよ」とは真逆のクールなGUMIちゃんに、ゾクゾクしますね!戦う美少女、いいよね…。

1
2
このエントリーをはてなブックマークに追加
鈴木 直人
フリーのウェブライター。ファッションやサブカル、ビジネス、自己啓発など守備範囲は広い。非リアでぼっちだが、そんな自分をこの上なく愛している。