このエントリーをはてなブックマークに追加
26-メイン
皆さんはRaMuというアイドル研究生をご存知でしょうか?RaMuは2014年頃から短編動画投稿サイトVineに6秒ほどのおもしろ動画を投稿して注目を浴び始めた女子高生です。Vineに投稿する動画がおもしろい事で有名になり、なんと今ではアイドルグループの研究生としてイベントなどでも活躍をしています。今回はそんなRaMuについてご紹介してみたいと思います!!

荒ぶる女子高生!!RaMu誕生!!

RaMuが短編動画投稿サイトVineにおもしろ動画をアップし始めたのは2014年の4月頃からです。

その最初期の動画がコチラ!

どうです?この女子高生とは思えない弾けっぷり!!RaMuは女子高生というイメージにとらわれない自由奔放な動画をVineにアップする事で徐々に注目を集めていきました。

勿論、ごく普通の女子高生としての様子も投稿しています。このギャップこそ、RaMuという女の子の個性だと言えるでしょう。

RaMuの投稿は日常の自撮りからネタ満載のおもしろ動画まで実にバリエーション豊かです!そんなRaMuの動画の再生回数はなんと1億2千万回以上!!驚愕の再生回数がRaMuの注目度の高さを物語っていますね!

ありのままの女子高生の日常が人気の秘密?

Vineに投稿し始めた頃のRaMuの動画は女子高生が放課後に友達同士で遊んでいる様子を録画したような感じのものも多いです。

放課後にダンスを踊ったり、友達にちょっかいを出す様子を投稿したり、その様子は女子高生の日常そのものと言ってもいいでしょう。

中にはちょっと過激なイタズラなんかもあったりします。(良い子はマネしないでね☆)

とにかく面白そうな事はどんどんやって投稿するRaMu。これはどこにでもいる女子高生の青春の記録とも言えるかもしれません。

そんな飾らない素の女子高生の姿がウケたのか、投稿は10万再生超えを連発するほどの人気動画になっていきました。Vineを始めてわずか数カ月。RaMuはあっという間に人気ユーザーとなったのでした!

徐々にクオリティを高めていくRaMuの動画!

女子高生のおもしろおかしい日常を投稿していたRaMuの動画にも、徐々に変化が現れました

編集を駆使し、PV風の動画を投稿する機会が増えてきたのです。

勿論、女子高生らしさは健在ですが、音楽と編集によってより動画としての完成度を上げていくRaMuの投稿は時に200万再生を突破するほどになりました!

RaMuは動画の中でさらにイキイキと個性を発揮していきます。何よりもRaMu自身がこうした動画投稿という遊びを楽しんでいるのが、映像を通じて伝わってくると思いませんか?

自分自身が全力で楽しむ!それこそがRaMuの動画が愛されている人気の秘密なのかもしれません。

クリエイター集団「VAZ」に所属する事に!!

Vineで注目を集める女子高生RaMu。その存在を世間が放っておく訳がありません。

なんと!RaMuはVineでの注目度を認められ、短編動画クリエイター集団「VAZ」に所属する事になったのです!

ちょっとお茶目な女子高生からクリエイター集団の一員へ!RaMuの知名度はもはや普通の女子高生では済まされないほどに大きくなっていたのでした!

しかし、クリエイターの一員になったからといってRaMuが変わってしまうような事はありません。「VAZ」の仲間に囲まれて笑顔を見せる姿はこれまでと変わらない等身大のRaMuそのままです。

2015年の夏から「VAZ」の一員として活動を始めたRaMu。その活動はさらに大きく飛躍していくのでした!

アイドルグループの研究生として!今後の活躍に注目!!

クリエイター集団「VAZ」の一員となったRaMu。実は同じ頃にもう1つの転機を迎えていました。

なんと!アイドルグループ「KissBee」の研究生ユニット「KissBeeZERO」のメンバーに選ばれたのです!!しかも2016年の新体制ではKissBeeZEROのリーダーに抜擢!オフィシャルブログでは「2016年はメディア露出を増やす!」と意気込みを見せています。

RaMuの活躍は2015年の時点でも目を見張るものがあります。

ちょっとお茶目な女子高生だったRaMuが、朝日新聞に掲載されたり、民主党の枝野幹事長と討論して仲良くなるなんて誰が想像したでしょう!!

1人の女子高生が有名人への階段を駆け上がっていく姿は、誰もが気軽に情報発信をできるようになった現代のサクセスストーリーを見ているようです。たった6秒の動画投稿から始まったRaMuの物語がどんな展開を見せるのか?これからの活躍に目が離せないですよ!

image by Vine