このエントリーをはてなブックマークに追加
1_メイン
北海道函館市出身のシンガーソングライター・MACO(まこ)さん。彼女が2015年8月14日にリリースした「ふたりずっと」は、女子中高生の間で大流行。
カップル動画にぴったりのBGMとして、もはや「最強のラブソング」と言っても過言ではない地位を確立しています。ここではこの楽曲がどうして「最強のラブソング」になったのかを、3つのポイントから考察したいと思います。

そもそも問答無用の超名曲である!

女子中高生の間で人気のラブソング「ふたりずっと」。2015年の8月にリリースされたこの楽曲は、なぜ「最強のラブソング」なのでしょうか?

「ふたりずっと」はどこまでも純粋で一途なラブソングです。歌詞には「10年後もふたりきっと 恋に落ちるでしょう」「ああ、これが恋なんだって すごく嬉しかったの」など、アラサーの筆者からすれば純粋すぎて胃が痛くなってしまうほど素敵な想いが綴られています。なんなんでしょうね、この痛み。恋かな?

メロディは、はやる気持ちを表現するようなハイテンポでもなく、かといってしっとり大人のバラードというわけでもありません。日常で感じる恋人への優しい気持ち、ウキウキする気持ちと同調するかのような絶妙なメロディが、恋する乙女にぴったりなんです。

素敵な歌詞に、素敵なメロディ。なんですかこれ、問答無用の超名曲じゃありませんか。

「れんみさカップル」によって「理想のカップルの歌」になった

女子中高生に大人気の動画投稿サイト「ミックスチャンネル」(以下、ミクチャ)。かつてこのミクチャで爆発的な人気を誇っていた投稿者が、れんくんとみさちゃんのカップル「れんみさカップル」です。

MACOさんの所属事務所UNIVERSAL MUSIC JAPANは、アーティストのMACOさん本人が出演するオリジナルPVが配信された4日後の8月17日に、このれんみさカップルの2人を歌詞の主人公に見立てたPV「MACO – ふたりずっと【れんみさカップルVer.】」を配信。

これにより「ふたりずっと」を「理想のカップルの歌」として確立することに成功しています。

2016年1月現在、れんみさカップルは別れてしまい、今なおミクチャユーザーの心に深い喪失感を残していますが、このPVの幸せいっぱいの2人を見ていると、そんな喪失感は吹き飛んでしまいます。

実際、このムービーは観ているだけでも幸せになれますし、きっと恋人と一緒に観たりなんかすればもっと幸せになれるはずです(恋人のいない筆者はもちろん1人で観ています)。

「まこみな」コンビによって「理想の友情の歌」になった

同じくミクチャ発信の人気ユーザー「まこみな」。双子ダンスのムーブメントを作った彼女たちの軌跡に関してはこれまでドーラでも多数ご紹介してきました。そんなまこみなも、MACOのふたりずっとで双子ダンス動画を投稿しました。

MACOの 「ふたりずっと」で双子ダンスしてみたよ!!

また20015年11月24日にYouTubeオフィシャルチャンネルを開設、12月3日には記念すべき1本目の動画として「まこみな スペシャルムービー song by MACO『ふたりずっと』」を配信しています。

2分25秒のPVの中では、まこみなの仲の良さが丁寧に描かれていて、「ふたりずっと」という楽曲を「理想の友情の歌」として聴けるようになっているのです。

恋人と聴いても、友達と聴いても幸せになれる。人気が出て当然ですね(筆者は1人で聴いていますが)。