先日、金曜ロードショーであのスタジオジブリの名作アニメ「天空の城ラピュタ」が放映!TwitterなどSNSを中心にクライマックスの「バルス!!」に向けネットユーザーが沸き立ったのは記憶に新しいですね。ですが、放送されると実況で盛り上がる映画は実はラピュタだけじゃない!?ラピュタをきっかけに、実況で超盛り上がる映画たちをまとめて勉強しちゃいましょう♪

2016年1月Twitter民待望のバルス祭が開催!!テレビを見ながら実況ツイートはもはや常識!

2016年の1月15日、日本ツイッター公式がこんな異例の告知を出して話題になりました。

どういうこと?というと、その日は21時より日本テレビの金曜ロードショーで「天空の城ラピュタ」が放送されたのです。

日本のTwitterではテレビ番組を見ながら感想をリアルタイムでツイートしていくいわゆる「実況ツイート」と呼ばれる文化があり、その中でも「天空の城ラピュタ」の放送はTwitterのサーバーがダウンしかけるくらい、実況が超盛り上がるんです!!

そんな、いまやTwitter民が大好きなコンテンツと化した天空の城ラピュタですが、同じように金曜ロードショー日曜洋画劇場午後のロードショーなどなどで放映されると実況ツイートがめちゃくちゃ盛り上がる映画が他にもあるの、ご存知でしょうか?

一体何があるのか教えて頂戴!というあなたのため、駄目だといわずに今回は天空の城ラピュタを含め、実況で盛り上がる鉄板映画を4つご紹介しましょう。これらがテレビ放映されるときは要チェックですよ!!

バルスの瞬間は皆でツイート!天空の城ラピュタ

まず、日本で一番実況が盛り上がる映画といえばスタジオジブリ制作の「天空の城ラピュタ」。

主人公の少年パズーが謎の美少女ヒロイン・シータ、空中海賊ドーラ一家と共に悪役ムスカ大佐に追われながら、かつてあったという幻の空の王国「ラピュタ」を探しに行くというボーイミーツガールの王道作品ですね!!!(皆さん知っていると思いますが)

ちなみにこのサイト、ドーラですがネーミングはラピュタのドーラおばさんからじゃなくて「動画のうらがわ、略してドーラ」から来ております(笑)

この天空の城ラピュタのクライマックス、パズーとシータが滅びの呪文「バルス」を唱える名シーンがTwitterの実況で大人気!放映されるたびにTwitterの秒間ツイート量世界記録を塗り替えるという化け物ぶりです。

この盛り上がりはもはや公式化!公式サイドやメディアも巻き込んだ「バルス祭り」として親しまれています。

この「バルス祭り」に便乗してお祭り的なツイートをする企業公式アカウントも多数。

タニタは「バルス」ツイートを「タニタ」ツイートの量で打倒しようとしたようです……戦う前から負けが見えちゃってますが!?

案の定ツイート量は惨敗し、翌日タニタアカウントは公約通り社名を一日「バルス」に変更し笑いを誘っていました(笑)。

もう名台詞を羅列しただけで本編のどのシーンか思い浮かんじゃいますよね。「今夜はラピュタなので帰ります…」という人、とても多かったのではないでしょうか。

気になる「バルス」シーンですが、例年の放送時間から計算すると本編開始から約1時間55分5秒後とのこと。今回は金曜ロードSHOW!公式でも「バルス」は果たして何時何分何秒に放映されるか予想する『バルス!!みんなの時刻予想』企画も開催されました。

今回は公式サイドによるバルスプッシュの非常に多い放映となりましたが、気になるバルスツイート量の結果はというと…

前回2013年のバルス祭りの際に記録した、OA中累計バルス4,314,588ツイートは残念ながら超えられませんでした。あれ!?

公式からの「バルスしようね!!」という働きかけがあまりに強かったことが、逆にユーザーが興ざめする結果を産んでしまったのかも…?うーん人の心って難しい!

よろしくお願いしまああああす!神木くんと一緒に叫ぼう「サマーウォーズ」

ラピュタと同じく、テレビ放映されると盛り上がるアニメ作品といえば、2015年には「バケモノの子」でまたまたヒットを飛ばしていた細田守監督の名作「サマーウォーズ」!

ストーリーは、インターネットが発達して、みんなが仮想世界OZというちょっと進化したSNSのようなシステムを使っている現代が舞台。

数学が超得意なこと以外は冴えない主人公・健二が、憧れの夏希先輩からとあるアルバイトを頼まれたことをきっかけに悪い人工知能の暴走によるOZ崩壊の危機に巻き込まれ、先輩とその家族の皆と協力して立ち向かうというアツい物語になっています!

そんなサマーウォーズの実況ツイートが一番盛り上がるのが、神木隆之介くんが声優を務める主人公の健二が「よろしくお願いしまあああああああす!!!!」と叫ぶシーン!

超余談なのですがこのサマーウォーズ、かつて一斉を風靡したおもちゃ・デジモンシリーズにハマったことがある20代はアニメ映画の「デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!」も一緒に見ておくと、監督が同じなためオマージュが多く非常にニヤリとできます。(笑)

サマーウォーズがツイッター実況で大人気なのは、もしかしてTwitterのヘビーユーザーが20代、つまりはデジモン世代がいっぱいいるのも一因なのかも!?

1
2
シェア
ミイ
鳥っぽいキャラが好き。鳥料理も好き。ステキ。鳥貴族。