このエントリーをはてなブックマークに追加
2_アイキャッチ
若者の間で話題のチョコレートボックスやってみた動画。なにもチョコレートの箱を作る動画ではありません。ボカロ曲がもとになっていて、歌詞に合わせて編集した動画を作るのがミクチャやTwitterで一大ブームになっているのです。ここではこのチョコレートボックス動画を作るまでのステップを5つに分けて紹介。これであなたもチョコレートボックスマスターだ!

ステップ1:チョコレートボックスという曲を知る


ミクチャで話題のチョコレートボックス動画を作るためには、まずは原曲であるdezzyさん作曲の「dezzy – chocolate box ft. Kagamine Rin&Len」を聴いておく必要があるでしょう。

使用されているボカロは2007年に発売され、初音ミクに匹敵する人気を誇る「鏡音リン・レン」。動画の背景画に描かれているのはこの2人のイメージキャラクターです。

歌詞の内容は「お互いの不満を言い合うけれど、結局のところ相手のことを想い合っている。ほろ苦いけどやっぱり甘いチョコレートみたいだね」というもの。可愛すぎか!


この可愛すぎる曲を歌い手のFreedelさんとなゆごろうさんが歌ったのが、こちらの「歌ってみた」動画です。リンちゃんとレンくんの声も可愛いですが、歌い手さんの素敵な歌声でいちゃいちゃされると、こみあげるものがありますね……。(ちなみに「歌ってみた」動画についてはこちらの記事で紹介されています。)

動画に使うBGMとしては、本家のボカロバージョンよりこちらの歌い手バージョンが多用されているようです。

ステップ2:一緒にやる恋人・友達を作る

“さて「チョコレートボックスとは何か」がわかったら、次のステップは「一緒に動画を作る恋人・友達を作る」です。「恋人くらいいるでしょ」「友達くらいいるでしょ」と思った人はまだまだ甘い!チョコレートくらい、甘い!(どやあ)

チョコレートボックス動画を作るには、動画の中でまでいちゃいちゃor仲良しをしてくれる恋人や友達が必要なんです。どんな恋人、どんな友達でもいいというわけではありません。

まやちーでchocolateboxやってみた♥

チョコレートボックス ✨ やってみた

チョコレートボックスやってみたでは、カップルの口喧嘩風の歌詞に合わせて写真や動画でポーズを決めるやり方がメジャーです。

こんな風に2人でチョコレートボックス動画向けに写真を撮ったりできる、そんな相手をまずは作りましょう。

ステップ3:楽しく写真・動画を撮る

チョコレートボックス動画を作る仲間ができたら、次は「動画に使う写真や動画」(素材)を撮るステップです。素敵な動画にするためには、このステップをおろそかにしてはいけません。素材の集め方は2つあります。

チョコレートボックス

1つ目はこの動画のようにチョコレートボックス動画のために新たに素材を撮る方法

「チョコレートボックス動画撮ろうぜ!」とちょっとしたイベント気分で楽しめるのが、この方法の強みです。学生のみなさんはもちろん、文化祭や体育祭など行事らしい行事がなくなってしまった社会人の皆さんにもオススメします。

2つ目はもともとある素材を組み合わせて作る方法。過去の写真や動画を加工編集して使うので改めて撮影の時間を作る必要がありません。

また相手に隠しながら作成できるので、自分たちの仲の良さを再確認するサプライズムービーとしてもオススメです。