このエントリーをはてなブックマークに追加
DO-RA-すぴ_LEGO
すぴ豊です!2016年が始まりました!今年もよろしくお願いいたします!というわけで、今日は気になるアメコミ映画「バットマン VS スーパーマン:ジャスティスの誕生」「X-MEN:アポカリプス」「シビル・ウォー:キャプテン・アメリカ」に関連した映像トピックを3本立てでお贈りします!

スーパーマンが悪に染まる?

まず日本でも公開になった、「バットマン VS スーパーマン:ジャスティスの誕生」のプロモーション映像。バットマンがスーパーマンに拉致られ、仮面をはがされる、、という衝撃映像です。

実は、この映像はアメリカでは予告編としては使われていないハズです。TVドラマ「ゴッサム」の放送のときに特別映像として紹介されたものです。

もちろん「ゴッサム」は当然バットマン好きが多いので、効果的なプロモーションだったでしょうね。アメリカでは、『スーパーマンとバットマンが顔を合わせた!』で売っていく感じですが、日本はもっと両者の対決色を強めた感じ、、、『え? スーパーマンが悪役!?』をエッジにプロモーションを展開していくのでしょう。

それにしても、これってどういうシチュエーションなのでしょうか?

注目なのは、バットマンがバットスーツの上に外套…コートみたいなの着ていますよね?

これに近いイメージなのが、ソビエト・バットマン(ソビエト=ソ連…いまのロシアですね)。

「スーパーマン:レッドサン」というコミックがあって、これはもし、赤ん坊時代のスーパーマンを乗せたロケットがアメリカではなくソ連に墜落していたら、スーパーマンはソ連=共産主義の守り神になっていたのではないか?というすごいお話です。で、バットマンはこのソ連体制派のスーパーマンに対抗するレジスタンスという設定なのです。

この映像を見る限り、スーパーマンのしもべ的な軍隊がいることから “スーパーマンにアメリカが支配され、バットマンがレジスタンスとして対抗していた”という衝撃シーンとも解釈できるわけです。

一体なにが起こるのでしょうか??

ナダル選手はX-MENだった!?

さて、2016年のアメコミ映画話題作はまだまだあります!「X-MEN:アポカリプス」です。

「スター・ウォーズ:フォースの覚醒」のボー・ダメロンことオスカー・アイザックが最強ミュータント、アポカリプスとなってX-MENと戦います。予告編に続いて、極めてユニークなCMがワールドワイドでリリースされました。

どうやらこの映画はKIA自動車とタイアップしているらしく、そのタイアップCMなのですが、KIA自動車はテニスの全豪オープンも提供しているらしいです。

というわけで、全豪オープンの放送のときに流れる「X-MEN:アポカリプス」とタイアップしたKIA自動車のCMとなっているのですが、なんと有名テニスプレーヤーのラファエル・ナダル選手を使ったユニークなCMになっています。

ナダル選手もまたX-MEN同様ミュータントだったのですね!(笑)こういうタイアップCMは、映画の公開が終わると契約の問題ですぐに下げられてしまう可能性が大なので、いまのうちにお楽しみください!

なお僕は、映画「X-MEN2」のプロモーションで、マツダさんのRX-8という車が劇中登場するので両社の合同キャンペーンを担当していました。車とX-MENは相性がいいのです。

なおX-MEN映画のスピンオフにして、今年の超話題作&期待作、、このコラムでも大人気の「デッドプール」からは最新TV-CMをご紹介!

俺ちゃん曰く、今度の「デッドプール」はラブストーリーだそうです!(笑)まあバレンタイン公開映画ですからね!

1
2
このエントリーをはてなブックマークに追加
杉山すぴ豊
アメキャラ系ライターの肩書で、アメコミ映画についての啓蒙活動を雑誌・新聞・テレビ・ラジオ・WEB・イベントにて行う。幼少のころ歌舞伎座の舞台に立ち 映画「劇場版サラリーマンNEO(笑)」にも出演。「ガメラ3 邪神<イリス>覚醒」のタイトル考案者です。エマ・ストーン嬢に「あなた日本のスパイダーマンね」と言われ「バイオハザード:アポカリプス」のジル役のシエンナ・ギロリー様に「あなたがゾンビだったら私は助けてあげる」と言われたことが自慢(笑)