hikakkinn9
ヒカキンさんが日常の面白いと感じたものを紹介する“Hikakin TV”。チャンネル登録者数が250万人を超えるこの人気チャンネルを運営するヒカキンさんは、ヒューマンビートボックスの腕前もプロ級です。なんと、海外の大物アーティストとも何度もコラボしています。今回はそんなヒカキンさんのアーティストとしてのすごさをご紹介します。

ヒューマンビートボックス「HIKAKIN」スタート!!

hikakkinn8

ヒカキンさんは最初、スーパーで働きながら“HIKAKIN”というYouTubeチャンネルをつくり、動画のアップをスタートします。初めて動画をYouTubeにアップしたのは、2007年9月24日。今から、8年以上も前です。

もう8年?まだ8年?8年前は無名の若者だったヒカキンさんが、今では世界的に有名になるとは人生本当に何があるか分かりませんね!

hikakinn5

ヒカキンさんは当時からヒューマンビートボックスが得意で、その動画を自身の“HIKAKINチャンネル”にアップしていきます。(ちなみに現在もビートボックス動画は継続してアップされて続けています。まさに継続は力なり!)

ヒューマンビートボックスというのは、人の口だけで様々な音を出してDJプレイのような演出をしたりリズムを刻んだりすることです。動画を観るとわかりますが、時には手や舌を器用に使って色々な音を出してリズムを刻んでいます。これだけの音を、人間の口だけを使って出せるとはヒューマンビートボックス…奥が深い!

スーパマリオブラザーズのボイパが世界中で大ヒット

ビートボックス専門チャンネルの“HIKIAKIN”。ある日アップした、ビートボックスの動画が世界中で話題となります。その動画は、スーパマリオブラザーズのBGMをボイパでアレンジしたものです。

任天堂のゲームは世界中にファンが多いので、その音楽を得意のボイパでアレンジしたのが良かったのでしょう。閲覧回数はどんどん増え、現在では3000万回以上再生される大ヒット動画となっています。

マリオでお馴染みの…
・土管に入る音
・地下ステージでのBGM
・タイムアップ寸前のテンポアップ
などが、とても上手く表現されているのが特徴です。

この動画の大ヒットは、アメリカのCBSニュースでも「Super Mario Beatbox: Viral Video Hit」として報じられます。

rapture_20151221153800

「他の海外アーティストやテトリスのテーマソングもカバーしているが、スーパマリオブラザーズの動画には追いつけずにいる」と、この動画の人気ぶりが記事に書かれています。

しかし!ヒカキンの快進撃は、そのあとも続きます!なんと、あの大物海外アーティストとコラボをしちゃうんです。

エアロスミスから逆指名!?全国ツアーに急遽参加

hikakkinn6

ヒカキンさんのエピソードとしてはかなり有名な話なので、ご存知の方も多いと思いますが、その大物アーティストとはあの!!!!エアロスミスです。

彼らとコラボした日本のアーティストは、B’zくらいしかいません。しつこいようですが…ヒカキンかなり凄いです。

2013年に行われたのエアロスミスの全国ツアーでこのコラボは実現し、シンガポールと大阪、2会場のライブでヒカキンは出演しています。

きっかけはヒカキンが参加していたシンガポールで行われた「ソーシャル・スター・アワーズ2013」のライブの合間、ヒカキンのビートボックスのパフォーマンス動画が流されたことでした。

そのパフォーマンス動画を観ていたエアロスミスが「共演したい!」とオファーが!まさに逆指名です。

hikakkinn7

この世界的に有名なエアロスミスとのコラボによって、ヒカキンは人気を不動のものとしました。

まだまだ続く!!大物アーティストとコラボ

ヒカキンを一躍有名にしたチャンネル“HIKAKIN”は、現在もボイパのパフォーマンスが定期的にアップされています。海外のトップアーティストとのコラボも続いており、2014年にはアリアナ・グランデNE-YOとのコラボ動画もアップしています。

知れば知る程…凄い。アリアナ・グランデとNE-YOですからね。ここまで海外アーティストとコラボしている日本人ってほとんどいないのでは無いでしょうか!?

■Ariana Grande Baby I feat. HIKAKIN

■NE-YO × HIKAKIN BEATBOX – Coming With You & Because Of You

ボイパ動画のヒットをきっかけに、ヒカキンは一気に日本一Youtuberへの階段を駆け上がります。

トークの腕前も天性のものか!?ヒカキン TVなどをスタート

当時メインでビートボックス動画をアップしていた“HIKAKIN”の運営だけでも忙しいはずの彼は、なんと 2011年の7月に、Hikakin’s Video Blog Channelとして現在の「Hikakin TV」をスタートします。

動画の中でヒカキン本人も語っているとおり、YouTubeの将来性と可能性をいち早く感じ取ってチャンネルスタートを決めたそうです。初回からトークがかなり上手く、才能を感じます。(ヒカキンJrやお孫さんが、若かりし頃のヒカキンを見る日も現実のものとなるかもしれません…自慢の爺ちゃんですね、イケメンだし♪)

その後、“Hikakin TV”は人気のチャンネルとなり、現在では“HIKAKIN”のチャンネル登録者数を100万人近く上回っています。

“Hikakin TV”以降も、自分の趣味や特技を活かし“Hikakin Games”や“Hikakin Blogs”など人気チャンネルをスピンオフさせています。“Hikakin Games”などの動画もとても面白いのですが、こちらは別記事でご紹介させていただきます!

image by Youtube,Youtube,Youtube,Youtube,Youtube

シェア
takg
smatu.netでブログを書いています。 上記ブログは、自分の好きな、「iPhone」「Apple」「ガジェット」の話題が中心です。 気になったらぜひ覗いてみてください。