このエントリーをはてなブックマークに追加

すぴ豊です。早いもので今年最後の更新です!
今年のトリを飾るのは、第1回目ともう一度取り上げて大反響でした、やっぱりこの人デッドプールです!

クリスマスの予告編ウォーズ……本命の登場!?

今年は「スター・ウォーズ:フォースの覚醒」あわせで、来年公開の話題作の予告編が多数劇場で上映されました!

アメコミ映画で言えば、「バットマンVSスーパーマン:ジャスティスの誕生」「シビル・ウォー:キャプテン・アメリカ」「ミュータント・タートルズ2」「X-MEN:アポカリプス」、そして「デッドプール」です!

「デッドプール」は劇場ではIMAX上映館のみでIMAX用の予告をかけ、基本オンラインを中心に新しい予告篇の解禁をするという方法をとりました。

恐らく「デッドプール」の製作・配給会社である20世紀フォックスは、「スター・ウォーズ:フォースの覚醒」を上映している一般の劇場では「X-MEN:アポカリプス」、「インディペンデンス・ディ:リサージェンス(なんと!あの「インディペンデンス・ディ」の20年ぶりの続編!)の予告編をかけることを優先したようですが、それ以上に「デッドプール」の予告は本当に過激で(そもそも映画自体がR指定なので)ライトセーバーをもって劇場にきている家族連れに到底お見せできる内容ではなかったのです(笑)

「デッドプール」にやはりウルヴァリンが出る?

「デッドプール」の新予告編はクリスマスにオンライン解禁になりましたが、クリスマスの2週間ぐらい前から新しい予告篇が見れるよとカウントダウンをはじめ、ツイッター等でこういう告知をしてあおっていました。

主演のライアン・レイノルズ自身もこんな投稿を。

そしてついに公開となったわけです。

ただ一連のデッドプール側からのSNSへの配信投稿の中で、とりわけファンの間でバズったのが、このライアン・レイノルズのツイート。

デッドプールが、これから戦おうと思っている相手を記した対戦プランという紙をひろげる動画ですが、まず紙をひろげるときに、机の上にウルヴァリンの爪がおいてある!しかも、この対戦プラン表の中にウルヴァリンの絵が描いてある!さらに昨日、ウルヴァリンを演じているヒュー・ジャックマンが、こういうツイートをしました!

ウルヴァリンの爪とデッドプールです。

初めてこのコラムを読む方に解説しますと、

・デッドプールというのはもともとX-MENのコミックに出てくるキャラ。傭兵ウェイド・ウィルソンが人体実験によってデッドプールに変異した、という設定。
・ウルヴァリンが主役の映画「X-MEN ZERO:ウルヴァリン」ではライアン・レイノルズが、この傭兵ウィルソンを演じている。

わけで、映画「デッドプール」に何らかの形でヒュー・ジャックマン扮するウルヴァリンが出るかもしれないと言われているのです。この一連のティザー(ほのめかし)ともとれる投稿をみる限り、かなりの確率でウルヴァリンは出るのでは?

1
2
このエントリーをはてなブックマークに追加
杉山すぴ豊
アメキャラ系ライターの肩書で、アメコミ映画についての啓蒙活動を雑誌・新聞・テレビ・ラジオ・WEB・イベントにて行う。幼少のころ歌舞伎座の舞台に立ち 映画「劇場版サラリーマンNEO(笑)」にも出演。「ガメラ3 邪神<イリス>覚醒」のタイトル考案者です。エマ・ストーン嬢に「あなた日本のスパイダーマンね」と言われ「バイオハザード:アポカリプス」のジル役のシエンナ・ギロリー様に「あなたがゾンビだったら私は助けてあげる」と言われたことが自慢(笑)