このエントリーをはてなブックマークに追加
ゲーム実況は、実況やトークをしながら、家庭用ゲームやソーシャルゲームなどをプレイする動画のことです。このゲーム実況のスタイルについて、これまで様々な方が手法を開拓し、相互に影響を与えて成長してきました。今日では喋ったり、お酒を飲んだり、一人じゃなく複数人で、といった多岐にわたる実況スタイルが確立されています。このスタイルは様々な実況者達によって構築されてきたのですが、その中でも「幕末志士」というゲーム実況者は異端児とも言える存在なのです。

ゲーム実況界の異端児的な存在、幕末志士とは?

ゲーム実況を見る上で、絶対にこの人達を抜きには語れない、幕末志士(坂本竜馬さんと西郷隆盛さん)について今回はご紹介させていただきます!!



「幕末志士」とは、坂本竜馬と西郷隆盛というハンドルネームのゲーム実況者2人組のこと。実況動画のオープニングトークは、西郷さんの自宅へ坂本さんが訪れるところから始まるというお決まりがあり、時代劇を模したような語り口で展開されていきます。

2人の掛け合いや、時折飛び出す意味の分からない言動が絶妙!またくだらないギャグでも西郷さんの誘い笑いなどで、視聴者の心をグイグイと掴んでしまうのです。坂本さんのしゃべり方を真似してしまうのは筆者だけではないハズ!中毒性高し!!

幕末志士の2人がアップロードするゲーム実況動画は、100万再生を超えているものが多数あります。人気の高い実況者なのですよ!!!

幕末志士が注目されはじめたのは2008年のこと

この幕末志士の2人が大きく注目されるきっかけになったのは、2008年に投稿された任天堂64ソフト「マリオ64」のゲーム実況「奴が来る」シリーズでした。

マリオを操作し3Dフィールド内でスターやコインを集めるゲーム内容の「マリオ64」は、ゲーム実況界でもかなり人気の作品です。
ですが幕末志士の二人の場合、このゲームを普通にプレイするのではなく、マリオが獲得するまで追いかけてくる1UPキノコから”逃げる”というものになっています。

マリオを地の果てまで追いかけてくる緑の1UPキノコ
マリオを地の果てまで追いかけてくる緑の1UPキノコ

普通にプレイしていたらお助けアイテムのはずの1UPキノコから”逃げ”たら面白いんじゃないか?ということに着目した結果、ゲームとしての新しい面白さを開拓!また、2人の掛け合いがうまく絡みあったことで大人気シリーズに。どこまでも追いかけてくる1UPキノコは「緑の悪魔」と呼ばれ、恐れ親しまれました。

実況動画で不意に飛び出してくる時代劇風の発言は、幕末語録としてファンの間では共有されています。

筆者もいくつか覚えていますが、ファンによるとまだまだ甘いらしいです!ファンの熱量すごっ!!

ニコニコ動画では瞬く間に100万再生を突破し、2015年現在では500万再生となっています!凄すぎる!!

「奴が来る」が大ヒット!騙りまで登場

「奴が来る」シリーズで加速度的に注目されることになった幕末志士ですが、2人は「奴が来る」の新作アップロードを予告するも事情があったのか延期に次ぐ延期をし、当時は一生続きの動画が上がらないのではと危惧されたほどでした。

人気が加熱し、ニコ動内では「釣り」と呼ばれる幕末志士を騙ったニセの動画が何本と登場。そのたびにファンや視聴者は「騙された!」「幕末志士は早く動画あげてくれ」と阿鼻叫喚の地獄絵図(ちょっと坂本さん語録を意識してみました)となりました。その阿鼻叫喚ぶりは『幕末志士釣り動画リンク』という釣り動画をまとめたタグまで出現したほどです。

タイトルだけみると「奴が来る」シリーズの続編のように見えるが、全部ニセ動画。
タイトルだけみると「奴が来る」シリーズの続編のように見えるが、全部ニセ動画。

結果的には、パート5から約半年後に投稿された「【マリオ64実況】 奴が来る 六【幕末志士】」を持って事実上完結?しました。

ニコ動では2015年現在は700万再生を超えており、初投稿から約7年も経った今でも、シリーズの続編を心待ちにしている方も多いです。(筆者も機会があれば単発企画で良いので見てみたいですね)

1
2
このエントリーをはてなブックマークに追加
華屋つまみ
動画や生放送が好きです。慢性的な腰痛持ちなので、腰に良いアイテム探しが趣味です!