休み時間や放課後になると、黒板にらくがきをしはじめる人ってクラスに一人いませんでしたか?黒板にお絵かきと言えば「学生時代あるある」にさえなりそうなほどよくある光景ですが、今の中高生たちのお絵かきはあるあるではなくむしろ「ねーよ!」と言いたくなるほど完成度がヤバイ!そして「忘れ物をとりに行ったついでに描いた」ことがきっかけで一躍有名人になった女子高生とは!?

黒板アートとはいったい?

黒板アートとは、その名の通り「黒板に描き出されるアート」のこと。

「当たり前じゃねぇか!」と言いたくなるかもしれませんが、違うんです。黒板アートを、「あ~はいはい、クラスのちょっとイラストが上手な子が急に黒板に描きはじめるイラストね。ジャンプ好きの女子とかが描いてるやつね。見たことあるわ」と甘く見てはいけません。

普通の女子高生が「忘れ物をとりに行ったついでに描いた」という黒板アートは、そのクオリティが高すぎるあまりネット上で一気に拡散され、描き手である「れなれな」さんは一躍有名人となったのです。

どこにでもいる「女子高生」がどこにでもある「黒板」に「チョーク」でさらっと描いた絵とは到底思えない……彼女の「がっつりお絵かき」がガッツリしすぎていて、大学ノートに「ぼくのかんがえたさいこうにおもしろいマンガのネーム」を描いて満足していた勢は青ざめながらノートを閉じるレベル。

さらに進化する黒板アート、もはや静止画だけじゃない!

黒板の製造販売を行っている企業「日学株式会社」は、こうした黒板アートのブームを見逃しません。なんと黒板アートの公式大会(公募大賞)とも言える「日学・黒板アート甲子園」を開催!

「日学・黒板アート甲子園」ですが・・・来年の春に第1回大会を開催いたします!!詳しくは、追って報告させて下さい。来年も素晴らしい作品を見られるのが楽しみです。作品や学校をできる限り広める活動しまして、皆さんと共有できればと思います。よろしくお願いします!

Posted by 日学・黒板アート甲子園 (高校生対象) on 2015年11月26日

高校球児たちが青空の下で汗水たらしながら白球を追いかけている同じとき、別の生徒たちはチョークで手を真っ白にしながら先生たちの聖域・黒板に自分たちの世界を描き出すというわけです。

さらに今、「黒板アートを描いてみた」だけではなく、描いたものを組み合わせアニメーションを作成するつわものも登場!


学校という身近すぎる場所でも、アニメが生み出されるのだと思うとわくわくしますね……!

さらに高レベル!「【手描き】黒板で進撃の巨人OP描いてみた」

こちらの動画は、黒板に美しい絵を描き出す「黒板アート」と、黒板アートをつなぎ合わせアニメーションを作成するという技術を組み合わせて、原作マンガ・劇場版も話題沸騰中の『進撃の巨人』のアニメ版OPを再現したという超!超!高レベル作品!


ここまでくると「いやいや『描いてみた』じゃねーよ……なにさらっと言ってくれてるんだよ……『あ、描いてみよ!』って言って描けるもんじゃねーよ……」と青ざめるクオリティ。すごすぎます。

ついにCMにまで!広がる黒板アート

黒板アートはなんと、ついにCMにまで登場!黒板と言えば学校、学校と言えば勉強、勉強と言えば……避けて通れない魔の行事、受験!

しかし黒板アートで描き出されるイラストがとにかくキレイかつ胸にぐっと迫るので「あれ、受験って実は神行事じゃね? 受験って、青春の代名詞なんじゃね?」とプラスイメージに変わる可能性も……?

また、このCMには「アナ雪」の黒板アートで有名になったれなれなさんほか、芸術大学に通う生徒たちが多数参加しています。メイキング動画では、黒板アートがどのように構成されていくのか、その過程も公開中。こちらも必見!

「黒板アート」はどんな人でも元手ゼロで体験できるアート!

黒板アートは元手ゼロでできる、学生ならではの表現の場!そして大人からすると、学生ゆえの豊かな表現力や発想力のまぶしさが「あ~こういうの懐かしいなあ、いいなあ!」と胸キュンを呼ぶのです。

高級なキャンバスや絵の具などの画材がなくとも挑戦できる「黒板アート」は黒板とチョークでしか出せない質感がかえって魅力的だからこそ、ここまで大きなムーブメントになっているのでしょう。

どんな人でも、今いる場所からアートを生み出すことができるのかも?次世代のれなれなさんはどこに眠っているのでしょうか。

image by ぱくたそ,ニコニコ動画,YouTube,ぱくたそ

シェア
千
ちょっと知りたい、もっと知りたい!をたんたんと爛々と発信していきます。