Clipboard04
子供達に大人気の玩具レビューYouTubeチャンネル・レオンチャンネル。前回は彼のプロフィールについて紹介しましたが、ここではこのレオンチャンネル氏(本名不明)の動画を紹介しながら、その魅力を徹底分析します。キーワードは「にわか」。一部熱狂的な(?)アンチも存在するレオンチャンネル氏が、どうしてここまでの人気ユーチューバーになったのか。その秘密に迫ります!

「レオンチャンネル」って一体何者?

「レオンチャンネル」って一体何者?
「レオンチャンネル」って一体何者?

まずは「レオンチャンネルって誰?」という人のために、前回も紹介しましたが、あらためてざっくり彼のことを紹介しておきましょう。

レオンチャンネル氏は2012年にYouTube界に登場した、玩具レビューをメインに行っているユーチューバーです。2015年11月現在でチャンネル登録者数68万人以上、総視聴回数12億3,000万回以上。国内のユーチューバーとしてはトップクラスの数字でしょう。

なんてったって、日本国民全員が12回ずつ見ている計算になるんですから(世界レベルで言えば世界人口の5分の1が1回ずつ見ている計算)。

日本のユーチューバーのパイオニア的存在、ジェットダイスケこと愛場大介氏によれば、ユーチューバーの広告収入は「だいたい1再生あたり0.1~0.3円というところ」だそうなので、レオンチャンネル氏は少なくとも1億2,000万円の収入をすでに手にしていることになります。

計算してみて筆者が驚きました。年収にして4,000万円、完全にお金持ちです。

魅力その1:説明のわかりやすさがハンパじゃない

このレオンチャンネル氏の魅力の1つに「説明のわかりやすさ」が挙げられます。

例えばこの2015年11月22日にアップされた動画。玩具が作品の中でどんなポジションにあるのかの紹介に始まり、箱の外見も表・裏・側面と丁寧に見せてくれます。

玩具の中身の解説に移っても、あらゆる角度から玩具を写すだけでなく、どのような部分にこだわりが見られるのかを1つ1つ説明。玩具によっては同じシリーズの玩具との互換性にまで言及してくれます。

レオンチャンネル視聴者のメインである子供達は正直「素材はいつも通り軟質です」(動画の1分25秒部分)レベルの細かい仕様には興味がないかもしれません。

しかしこの玩具を買い与える親御さんにはまさに「かゆい所に手が届く」レビュー動画になっています。玩具レビュー界の池上彰さんといっても過言ではありません(過言かもしれません)。

1
2
シェア
鈴木 直人
フリーのウェブライター。ファッションやサブカル、ビジネス、自己啓発など守備範囲は広い。非リアでぼっちだが、そんな自分をこの上なく愛している。