このエントリーをはてなブックマークに追加
ニコニコ動画上で人気のゲーム実況プレイ。中でもスプラトゥーンの実況プレイは、任天堂が公認した後押しもあってか発売以来今なお人気です。
”相手のイカ絶対殺すマン”こと胎児さんをはじめ数々の有名実況プレイヤーがスプラトゥーン実況で人気を博す中、彗星のごとく出現した新人、それが「M.K.R(えむけーあーる、むくあ)」。他の実況プレイヤーとは一線を画したその実況プレイぶりをご紹介したいと思います。

M.K.Rってどんな実況プレイヤー?

「[Splatoon]Aランクガチローラー勢のガチ部屋8割必勝講座 #5」どうしてこんなコメントがついているのでしょうか?
「[Splatoon]Aランクガチローラー勢のガチ部屋8割必勝講座 #5」どうしてこんなコメントがついているのでしょうか?
ニコニコ動画で活動している人気実況プレイヤーだと、ファンがニコニコ大百科に実況者のプロフィールをまとめたりなどしているものなのですが、この人の大百科はちょっと、見てもよくわからないと思います。

まずはオススメの動画をご紹介します。こちらの動画は、説明文によりますと

プレイ動画でいいや音声がいらないなど多数の意見があったため今回は試験的にプレイ動画として投稿さして頂きました。
[Splatoon]Aランクガチローラー勢のガチ部屋8割必勝講座 #5
動画説明文より

との事。

実況ゲームはSplatoon(スプラトゥーン)。8人のプレイヤーが2つのチームに4人ずつ別れ、水鉄砲やローラーに筆、バケツなどインクを塗る武器を使って床を塗ったり相手チームメンバーを倒したりするゲームです。タイトルに「講座」とあるように、M.K.Rさんの高いプレイングスキルが見られる動画ではあるのですが……



「音声がいらない」という視聴者の意見を受けたのか、最初は無言でプレイするM.K.Rさんですが動画の1分以降から様子がおかしくなり始めます。

敵にやられるたび「ん゛ー!!」「アッヒョ」と某ディズニーのグ◯フィーのように唸りだす、いきなり自作らしき「前方後円墳の歌」を歌う…。狂気を感じます。

ゲームの画面が見えないんですが…。
ゲームの画面が見えないんですが…。

7分20秒以降からはプレイしながら視聴者コメントへの返信コーナーが始まります。コメントウインドウが画面半分を覆って、もはやゲーム画面が見えません。この動画、ゲーム講座じゃなかったっけ…。

M.K.Rさんのこれまで

M.K.Rさんは、ニコニコ動画での活動初期には『野郎共』というゲーム実況者グループの一員として活動していました。また、『ゆっくり実況プレイ』というジャンルでも活動。当時はそれほど有名とは言えず、やがてスプラトゥーンの実況を個人かつ肉声で開始します。

ガチ勢』という言葉は『エンジョイ勢』という言葉の対義語で、楽しむためにほどほどにやるというよりも、プレイ技術の向上に腐心するコアゲーマーを指す言葉です。

この動画「[Splatoon]ガチローラー勢のガチ部屋8割必勝講座 #1」も、タイトルに違わず、次々と相手チームをキルし、プレイのコツを視聴者に示すものとなっていました。動画の前半までは。

「[Splatoon]ガチローラー勢のガチ部屋8割必勝講座 #1」 たくさんの「!?」が異変の発生を感じさせます
「[Splatoon]ガチローラー勢のガチ部屋8割必勝講座 #1」
たくさんの「!?」が異変の発生を感じさせます
動画の後半からはアドバイスが「イカレることでアドレナリンを前回にする」(誤字ママ)になったり、アドバイス通りに異様なハイテンションでの実況が行われるようになってしまいます。

ココア神拳動画で注目を集める

こうして狂気的なスプラトゥーン実況動画を投稿し始めたM.K.Rさんですが、この次の動画で、「ココア神拳」という現象に遭遇し、急激に再生数を伸ばします。



ココア神拳とは、インターネットを使うゲームにつきもののプレイヤー同士の通信タイムラグを悪用し、受けたはずのダメージを受けなかったり、自分が一方的に有利な状況で相手を倒したりすることを揶揄した言葉です。

「[Splatoon]Aランクガチローラー勢のガチ部屋8割必勝講座 #2」不可解なデスに驚愕するM.K.Rさんと視聴者の皆さん
「[Splatoon]Aランクガチローラー勢のガチ部屋8割必勝講座 #2」不可解なデスに驚愕するM.K.Rさんと視聴者の皆さん

スプラトゥーン発売間もないころ、このラグを「ココア」というハンドルネームのプレイヤーが悪用して迷惑プレイをしていることが話題になっており、この動画は実際にどういう現象なのかを確認できる格好の参考例として再生数を伸ばしました。

が、ココア神拳を見る目的でM.K.Rさんの動画にたどり着いたはずなのに、その独特の喋りに呑み込まれM.K.Rさん自体のファンになった人も多かったことは想像にかたくありません。ぶりっ子キャラな裏声でふざけてプレイしていたM.K.Rさんでしたが……迷惑プレイヤー・ココアさんが使うラグローラー(ラグった武器・ローラー)の疑惑の判定でなぶり殺されるうちに、思わず素に戻る展開は必見です。

M.K.Rさんの出世作

その後、M.K.Rさんは人気実況プレイヤー・シンさん主催のスプラトゥーン『突発!実況者ナワバリバトル』に呼ばれて参加することになります。

当時、未だ“知る人ぞ知る”実況者感のあったM.K.Rさん。シンさんに誘われて企画に参加している事を知った時には、筆者のようなM.K.Rファンは喜ぶ半面「粗相をしないか」と不安にかられたものでしたが…。なんと彼は想像の遥か上をいく粗相(活躍)で期待に答え、この動画を機に一気にトップ実況プレイヤーとして実力と名前を轟かせることになりました。

「【実況】スプラトゥーン 実況者ナワバリバトル! M.K.R視点 前編」試合が切り替わったらテンションが激変しているM.K.Rさん
「【実況】スプラトゥーン 実況者ナワバリバトル! M.K.R視点 前編」試合が切り替わったらテンションが激変しているM.K.Rさん

この動画以降、M.K.Rさんは大人気実況プレイヤーの一人に名前を連ねる事となり今に至ります。「回線安定情緒不安定」「視聴者厳選」と動画のユーザータグで称されたその面白ハイテンションぶりは、ぜひ動画でご覧ください!

1
2
このエントリーをはてなブックマークに追加
野球クイズ
お笑いと音楽と漫画と昔話と映画と妖怪が好き。 目と耳が悪い。遠くの人や小声の人が苦手。