このエントリーをはてなブックマークに追加
シアタークリップ_バナー_3

現在、集英社「週刊少年ジャンプ」にて連載中の大人気バレーボール漫画「ハイキュー !!」の舞台版、ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」が11月14日(土)にAiiA 2.5 Theater Tokyoで幕を開けた。開幕に先駆け、初日当日、公開ゲネプロ(舞台稽古)が行われた。

■青春群像劇、演劇「ハイキュー!!」

バレーボールに魅せられた少年、日向翔陽(須賀健太)は、中学最初で最後の公式戦で、「コート上の王様」の異名を持つ天才プレイヤー、影山飛雄(木村達成)に惨敗。

リベンジを誓い烏野高校バレーボール部(排球部)の門を叩いた日向だが、そこにはライバル、影山の姿があった。日向が烏野高校で個性豊かな仲間たちとともに成長していく様子を描く青春群像劇。

■これまでにない映像との融合作品

今作、舞台上に投影された映像は、演劇におけるその概念を突き破った。これまでに上演されてきた演劇作品と一線を画し、ポイント的に使用するのなく、映像の中で生身の人間を生きさせる演出となった。

原作の色を反映し、全体を通し、ポップでキャッチーな作風。その魅力の多くを支えるものが、コートのネット、ホリゾント、床など、舞台上あらゆる所に投影された映像であった。しかし、映像単体として独立するではなく、美術セット、俳優と一体化することで、映像がなければ物語が全く成立しない、これまでにないエンタテインメント作品となった。

■日向翔陽、影山飛雄、避けながらも求め合い、やがて、なくてはならない存在へ

憧れだけで全力でひた走る、日向翔陽。孤高の1匹狼、影山飛雄。敵対する2人が、お互いに避けながらも求め合い、やがて、なくてはならない存在へ変わっていく。次第に成長していくこの2人の姿は、細かく順次追うことで、心に迫るものがあった。

もちろん、今作で中心となるのは彼ら2人だが、同じバレー部に在籍する月島 蛍(小坂涼太郎)、山口 忠(三浦海里)、田中龍之介(塩田康平)、西谷 夕(橋本祥平)、縁下 力(川原一馬)、澤村大地(田中啓太)、菅原孝支(猪野広樹)、東峰旭(冨森ジャスティン)ら各部員たちも日向と影山に関わることでバレーボールと再度向き合い、それぞれに抱えていた思いを克服。悩み、苦しみ、もがきながらも、仲間を信じることで成長していく姿を描いた。青春の甘酸っぱさが詰め込まれた作品となった。

演出、物語、この2つに圧倒され、2.5次元演劇もここまで来たのかと舌を巻いた。2.5次元演劇としてはもちろん、舞台作品の頂の景色を見た気がした。

シアタークリップでは、この舞台稽古(ゲネプロ)の様子を動画で一部公開。ぜひご覧ください!

★チケット購入へ


<ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」関連動画はこちら↓>

★須賀健太×木村達成特別対談 Part1

★須賀健太×木村達成特別対談 Part2

★囲み取材


ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」

<公演日>
東京公演:11月14日(土)~11月23日(月・祝) AiiA 2.5 Theater Tokyo
大阪公演:11月27日(金)~11月29日(日) シアターBRAVA!
宮城公演:12月5日(土)~12月6日(日) 多賀城市民会館 大ホール
東京凱旋公演:12月10日(木)~12月13日(日) AiiA 2.5 Theater Tokyo

<原作>
古舘春一「ハイキュー!!」(集英社「週刊少年ジャンプ」連載中)

<演出>
ウォーリー木下

<脚本>
中屋敷法仁

<出演>
須賀健太/木村達成/
小坂涼太郎 三浦海里 塩田康平 橋本祥平
川原一馬 田中啓太 猪野広樹 冨森ジャスティン/
遊馬晃祐 平田雄也 坂本康太 有澤樟太郎
和田雅成 齋藤健心 金井成大 畠山 遼/
山口賢人 坂口慎之介/
内田 滋 林 剛史

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」公式HP

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」公式Twitter


ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」
大千秋楽ライブビューイング

<開催日>
12月13日(日) 18:00開演

<チケット>
一般プレリザーブ:11月14日(土)11:00am~11月17日(火)10:59am
一般発売(先着順販売):11月21日(土)10:00am〜

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」ライブビューングHP

480d0ace-cf38-47f2-87c3-953ce271c6cb
画像を拡大
d82c8728-788b-4eb3-af0e-751994c12b19画像を拡大
96519941-5940-4270-913b-3ed0f59dfaac画像を拡大