無料スマートコミック&ノベルアプリ『comico』で「じわじわ来る面白さ」「意味が分からないのに笑える」と大人気連載中の不条理ギャグ漫画『スーパーショートコミックス』。そのアニメ版が11月より『GYAO!』にて配信開始。今回の記事では若年層を中心に話題を集めているシュールな本作について解説していく。

スーパーショートコミックスとは

『スーパーショートコミックス』無料スマートコミック&ノベルアプリ『comico』で連載されているオムニバス形式のギャグ漫画作品である。
作者は雨川きゅう2015年11月アニメ化。現在『GYAO!』にて独占配信されている。

『comico』はオリジナルの漫画作品を配信するアプリとしては国内最大のダウンロード数を誇り、2015年10月末時点で1100万ダウンロードを突破した。

シュールな内容が若い世代に人気の不条理ギャグ漫画

comico内のスーパーショートコミックスページTOP。
comico内のスーパーショートコミックスページTOP。

『スーパーショートコミックス』の特徴は、公式でも不条理漫画と謳われている通り、その形容しがたいシュールで独特な作品の空気だろう。

タイトル『乗るタイプの魔球』における1コマ
タイトル『乗るタイプの魔球』における1コマ

この作品は独立した短編を集めた、いわゆるオムニバス形式のギャグ漫画であり、ある程度起承転結に沿ったストーリーを展開するものもあれば、極端なものではタイトルと1コマだけというものもあるなど、パターンに囚われない自由な作風となっている。

ひざの摩擦がゼロになることで滑るように移動が出来る「ひざ期」の男性
ひざの摩擦がゼロになることで滑るように移動が出来る「ひざ期」の男性

内容としては喋るはずのないものが喋ったり、そこに普通はあるはずのないものがあったり、出来るはずのないことが当たり前に出来たりと、我々の常識を前提からことごとく覆してくる作品である。

こうしたシュールな作品の楽しみ方としては「あまり深く考えない」「心の中でツッコミを入れながら見る」「あるがままを受け入れる」など様々な方法があり、本作の読者はそれぞれ自分なりの楽しみ方を持っているらしい。

ひじの摩擦がゼロになることで滑るように移動が出来る「ひじ期」の男性
ひじの摩擦がゼロになることで滑るように移動が出来る「ひじ期」の男性

そのため熱心な読者の間でも、『スーパーショートコミックス』の中で一番のオススメ作品の話になると意見がバラバラになることが多いようだ。

豪華なスタッフ陣を取り揃えてのアニメ化

GYAO!内スーパーショートコミックススペシャルページ。
GYAO!内スーパーショートコミックススペシャルページ。

原作のシュールな雰囲気をアニメでどう表現するのか、という点に注目の集まるアニメ版「スーパーショートコミックス」だが、今回のアニメ化において目玉となっている部分が二つある。

アニメ「スーパーショートコミックス」の目玉その①:無駄に豪華な声優陣

まず1つが豪華声優陣の起用だ。第一話では梶裕貴石上静香浜田賢二、第二話では赤羽根健治加隈亜衣近藤孝行てらそままさき飛田展男山本希望といった具合に、人気・実力共に確かな現在第一線で活躍する声優を惜しみなく起用している。

田中くんと崩れた跳び箱の中から現れた大量の子ガニ。田中くんの担当声優は人気声優・梶裕貴さんだ
田中くんと崩れた跳び箱の中から現れた大量の子ガニ。田中くんの担当声優は人気声優・梶裕貴さんだ

中にはほんの一言しか喋らないようなキャラクターもいるが、そうしたキャラクターであっても人気声優が全力で演じているというのは、それ自体がシュールと言えるかもしれない。

1
2
シェア
鈴木隆
学歴は理系、趣味は文系、身体は体育会系。 握力58kg。同い年の現役消防団員に腕相撲で勝利した近距離パワー型ライター。