このエントリーをはてなブックマークに追加
シアタークリップ_バナー_3

士郎正宗原作による舞台「攻殻機動隊ARISE:GHOST is ALIVE」が、11月5日(木)に東京芸術劇場プレイハウスにて開幕した。

■ストーリー

士郎正宗の原作誕生から25周年を迎えた「攻殻機動隊」シリーズ。今回の舞台で描かれるのは、全4部からなる劇場アニメ「攻殻機動隊ARISE」の世界。

■日本で初めて3D映像を演出に取り入れる

舞台で3D映像を使用という新しい取り組みをみせる本公演を見に行くと、まず観客は当日貸出で専用のメガネを渡されるが、この体験自体が既に新しい。さらに、舞台上に設置されたスクリーンには、電脳空間をほうふつとさせる映像に、カーチェイスや燃えさかる炎など、様々な映像が立体的に映し出される。映像のクオリティそれ自体が高いことに加え、それを立体的に観客に表現するという挑戦に、舞台というジャンルの中に新しいエンターテインメントを垣間見た。

シアタークリップでは、舞台「攻殻機動隊ARISE:GHOST is ALIVE」のゲネプロ映像を公開。本公演は11月15日(日)まで東京芸術劇場 プレイハウスにて上演。当日券も全公演分用意されているので、この映像を見て、是非会場に足を運んでいただきたい。

★チケット購入へ


「攻殻機動隊ARISE:GHOST is ALIVE」

<公演日>
11月5日(木)~11月15日(日)  東京芸術劇場プレイハウス

<原作>
士郎正宗

<監修>
冲方 丁

<演出>
奥秀太郎

<脚本>
藤咲淳一

<出演>
八神 蓮、青野 楓、兼崎健太郎
伊阪達也、井深克彦、塾 一久、松村龍之介、松崎 裕
髙崎俊吾、護あさな、吉川麻美、桃瀬美咲、南 圭介 他

<製作>
攻殻機動隊 ARISE STAGE PROJECT


画像を拡大

舞台「攻殻機動隊ARISE:GHOST is ALIVE」公式HP

舞台「攻殻機動隊ARISE:GHOST is ALIVE」公式Twitter

舞台「攻殻機動隊ARISE:GHOST is ALIVE」公式Facebook