このエントリーをはてなブックマークに追加
歌い手「そらる」氏は、しっとりとした歌唱法から「低音イケボ(イケメンボイス)」の異名をとる人気シンガーです。ていねいな歌い方は時にセクシーであり、特に女性ファンが多いようです。アップロードされた「歌ってみた」動画は軽く200本を超え、100万再生を何度となく達成、またCD発売やライブ出演など積極的な活動を続けています。そこで今回はそらる氏に注目し、プロフィールや代表曲などを追っていこうと思います!

 そらる氏のプロフィール紹介

「そらろん」でカバーした「マトリョシカ」より。
「そらろん」でカバーした「マトリョシカ」より。

そらる氏は宮城県出身で1988年生まれ、誕生日は11月3日で、年齢は26歳(原稿執筆時点)、血液型はO型身長176センチ、体重56キロとのことです。

ブログ公式サイトで公開している画像は横顔だけですが、顔出し写真が自身のツイッターなどで限定的に公開されるほか、現在では雑誌に掲載されたりライブに出演したりするなど活動を通していろいろな画像を見ることができます。

「そらる」という名前は「空を眺めるのが好きだから」ということですが、本名については非公開でいろいろな憶測が飛び交いました。むしろ「そらる」が本名だろうというところで落ち着いているようです。

公式な愛称は「そらるん」ですが、ゆるい系イケメンなルックスと落ち着いた声質から「王子様」と呼ばれることもしばしば。 歌い手「ノラ船長」氏と声質が似ており「兄弟か?」とうわさされたこともありますが、単に声が似ているというだけでした。そらる氏には弟が2人、妹が1人いらっしゃるようですが、歌い手としての活動はしていません。

それではそらる氏の「低音イケボ」をチェックしてみましょう。

「夜咄ディセイブ 歌ってみた【そらる】」より
「夜咄ディセイブ 歌ってみた【そらる】」より

【ニコニコ動画】モザイクロール 歌ってみた【そらる】

2010年7月公開。そらる氏自己最高となる、再生回数180万を超える人気動画です。

この動画ではボーカルにエフェクト処理を施しており、ボカロ的なニュアンスが加えられています。音程を補正する処理を強力に施すとこのようないわゆる「ケロケロボイス」となり、その音の面白さから近年多くのアーティストがCDに採用しています。

ではそらる氏は補正しなければならないほど音程を外すのかというと、他の動画を視聴する限り決してそうではなく、あくまでも表現の手法として用いているようです。

【ニコニコ動画】ブリキノダンス 歌ってみた【そらる】



2013年10月公開。本来女性シンガーが歌うことを想定している曲を自分のキーにまで落として歌っていることから、そらる氏の声は「低音」といわれることが多いようです。

しかし女声曲を男性が歌う際に1音半程度下げるのはむしろ常識的なことであり、そらる氏の声は決して低いわけではありません。 この曲は人間が再現することが果たして本当に可能なのか、疑問に思ってしまうほど早口のボーカルが続きます。

息継ぎの間もほとんどないので実際に歌うのは本当に大変だと思いますが、制作の際にはゆっくり歌ったものの再生速度を上げて、曲に合わせたのではないかと思います。

【ニコニコ動画】夜咄ディセイブ 歌ってみた【そらる】

2013年2月公開。この曲自体は移調していませんが、そらる氏は原曲よりちょうど1オクターブ下で歌っています。

強烈なプッシュのある楽曲に対し、ゆとりのある音域で落ち着いて歌うことで、絶妙な対比ができあがっていますね。このような動画を視聴すると、たしかに「低音イケボ」という異名も言いえて妙だと思わされます。