このエントリーをはてなブックマークに追加

恐怖は終わらない!Five Nights at Freddy’sはゲームを飛び出して……ついに映画化!!

シリーズ1で、無事1週間を生き延びてもそこで安心はできません。Freddy Fazbear’s Pizza(フレディーズ ファズベアーズ ピザ)には、誰も知らない闇に包まれた秘密があったのです。恐怖は終わらない!

FNaFは、現在シリーズ4作目まで公開されています。1作ごとに舞台は異なりますが、どの作品でも心臓を鷲づかみにされるような経験と、新鮮な恐怖を感じさせてくれます。
各シリーズの実況動画もご紹介しましょう!

初代FNaFの舞台であるFreddy Fazbear’s Pizzaと同じ舞台で、時系列的には過去を描くFNaF2。1の頃に比べて、まだ経営が傾いていないピザ屋では、人形たちも心なしかキュートです。



そこから30年後、一連の事件をネタにしたホラーハウスを舞台にしたFNaF3。一連の事件の発端とも言える、FNaF2と同時期に起きていた悲しく残酷な出来事を描いた、悪夢にしてシリーズ最終作と銘打たれたFNaF4。

シリーズを通して、恐怖のピザ屋の運営会社であるFazbear Entertainment(ファズベアー エンターテインメント)社を取り巻く忌まわしい事件の全貌が少しずつ明らかになっていき、ファンたちの間では様々な考察がネット上で活発に飛び交っています。

最初の事件の犯人は?人形たちはなぜ動き出すようになったのか?

ゲームが完結してからも冷めやらぬファンたちの熱が伝わったのか、ついにFNaFがゲームを飛び出して新たな形で表現されることが決まりました。あのワーナー・ブラザーズがFNaFの映画化権を取得したというニュースが今年の4月に報じられたのです。

監督として「モンスター・ハウス」のギル・ケナン、ハリウッド版「リング」にも関わったロイ・リーなどが製作陣として発表されており、まだまだ詳しいことは明らかになってはいない状態ですが、まさか個人製作のゲームがハリウッド映画になるなんて、とファンたちの間でも驚きの声が聞かれました。

vamos a la playa

Gil Kenanさん(@gilkenan)が投稿した動画 –

監督のギル・ケナン氏のTwitterやInstagramには、製作が着々と進んでいることをほのめかすような投稿がアップされ、ファンたちの期待をかきたてています。映画に出てくる人形たちも物凄く怖そうですね…!!

原作者のスコット・コーソン氏は「この物語は本当に映画に向いている。そして、多くの人々が未踏であろうたくさんのニッチな恐怖に、心を通わせることだろう。」とコメント。ゲームをそのまま映画にしても満足感のある作品になることでしょうが、そこをどうハリウッドが料理して魅せてくれるか、非常に楽しみですね。

それではどうぞ、フレディと良い夜を!

Freddy

今後も目が離せないFNaFですが、原作者のスコット氏はSNSアカウントを所持しておらず、今後のゲームに関する情報はSteamというPCゲームのダウンロードサイトでの掲示板か、自身のHP隠しメッセージで公開されます。

FNaF

この一見なんのメッセージもないサイトですが、画像編集ソフトなどで色調等を加工すると、、、

FNaF

このように隠しメッセージが現れるのです!暗号を読み解いているみたいで、なんだかワクワクしますね!

単なるホラーゲームにとどまらず、謎が少しずつ明かされていく興奮も満載のFive Nights at Freddy’s。このFNaFを遊んで自ら体験するも良し、自分でプレイするのが怖い方はゲーム実況者と視聴者たちとともに考察しあいながら体験するもよし。様々な楽しみ方で、ファズベアーたちと素敵な夜をお過ごしください。

image byニコニコ動画

1
2
このエントリーをはてなブックマークに追加
taaaama
本業であるSEのかたわら、ライターとしても仕事させていただいております。 好きなことをコツコツと。苦手なこともコツコツと。