このエントリーをはてなブックマークに追加
インターネットの動画サイトでよく目にする「MAD」あるいは「MAD動画」。いったいどういうものなのでしょうか? あるいは、ご存知であっても、「アニメをそのまま見たほうが面白いじゃん」と思われる向きもあるかも知れません。けど、ハマると意外と楽しいもの。よく知らない方にも楽しんでいただきたけるように、MAD動画とその面白さについて簡単にご説明したいと思います。

MAD動画とは

まず、「MAD」という言葉。そのまま「狂った」「ばかげた」というような意味の英単語から来ています。マッドサイエンティストのマッドと一緒です。

様々な種類がありますが、共通点としては、おおよそ、「映像や音声をつぎはぎ合成した動画」くらいのものと言えるでしょう。いくつかの種類にわけてご紹介しましょう。

ちなみにこちらの記事では、MAD動画の名作について解説しています!

アニメMAD

多分、MAD動画といった時に真っ先にイメージされるのがこのMADだと思います。
アニメの映像を切り貼り編集した上で、音楽に合わせてPVやアニメのOP/ED風にしたものが多くなっています。



動画は「ハルふぃぎゅあっと」と題されたもの。アニメ涼宮ハルヒの憂鬱の映像を編集した上で、『ふぃぎゅ@メイト』というゲームのテーマソング『ガチャガチャきゅ〜と・ふぃぎゅ@メイト』に合わせたもの。

音楽に合わせたものではなく、本来のアニメとは別のストーリーになるように編集したものも多く見られます。

動画はこちらも『涼宮ハルヒの憂鬱』より。主人公である涼宮ハルヒが、友人キャラの長門有希に対して、クーラーをやらせるという意味のわからないストーリーが展開されている(ように編集している)。

手書きMAD

素材ありきのはずのMAD動画が手書きというのは矛盾しているようですが、素材のキャラクターだけを別のキャラクターに差し替える場合などに、作成者自ら手書きで書いてしまっているものです。

構成や構図は元ネタを参照できるとはいえ、作画に関しては一から作るので、非常に大変な手間がかかります。また、作者の絵を描く能力が問われることにもなるジャンルです。



動画は『【ニコニコ動画】【初音ミク】家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』というボカロ曲のPV。ほぼ日PというボカロPが作った映像です。
この動画を元に、絵を書き直したMADがこちら。

ボーカロイドの初音ミクと、同じくボーカロイドのカイトに差し替え、さらにストーリー仕立てにしたものです。切り貼りというよりは一種の創作じみていますが、広義のMADに含まれています。

この他、日常ほのぼの系アニメのOPを、キャラクターだけ殺伐としたアニメに差し替えるというような(逆も然り)、ギャップを楽しむ手書きMADが多いように思われます。


1
2
3
このエントリーをはてなブックマークに追加
野球クイズ
お笑いと音楽と漫画と昔話と映画と妖怪が好き。 目と耳が悪い。遠くの人や小声の人が苦手。