ニコニコ動画などで人気の「歌ってみた」動画はいわばカヴァー・ソングだ。なかでもファンが多く、再生回数でミリオンを連発する歌い手「96猫」について紹介する。

96猫のプロフィール

歌ってみた歴9年の96猫(読み方は、クロネコ)の簡単なプロフィールから。

生年月日は平成5年3月30日だから、平成27年のいまの年齢は22だ。出身地は大阪。血液型はO型。ちょっと特徴的なのが身長で143.2cmとなっている。はじめて96猫に接すると、性別を確認したがる人が多いが女性だ。


顔も気になる人も多いようだけど、96猫としては基本、顔出しNGのようだ。ブログにアップしている写真では隠している。ツイッターに載せている画像は片目と金髪だけがわかるようになっている。

その他、顔写真を撮られる可能性がある場では、前髪で大半を隠し、マスクをしている。
動画だと、手での出演は確認できる。

けれども96猫はもともと歌い手名義「96猫」とニコ生での生主名義「響希ナツメ」を使い分けていて、ナツメ時代の顔出し写真はネットで検索すれば見つかる。

しかし、2010年7月25日以降、「96猫」に名義を統一した時点で声で勝負することにしたのだと思われる。顔を見たがるのは野暮というものだろう。

96猫の歌ってみた動画と歌声について

「歌ってみた」動画はその名の通り、すでに存在する歌を歌ってみた動画。つまり、カラオケ同様、「ご本家様」が存在する。そして、ご本家様はご本家様で、ファンたちから名曲と崇められているわけ。

だから、声や歌唱に本家様並みの魅力がなければ、存在価値はないと言っていい。そんな中、96猫はうまく96猫なりのオリジナリティを出した歌ってみた動画をアップしている。


作業BGMとして96猫メドレーがアップされるほど、その歌声にハマる人が多いのはなぜか。
大きなポイントに、中性的な声というのがある。


声質の問題だけでない。演出として男性役のセリフをしゃべることもあるので、ますます境界があいまいになり、
「かっこいい」
イケボっ」

といったコメントがあふれることになる。歌唱スタイルが和製ディーバ系なので、女声として聴いても、
「かっこいい」
ってことになるのが強みだろう。

1
2
シェア
RJラボ
株式会社RJ所属のライティング・ユニット。ハウトゥ本を中心に幅広く執筆。メンバーは雑誌や単行本へも寄稿、編集者からの評価も高い。得意分野は音楽・映画・マンガ・恋愛・ビジネスなど。⇒公式ブログはこちら