ソシャゲー(ソーシャルゲーム)の代表作である「パズドラ」の攻略動画で人気のマックスむらい。YouTuberとして知られるが、ニコ生(ニコニコ生放送)その他のメディアでも活躍。そのプロフィールを紹介する。

まずは大人気ソーシャルゲーム「パズドラ」について

ソーシャルゲーム(Social network game)はオンラインゲームの形で、SNS上で提供される。ゲーム業界が一方で高度化していく反動として、短時間で気楽に遊べるものが主流になっている。

そのなかでも、ジャンル自体をひっぱるほど人気があるのが2012年登場の「パズドラ」こと「パズル&ドラゴンズ」だ。他に2013年登場の「モンスト」こと「モンスターストライク」などがある。

パズドラは「モンスターを育ててパズルでバトルする新感覚パズルRPG」とうたっている。この手のゲームの特徴として、スマートフォンの無料アプリとして遊べ、有料アイテムを購入すれば、より有利に展開できる仕組みになっている。

プレイヤーはモンスターで構成されるパーティを編成し、ダンジョンへ潜入する。パズドラIDを交換してフレンド募集するなどのソーシャル要素もある。YouTubeなどでプレイ動画・攻略動画がよくアップされている。

パズドラ動画界で人気のYouTuber・マックスむらいとは

数あるパズドラ動画のなかでも、とくに人気なのがマックスむらいの動画だ。

YouTubeのチャンネル登録者数は140万人を突破。ツイッターのフォロワー数は124万人に達する。動画の基本スタイルは、見てもらえばわかるように、画面右にマックスむらいの表情と操作している姿(いわゆるバストショット)を映し、左に操作中のゲーム画面を映すという形式になっている。これにスタッフとの会話がからむ。

いちばんの見物は真剣な表情で、この表情とコメントの内容から、「マックスむらいは、パズドラが本当に好きなんだなあ」とファンは感じて好感をもっているようだ。

マインクラフトなど、他のゲームを実況することももちろんある。
パズドラ以外のゲームであっても、基本的に顔出しでとても楽しそうにプレイするのが印象的だ。



 

1
2
シェア
RJラボ
株式会社RJ所属のライティング・ユニット。ハウトゥ本を中心に幅広く執筆。メンバーは雑誌や単行本へも寄稿、編集者からの評価も高い。得意分野は音楽・映画・マンガ・恋愛・ビジネスなど。⇒公式ブログはこちら