このエントリーをはてなブックマークに追加
ドナルドのCMでの露出は2007年6月以降、ほとんどなくなった。時代の移り変わりってやつだ。故意か偶然か、それと入れ替わるようにドナルドMADが盛り上がる。
ニコニコ動画はネット上に独特の文化を築いてきた。そのひとつがMAD動画と言われるジャンル。例として、初期から人気のMADとして知られる『M.C.ドナルドはダンスに夢中なのか?最終鬼畜道化師ドナルド・M』という動画を紹介しよう。それとあわせて、ドナルドのニコニコ動画での人気ぶりを紹介する。

『M.C.ドナルドはダンスに夢中なのか?』はどういう動画なのか

MAD動画とは、本来無関係の映像と音声(楽曲)を組み合わせ、編集し、新しいコンテンツにしたもの。いわゆる二次創作物になる。このMADの主要ジャンルにドナルドMADがある。ご存じマクドナルドのキャラクターであるドナルドを使ったMAD動画だ。

『ドナルドはダンスに夢中なのか?最終鬼畜道化師ドナルド・M』はその代表作である。ニコニコ動画において1200万再生を突破している。百聞は一見に如かずで、見てもらうのがいちばん手っ取り早い。理屈じゃなく、MAD動画を理解できる。

いちおう解説しておくと、実際にドナルドがこんなふうに踊っている動画があるわけではなく、BGMの音のタイミングに合わせて、ドナルドの映像を編集し、踊っているように見せているわけだ。

音楽の元ネタは東方紅魔郷というゲームのBGM「U.N.オーエンは彼女なのか?」というインスト曲とそこから派生した「最終鬼畜妹フランドール・S」。

マクドナルドのドナルドの歴史

世界的なハンバーガー・チェーン「マクドナルド」の2代目のマスコット・キャラクター「ドナルド・マクドナルド」。これは日本式の呼び名で、本国アメリカではロナルド・マクドナルド。ロナルドの方は1963年に誕生した。

日本でドナルドの活躍がはじまるのは1970年代から。三次元の姿でTVCMに登場したり、イラストの形で広告クリエイティブに使われた。赤と白のボーダーと黄色を組み合わせたファッションでおなじみ、子供たちの人気者だ……と思っているのは、じつは「昔の子供」だけかもしれない。

ドナルドのCMでの露出は2007年6月以降、ほとんどなくなった。時代の移り変わりってやつだ。故意か偶然か、それと入れ替わるようにドナルドMADが盛り上がる。