ニコニコ動画など動画サイトで今大流行している、楽曲をカラオケしたものを投稿する「歌ってみた」動画。この歌ってみた動画とはどういったものなのかについて、今さら聞けない超初心者向けに分かりやすく紹介したいと思います!

「歌ってみた」とは?

「歌ってみた」とは、カラオケ音源に合わせて歌う、歌のない曲に歌詞をつけて歌う、オリジナルソングを歌う、替え歌を歌うなど、何かしらの曲を自分の歌声で歌って投稿された動画のこと。

ニコニコ動画のカテゴリの一つにもなっており、この「歌ってみた」カテゴリで歌ってみた動画を投稿している人は「歌い手」と呼ばれています。



音楽経験が無い人でも、歌ってみた動画を投稿すればだれでも「歌い手」。 中にはプロの歌手として商業で活躍している人が「歌い手」として動画を上げたり、逆に「歌い手」活動をきっかけにプロの歌手としてデビューする例もあります。

どんな曲が歌われているの?

ニコニコ動画に投稿されたボーカロイドを使って作られた曲(いわゆるボカロ曲)や、ニコニコ動画で人気のアニメ系・ゲーム系のテーマソングをカバーして歌ってみた投稿が、現在の歌ってみた動画の多くを占めています。

ボカロ曲はともかく(非商業作品であることが多いため)、アニメソング・ゲームソングとなると、歌った動画を投稿すると著作権法違反になるのでは…?と疑問に思うかもしれませんが、実は著作権に関しては以下のような契約がニコニコ動画と著作権管理会社間でなされているため、条件を守れば自由に歌うことができちゃうんです。

著作権について
市販の楽曲で「歌ってみた」を行うのは本来著作権法に触れる行為だが、ニコニコ動画ではJASRAC・イーライセンス・JRCの著作権管理会社3社と包括契約を結んでいるため、これらの会社が管理している楽曲は原曲の音源やPVなどをそのまま使わなければニコニコ動画上においては問題にならない。「演奏してみた」も同様。
ちなみに、YouTubeでもこの3社と同じ内容の包括契約を結んでいる。つまり、YouTubeでも同様に問題にならない。

引用元:ニコニコ大百科

こういった後ろ盾もあり、ニコニコ動画で「歌ってみた」は大変盛んな文化になっています!
また「歌ってみた」支援のために、オフボーカルの楽曲にカラオケ風の字幕をつけて歌いやすくした、ニコカラ動画(ニコニコカラオケDB)を作る動画投稿者も。


今回は、歌ってみたの中でも比較的ポピュラーなボカロ曲を歌ってみた動画、【ボカロオリジナルを歌ってみた】を取り上げて、どんな動画があるのか具体例を紹介しようと思います。

歌ってみた動画の具体例

こちらはボカロP「ryo(supercell)」さんが投稿した、初音ミクを使ったボカロ曲「初めての恋が終わる時」。

こちらの投稿コメント欄にちょっと注目して欲しいのですが、

初音ミクがオリジナル曲を歌ってくれたよ「初めての恋が終わる時」
うお、帰ってきたら100万再生とな!たくさん聴いてくれてありがとうごじます。 口にしないで伝わるなら苦労しない。でも苦悩した事自体は案外捨てたものじゃありません。
mp3→http://supercell.sc/music/hko.zip
hp→http://supercell.sc/hko/ mylist/3291521
イラスト 三輪士郎    動画編集 マクー    音楽 ryo

引用元:初めての恋が終わる時

楽曲のオフボーカル音源のダウンロードリンクを載せています!
ボカロ曲はこんな感じで、本家はボーカロイドによる歌唱だけれども、人が自由に「歌ってみた」をしてくれても構わないというスタンスを取っていることが多いです。

これを受けて、歌い手「ちょうちょ」さんが「初めての恋が終わる時」を歌ってみた動画がこちら。


「初めての恋が終わる時」はちょうちょさん以外にも様々な人が歌ってみた動画を上げており、なんとニコニコ動画内だけで約1000件以上も存在します!

別記事にて解説していますが、そもそもボーカロイドは趣味で音楽制作をしている人がボーカル曲を作りたい時、人間のボーカルの代わりに歌ってくれる音源として開発されました。

いまやボーカロイドのキャラが立ちすぎて、ボカロ曲という一大ジャンルと化してしまってはいるのですが………人間のボーカル担当者が見つからない人のためのソフトというそもそもを考えれば、ボカロ曲から派生して人間による歌ってみた動画が作られる(ボーカルを担当してくれる人が現れる)、という流れは音楽制作者にとっては願ったり叶ったりではないでしょうか。

1
2
3
4
シェア
ミイ
鳥っぽいキャラが好き。鳥料理も好き。ステキ。鳥貴族。