元・日本テレビのアナウンサーで、現在はフリーアナウンサーの脊山麻理子(せやま まりこ)さんが、今年(2015年)の9月に、セカンドDVD「永遠の青春白書35夏」の発売イ­ベントをおこないました。

脊山さんは、現在35歳です。

35歳で、セーラー服でプールに入ったり、競泳水着姿(!)や、白のビキニ姿を披露しているDVDを発売するのは、わりと(というかとても)珍しいことのようで、各メディアがこぞって取り上げていました。

ちなみに、脊山さんのご自慢は「くびれ」だそうです。

20代後半の女性とお話をしていると、たいていの場合「あたしはもうアラサーだから」と、少々あきらめムードが会話に出てきます。30代前半の女性とお話をしていても、「あたしはもう30代だし」と、あきらめムードが。

でも、ごく少数ではあるにせよ、「女性の30代は、仕事も恋愛も楽しい。40代になるともっと楽しい」と言う女性もいます。

35歳を過ぎた女性ができないこと

35歳を過ぎた女性ができないことといえば、1Gの重力に抗えないことくらいではないかと思います。もう35歳もなにも、青春を過ぎると、だれしも、地球で暮らしている限り、抗えないですよね。

張りのあるおっぱいが好きという男性は多いですが、張りより感度だと主張する男もたくさんいます。だから1Gに抗うなんて、宇宙人もびっくりするようなことをしなくったて、べつにいいと言えます。

出産は?

一般的には35歳を過ぎると妊娠しづらくなると言われているようですが、ひとによっては35歳を過ぎて子どもを授かることだってありますよね。

ほかにできないことはないのか? と言われたら、脊山さんを見つつ、あるいは取材でお話をお聞かせくださったアラフォー・アラフィフの女性たちを見つつ、なにもないと答えるしかない。

35歳を過ぎた女性ができること

35歳を過ぎても恋はできる。むしろ恋が楽しくなると、アラフォーの女性たちは言います。

楽しくなる理由はいろいろあります。

エッチが急に楽しくなったという理由も聞きました。あるいは、若いころに比べて、男性心理が理解できるようになったので楽しくなったというご意見もありました。

脊山さんは、35歳で離婚して、「未来に向かって前向きな気持ちでいっぱいで、なにかが吹っ切れた様子だった」と報じられています。

で、ま、この笑顔ということなのでしょう。

<次ページ:なにが35歳(女)を前向きにさせるのか?>

1
2
シェア
ひとみしょう
作詞家・コピーライター・広告プランナーを経て、専業文筆家に。小学館 『Menjoy!』 での連載を経て、『ANGIE』初代編集長に就任(14年7月まで)。コラムの受賞歴多数。現在、連載9本を抱える。