このエントリーをはてなブックマークに追加


すぴ豊です。10月に入りました。日本でもすっかり定着したハロウィンの季節です!昨年、アナ雪のかっこうをしている女の子が多かったですが、今年は、年末に映画公開が控えているので“スター・ウォーズ” 系の仮装(コスプレ)をする方も多いと思います。

一方アメコミのかっこうをする人も増えています。

大島優子さんが「アベンジャーズ:エイジ オブ ウルトロン」のコスプレ姿をお披露目して話題になったり、アイアンマンとかも見かけるようになりましたから。

そして今年はバットマンも増えるでしょう!なんといっても来年「バットマンVSスーパーマン:ジャスティスの誕生」がいよいよ封切られるわけですから、バットマン人気もいつになく盛り上がっているのです!!

ちなみに今回主役のバットマンとスーパーマン、最近デビュー75周年を迎えたそうですよ!

今日はこの作品を2回にわたってとりあげましょう。

スーパーマンとバットマンが共演!?

ジャスティス

ある人から、「バットマン VS スーパーマン:ジャスティスの誕生」というタイトルを聞いて、そもそもなぜ2人が戦うのか?という最もな質問をいただきました。

それ以前に、なぜこの2人が共演できるのか?と。

アメコミは、原則出版社がキャラの権利を持っており、スーパーヒーロー物の場合、同じ世界観の中でのお話ということになっています。だから共演させることが出来るのです。

アイアンマンキャプテン・アメリカマイティ・ソーは、マーベル・コミックに所属するヒーローであり(かつ映画製作会社も同じなので)「アベンジャーズ」が可能になるわけですね。

さて、マーベルに対してDCコミックスというアメコミの最強のブランドがあって、ここにスーパーマン、バットマンが属しており、彼らは共演出来るわけです。(このあたりは前回のコラムをご参照ください)

DC
スーパーマンとバットマンが属するDCコミックス

意外なのは、コミックの方でバットマンとスーパーマンが共演するエピソードは多いのですが、実写映画でこの2人の共演は今回が初めてとなります。

もっとも「バットマン&ロビン:Mr.フリーズの逆襲」という映画の中で、ぶーすかぶーすか言うロビンに対し、バットマンが「やれやれスーパーマンが一人でいる理由がわかった」みたいなセリフを言うシーンがあったし、また映画「スーパーマン・リターンズ」では、ニュースの中で“ゴッサム”(バットマンのホームタウン)の名前が出てきたり、していたのですが。

バットマン&ロビン~Mr.フリーズの逆襲!!~ [DVD]スーパーマン リターンズ [DVD]

そして「マン オブ スティール」の中で、バットマンことブルース・ウェインの会社であるウェイン・エンタープライズのロゴや、バットマンの存在を匂わせる落書き(これいまだに僕は目視で確認できず)がちりばめられており、映画「マン オブ スティール」で描かれた世界に、バットマンは存在していると示唆されていました。

マン・オブ・スティール(初回生産限定スペシャル・パッケージ) [DVD]

今回の「バットマン VS スーパーマン:ジャスティスの誕生」は、事実上の「マン オブ スティール」の続編でもあり、だからここにバットマンが登場するわけです。

なおウィル・スミス出演のサバイバルSF映画「アイ アム レジェンド」では、無人の街となった近未来のNYが出てきますが、その街並みに“スーパーマンとバットマンの共演した映画が公開された”ことを匂わせる看板が出てきます。(これは、まあお遊びなんですが)

アイ・アム・レジェンド 特別版(2枚組) [DVD]

<次のページ:実はもう○○で共演していた2人!>

1
2
3
このエントリーをはてなブックマークに追加
杉山すぴ豊
アメキャラ系ライターの肩書で、アメコミ映画についての啓蒙活動を雑誌・新聞・テレビ・ラジオ・WEB・イベントにて行う。幼少のころ歌舞伎座の舞台に立ち 映画「劇場版サラリーマンNEO(笑)」にも出演。「ガメラ3 邪神<イリス>覚醒」のタイトル考案者です。エマ・ストーン嬢に「あなた日本のスパイダーマンね」と言われ「バイオハザード:アポカリプス」のジル役のシエンナ・ギロリー様に「あなたがゾンビだったら私は助けてあげる」と言われたことが自慢(笑)