最強の5人組℃-ute
気温の寒暖差で風邪などひかれていませんでしょうか?そんな時はアイドルソングを聴けば一気に元気になります。(あくまで個人の見解です)「超私的!聴いておくべきアイドルソング」第14弾。今回は現在Hello! Projectの最年長グループ℃-uteの『悲しきヘブン』です。(℃-uteを取り上げるのが遅いよ!とは言わないでください)

メインとハモリが目まぐるしく入れ替わるテクニカルな曲

チョーかっこいい!そしてこの美しいハモリ!『悲しきヘブン』は2012年9月5日メジャー19枚目のシングル『会いたい 会いたい 会いたいな』のカップリングに収録され、2014年7月16日にSingle Versionとしてアレンジを変えて再録音され、シングルとして発売されました。

主に歌っているのは鈴木愛理と岡井千聖の2人。℃-uteの中でもボーカル組とダンス組が分かれている非常に珍しい楽曲です。しかもこの2人、よく聴いていただけると分かると思うのですが、曲の途中でメイン歌唱とハモリが目まぐるしく入れ替わりながら歌っているんです。

鈴木愛理と岡井千聖の見事なボーカル
鈴木愛理と岡井千聖の見事なボーカル

普通はメインが曲中ずっとメイン、ハモリがずっとハモリという役割分担が多いのですが、それを平然とやってのける圧倒的なスキル。こちらのLIVEバージョンを見ていただけるとより分かると思います。

めちゃくちゃ凄くないですか?
例えば冒頭は【流れ星 願いを込めれば 君に伝わるの(鈴木ハモ・岡井メイン この街は 孤独な程(鈴木メイン・岡井ハモ 景色に溶け込んでく(鈴木ハモ・岡井メイン】といったパート割りになっています。
試しにやってみてください。めちゃくちゃ難しいですから。

曲中でメインとハモリが入れ替わる
曲中でメインとハモリが入れ替わる

また立ち振る舞いのカッコよさですよ!℃-uteは全員のスキルがハンパない!5人の誰がセンターに来た陣形をとってもカッコいいんです。全アイドルが憧れるアイドルというのがよく分かります。

結成9年目にたどり着いた女戦士

℃-uteは、2005年当時ハロプロキッズ(現ハロプロ研修生)15名の中から、Berryz工房に選ばれなかった7名で結成。Berryz工房が2004年に結成されていたので、当時は相当悔しい思いと、ようやく結成された嬉しい思いでいっぱいだったことでしょう。(まいまいなんか結成時9歳ですよ!)

まいまいも大人になりました
まいまいも大人になりました

その後、有原栞菜の加入、村上愛の卒業があり、2007年に『桜チラリ』でメジャーデビュー。3枚目のシングル『都会っ子 純情』が第49回日本レコード大賞にて、最優秀新人賞を受賞します。2009年に有原栞菜と梅田えりかが卒業し、現在の5人体制に。Berryz工房と共に切磋琢磨し合いスキルを高めていった5人は、2013年ついに日本武道館にたどり着きます。(なんといきなり9月9日と10日の2DAYS)

結成以来毎年、9月10日は「℃-uteの日」としてイベントを行ってきたのですが、この年は武道館公演。また、直前に発売されたアルバム「⑧ Queen of J-POP」に収録されている『たどり着いた女戦士』が、その時の5人を感情を歌ったような楽曲で泣けるんです。ホントつんく♂さん天才!

<次のページ:アイドル界No.1のパフォーマンス>

1
2
シェア
ゴッシー
テレビやイベントの構成作家をやっております。 基本的にはネガティブ。 よく出没する場所は六本木、新宿、半蔵門。 ヤンキー怖い。