hikakin_2
最近ではCM出演や専門の事務所が設立される等、すっかりお馴染になった「YouTuber(ユーチューバー)」達。その中でも日本でYouTuberを定着させたパイオニア、「HIKAKIN(ヒカキン)」さんが過去の自身の動画をセルフリメイクし、話題になっています!

そもそも「HIKAKIN(ヒカキン)」ってどんな人?

ヒカキンさんは、2006年に、口や鼻からの発声だけでDJプレイをする”ヒューマンビートボックス”の動画をYouTubeに投稿したのがきっかけで、今や動画の総アクセス数は14億回を突破、チャンネル登録者数は計470万人以上、月間アクセス数は1億回を超える名実ともに日本一のYoutuber。

普段の動画では新商品の紹介動画やゲームの実況等を投稿しています。
以前はスーパーで働きながら動画投稿を続けていましたが、2012年からはYouTuberとしての活動に専念し、2013年にはYouTuber専門の芸能プロダクション・UUUM株式会社を設立!
実の兄であるSEIKIN(セイキン)さんもYouTuberとして活動しています。ちなみに、好きな飲み物はピルクルだそうです。

ヒカキンさんが普段投稿している動画は、こんな感じ。

顔が・・・。画面越しでも酸っぱさが十分伝わってきます・・・。

 自身のヒューマンビートボックス動画をセルフリメイク!

今回の動画は2007年、ヒカキンさんがまだまだ無名な頃に投稿した、ヒューマンビートボックスの演奏動画を自身でリメイクしたもの。
最近はめっきり、商品紹介動画やゲーム実況動画がメインになっていたヒカキンさんですが、本来の彼は日本トップレベルのヒューマンビートボクサー!

2007年に投稿されたたHIKAKIN Beatboxの動画はこちら。

対して、今回リメイクしたバージョンの動画はこちら!「HIKAKIN Beatbox 2015 ver.」。

服装にカメラワークや画質も、当時の動画を意識しているのがニクいですね。
ビートボックスに全く精通していないライターが聞いても、明らかに全体的に力強くなっている気がしました!
音だけ聞いていると、本当に一人の人間の口から出ているとは思えないくらいの音の種類で、まさに圧巻の一言・・・。

Twitterではこんな声が!

今回の動画を見たヒカキンファンのみならず、ネットユーザーからも絶賛の声が上がっています!

昔のファンからは「やっぱヒカキンはBeatBoxだよな~」といった声も。

やっぱりヒカキンってすごい!

エアロスミスと共演するなど、YouTubeを飛び出し世界的にも活躍されているHIKAKINさんですが、こういった下積み時代があったんですね!
好きなこともコツコツ続けていれば、いつかビッグになれる・・・かも!?

image by YouTube

シェア
dora 編集部
スマホ世代の動画文化を紹介するサイトです。 動画大好きなティーン世代の間で「今、これが流行ってる!」という『文化』『人』『動画』の最新情報をお届けします!