このエントリーをはてなブックマークに追加
5人組から2人組となったDorothy Little Happy
暑い日が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか?「超私的!聴いておくべきアイドルソング」第9弾。今回は、先日ツアーファイナルの中野サンプラザ公演をもって5人組から2人組へとなり、卒業した3人は新たなユニット「callme」のメンバーとして活動するという大転換を行ったDorothy Little Happyの『デモサヨナラ』です。

Dorothy Little Happyは2人組に。残り3人はcallmeを結成!

ん?どういうこと?って思った方も多いと思うので、先にグループの説明から。Dorothy Little Happyは2010年に仙台でKANA、MARI、MICHIYO、MIMORI、RUUNAの5人組として結成。その後MICHIYOが活動休止し、新たにKOUMIが下部組織より昇格。この5人で活動してきましたが、7月の中野サンプラザ公演を持ってMIMORI、RUUNA、KOUMIがDorothy Little Happyを卒業し、完全セルフプロデュース型ガールズユニット「callme」として活動していくこととなりました。

ごめん!やっぱり分からない!という方、要するに現在のDorothy Little HappyはKANA、MARIの2人組。元Dorothy Little HappyのMIMORI、RUUNA、KOUMIがcallmeになり、それぞれで活動していますということです。あーすっきり!

MIMORI、RUUNA、KOUMIでcallme
MIMORI、RUUNA、KOUMIでcallme

で、今回ご紹介する楽曲は2011年3月16日に発売されたものなので、5人時代のDorothy Little Happyです。

妄想が爆発する『デモサヨナラ』

タマランっす!透き通った歌声、切なさを表現したメロディライン、そして歌詞!
思いあまって、もしもこれが主題歌の恋愛ドラマを作るとしたら・・・?を妄想してしまいました。

(ここからは勝手な妄想です)
彼は東京の大学に行くことが決まっている、私は地元の信用金庫へ就職。
4月からは遠く離れた地でそれぞれの生活が待っている、そんな高校最後の卒業式
桜の木の下で「もう会えないのかな?」
「そんなことない。必ず迎えに来るから。」私の涙をそっと拭う彼。
本当は彼と一緒に上京したい。でもそうはさせてくれない家庭の事情。
(あー!2人は離れ離れに……)

(注:写真はイメージです)
(注:写真はイメージです)

東京と地方で遠距離恋愛となった2人は、最初の内はしていた電話も段々と少なくなり、彼氏は大学で先輩に連れられて行った飲み屋で都会の女性と出会う。
先輩から「こいつ地元に彼女がいて遠距離恋愛なんだよ。」といじられ、「あいつとはそんなんじゃないから!」なんて強がる彼氏。
「じゃあ私と付き合ってみる?」と都会の女性。
(あー!やめろっ!彼氏よ早まるな!)

休みを利用して上京した私。
すると、たまたま彼氏と都会の女性が一緒に歩いている所を目撃してしまう。
結局、彼氏とは会わずに傷心のまま地元に帰った私。
すると、勤めている信用金庫の先輩から告白される。
揺れ動く心。
でも、やっぱり彼のことが好きだからお断りする。

思い出の桜の木の下で(注:写真はイメージです)
思い出の桜の木の下で(注:写真はイメージです)

その帰り道、彼の事を信じたいけど…と2人の思い出がたくさん詰まった学校へ立ち寄る私。
すると桜の木の下に人影が。
彼だ!コチラに気づいて笑顔の彼。
「必ず迎えに来るって言っただろ。」私の涙をそっと拭う彼。
エンドロールが流れながら曲は『デモサヨナラ』。
(長い間、妄想にお付き合いいただき、ありがとうございます!)

<次のページ:絶対言いたい「オレモー!」コール!>