owarai_バナー_4

昨日8月8日、東京・ユーロライブで行われた、地球上で最もテンションの高い池崎を決める大会「池崎-1グランプリ2015」にて、サンシャイン池崎が優勝した。

【ライブ中の写真はこちらから】

サンシャイン池崎は、9年連続で準決勝敗退していたが、今大会では敗者復活枠で決勝に進出。9連覇中の絶対王者であり、サンシャイン池崎の父・ガイア池崎は決勝7位に敗れ、親子対決は叶わなかったが、初の女性ファイナリスト・アマゾネス池崎と、時間無制限の最終決戦を繰り広げた結果、見事初優勝を手にした。

【関連記事:厚切りCEOがハライチ・あばれる君・クマムシに物申す!?】

人気・知名度一切関係なし、テンションの高さだけを競う「池崎-1グランプリ2015」も今年で10回目。今回、優勝賞金4兆円を求めて集まった地球中の池崎は、3億4567万8933組にも上る。元旦から行われた予選1回戦では5秒という持ち時間を活かしきった300組が2回戦へ。2回戦は逆に180分テンションを持続させた強者20組が準決勝進出。その中から麻酔銃の手を逃れた7組の精鋭が今回の決勝進出者だ。
池崎-1グランプリ2015 ルール
全世界生中継の会場となったユーロライブでは、AD(ハナコ岡部)が慌ただしく前説。審査を務める観客に向かって「面白かったかどうかは評価の対象外」と念押しを。MCのロビンソンズ山崎は大舞台直前とあって台本から目を離さず緊張した面持ち。しかし一転生中継がスタートすると、「始まりました!」「楽しみです!」と興奮し声を弾ませる。

審査委員長の審査員池崎も落ち着かないようで、大阪弁で各出場者へ矢継ぎ早に期待のコメント。また、客席には今年も、この大会を営業より楽しみにしているクールポコの姿が。クールポコの隣に座る、謎の国民的猫型ロボット(本多らいだ~△)も、興奮のあまり声を詰まらせていた。

そしていよいよ、最初の決勝進出者、ケルベロス池崎(オロチねずみ)が登場。元相方を手刀で貫いたそのテンションを冒頭から爆発させるが、タイムオーバーで射殺されてしまう。陰のハイテンションという唯一無二の武器を持つダークネス池崎は、ダークネス漫談が長すぎてこちらもタイムオーバー。アメリカからの参戦となったイケスティーブン・マックイーンザキは逆に陽気なアメリカンジョークを連発し、楽しくなったのか時間を忘れて銃弾に倒れる。
&池崎-1グランプリ2015
ここでMCから重大なお知らせが。ケルベロス池崎がルール第1条で禁止されているドーピングを行っていたことが発覚。大量のユンケルによるタウリンを60万mgを体内に摂取していたため失格となった。しかし、その後ほとんどの出場者がドーピングを行っていたことがわかり、審査員池崎の英断により、すべての出場者の失格は取り消された。

3番手は、アマチュアながら決勝に勝ち上がった中学3年生の池崎守。まだ子供らしくダブルピースで舞台に上がるも、成長の早さからいきなり反抗期に突入。地球にキレたままタイムオーバーで意識を失う。そして真打ち・ガイア池崎。9連覇の余裕を感じるたたずまいで、小道具や歌を用いてそのテンションを解放。圧倒的な存在感を見せつけたうえ、タイムオーバーの銃弾を一旦よけて見せるパフォーマンスも。「セルフサービス!」と自ら銃弾を撃ち込み倒れると、MCの山崎は「横綱相撲でしたね……」と目を見張る。
池崎-1グランプリ2015 パン1
初の女性ファイナリスト・アマゾネス池崎は、露出多めの衣装に加えて女性ホルモン全開で「サービス!」とスカートをめくり男性客を悩殺。「Zカップ女子あるある」を繰り出しタイムオーバーで銃殺されても歩いて楽屋に戻る強靭さを見せつけた。
Zカップ女子あるある 池崎
ここで敗者復活の発表。エントリーナンバー3億3333万3333番、サンシャイン池崎の名が呼ばれると、観客からは大きな爆笑と拍手が。MCがサンシャイン池崎と中継をつなげると、池崎はレポーターの100W・井出の喉を引きちぎり、自らの喉に補強し、青い炎を上げ会場に向けて飛び立った。

続けて、声をまったく出さずに決勝に勝ち上がったサイレントシュール池崎。今大会のダークホースと注目されたが、調子が出ない様子で「ハッ、ハッ、ツェ、ツェ」とマイクチェックをしただけで終わってしまう。そして「バコーン!」という衝撃音とともに会場に到着したサンシャイン池崎。「空前絶後!
超絶怒涛のピン芸人!」のフレーズに、会場からは待ってましたの拍手。これですべての決勝進出者が出揃った。
池崎-1グランプリ2015
観客審査の結果、最終決戦に勝ち上がったのは1位通過のサンシャイン池崎と2位通過のアマゾネス池崎。最終決戦は時間無制限。最初に登場したアマゾネス池崎はテンションの高さを表すようなでっかい剣を振りかざし、「でっかい剣持ってる系女子あるある」を1本目のネタ以上のテンションで披露する。山崎は「間髪入れずに行きましょう!」と笑いつつ、すぐさまサンシャイン池崎を呼び込んだ。最初こそ息切れしているように見えたサンシャイン池崎だが、イエイイエイギャグで自らを鼓舞。どんどんテンションを上げていき、観客を巻き込んでの「ドルフィン!」に、会場の熱気も急上昇。すべての戦いを終えると、あまりの熱戦に山崎は「猛暑日なんてたいしたことない」と気圧されてしまう。

集計中には、審査員池崎が「今年はレベルが高いのお」と総評。さらに、息子の活躍を目の当たりにしたガイア池崎、反抗期が終わり思春期に突入していた池崎守、予選で敗れたチャリ池崎チャリらも姿を現し、アマゾネス池崎とサンシャイン池崎の健闘を称えた。

そして、サンシャイン池崎の優勝が発表されると、サンシャイン池崎は「やったー!」とガッツポーズ。「敗者復活から勝ち上がったので本当にうれしい」とコメントし、クールポコからトロフィーを受け取ると、再び「やったー!」と高々と掲げた。なお、優勝賞金の4兆円は「全部燃やします!」とのこと。サンシャイン池崎の今後の活躍に地球全体で注目が集まること間違いなし。次回大会でのさらなる熱い戦いも期待できそうだ。会場ではすでに「池崎-1グランプリ2016」のエントリー用紙を配布。エントリー用紙送付先は「銀河系土星の輪っか4丁目 ギャラクシービルB1242階」となっているので、応募する池崎は間違えないように。
優勝したサンシャイン池崎


優勝したサンシャイン池崎も出演する「WEL SP 2015」も要チェック!

ワタナベエンターテインメント夏のスペシャルお笑いライブ WEL SP 2015

日時:9月6日(日)【昼】開演14:00/【夜】開演18:00 ※全2回 各30分前開場
場所:東京・草月ホール
料金:前売3800円
<出演者>
【昼】
ブルーリバー(MC)/アンガールズ/ロッチ/あばれる君/クマムシ/厚切りジェイソン/ザブングル/超新塾/プリンセス金魚/サンシャイン池崎/ロビンソンズ/笑撃戦隊/キサラギ 他
【夜】
ブルーリバー(MC)/ロッチ/我が家/ハライチ/あばれる君/クマムシ/厚切りジェイソン/Wエンジン/シャカ大熊/夜ふかしの会/100W/ソフトアタッチメント/イヌコネクション 他
【共通】
「1分間・笑いのスプリントSHOW」中岡一般、クマムシ佐藤&マドモアゼルズ平山 他

シェア
OWARAI FAVCLIP
最強のお笑いニュースサイト「OWARAI FAVCLIP」です。 お笑いの最新情報などを毎日たくさん配信しているので是非とも遊びに来て下さい(^^)