このエントリーをはてなブックマークに追加
シアタークリップ_バナー_3 ナオト・インティライミ、小関裕太

(左より)ナオト・インティライミ、小関裕太【画像を拡大】

2016年1月に東京・新国立劇場中劇場にてナオト・インティライミと小関裕太によるW主演の舞台「DNA-SHARAKU」の上演が発表された。

今年1月、「NEXT WORLD」というドキュメンタリー番組(NHK)が放送され、反響を呼んだ。世界中の研究者によると、今から30年後、2045年には人工知能が人類の能力を超えるという。それはすなわち、人類の終焉を意味すると問題視さている。

そんな未来と、現在、過去、4つの時代を舞台にしたミュージカルが誕生する。
作品の原案を固めるのは冲方 丁。「天地明察」、「光圀伝」などを著し、「攻殻機動隊ARISE」ではシリーズ構成と脚本を担当。また、今作の演出の指揮をとるのは小林 香。「SHOW-ism」シリーズ、「カルメン」などの演出で知られ、その独自の感性に貫かれた美意識は、多くの観客を作品の独特な世界へ誘うことを得意とする魔術師のような演出家。2人の奇才がタッグを組み、最新の映像技術を駆使することで、これまでにない新たなミュージカルが誕生する。

今作で主演を務めるのはナオト・インティライミと小関裕太。ミュージシャンのナオト・インティライミと、20歳ながらドラマ、映画、舞台とジャンルを問わず活躍中の小関裕太がどんな化学反応を起こすのか期待。また、今作の主催・企画・制作を担うのは、美しくハイクオリティーな映像制作で知られるNHKエンタープライズであるという点にも注目。

2116年、人工知能が支配する日本。
そこでは「創造する心」が否定されていた。感情の高ぶりは同時に争いも生み出すため、社会を不安定にさせるという。人工知能の判断に従って、未来政府は日本人の持つ豊かな「創造する心」を根絶やしにするため、タイムトラベルで過去に遡り、危険とみなした人物を捕らえては抹殺を繰り返していた。中でも必死に探していたのは謎の絵師と言われた、東洲斎写楽。彼を探そうとする未来政府は、2人の青年を追手として選び出す。2016年に生きる柊 健二(ひいらぎ けんじ=ナオト・インティライミ)と2045年に生きる結城 連(ゆうき れん=小関裕太)。人工知能に選び出された2人の青年は、自らの創造する心と引き換えに、1793年に送り込まれる。しかし、幕府の出版統制や文化弾圧と戦いながらも“面白いこと”を追求する江戸の人々と出会ったことで、2人は写楽を守るため、未来政府と戦う決意を固める。

今回の上演にあたり、冲方 丁、 小林 香、ナオト・インティライミ、小関裕太からコメントが発表された。

■ 原案 冲方 丁

日本の文化を主題としたミュージカル。その壮大な提案に心躍りました。
日本文化の特質を、私は「自由・遊び好き・好奇心」であると見ています。日本人は古来、身分を問わず才能を育む自由を当然のものとし、多種多様な人材を輩出してきました。また、難解な学問をも庶民の楽しみとしてしまう遊び好きの精神が、高度な教育を可能としました。そして、他国の文化を貪欲に吸収する好奇心が、日本の底力となってきたのです。
今、ミュージカルという様式を我がものとし、高度なテクノロジーによる娯楽技術をもって、日本独自の文化に変えて送り出す。その試みに胸を躍らせています。

■ 演出・脚本・作詞 小林 香

これは、オモシロイ日本を守るために奇想天外なことをやってのける、ごくフツーの人々の物語です。戦争を繰り返す愚かな人間に呆れた人工知能は、人間の最初で最後の切り札である<創造力>を奪います。政府の言論統制と表現規制のなかで、創造力、フィクションは現実を変えられるのか…舞台の上でやってみたいと思います。劇中と同じくキャスト・スタッフも異種格闘技戦で、豪快に傾(かぶ)ける座組みですし、NHKエンタープライズならではの映像技術も登場しますので、どうぞ楽しみにしていてください。

■ ナオト・インティライミ

初めてのミュージカルへの挑戦ということで、武者震いしております。
強力な共演者、スタッフの皆様に、「ミュージカルとはなんぞや」をビシバシご指南いただきながら、精一杯自分の持ち味も出しながら、立ち向かっていきたいと思います。
4つの時代を行き来するワクワクするファンタジーな世界。その物語を通して、自分の未来、自分がいなくなってからの世界のことを考える、とても貴重なきっかけになる機会であると感じております。

■ 小関裕太

初めてこのお話のことを聞いた時、ものすごく巨大な隕石が胸に飛び込んできた気分でした。音楽界、ミュージカル界、ダンス界、テレビ界など様々なジャンルで僕が尊敬している方々の中で今回役を生きられることがとっても嬉しくて興奮しております。
そして4つの時代を飛び回る壮大な世界観の中で、浮世絵をはじめとした“日本の美”を感じられる優美なミュージカルになると確信しています。全力で参加させて頂きます。心から離れないエンターテイメントを作っていきたいです!


「DNA-SHARAKU」 

<公演日>
東京公演:2016年1月 新国立劇場中劇場
ほか地方公演あり

<原案>
冲方 丁

<演出・脚本・作詞>
小林 香

<音楽>
井上ヨシマサ

<映像>
齋藤精一(ライゾマティクス)

<出演>
ナオト・インティライミ 小関裕太(W主演) ほか

<主催・企画・制作>
NHKエンタープライズ

「DNA-SHARAKU」 公式HP

「DNA-SHARAKU」公式Twitter

このエントリーをはてなブックマークに追加
THEATERCLIP
「シアタークリップ」は様々な演劇、ミュージカル、歌舞伎などを紹介する総合演劇専門サイト。 「オリジナル限定動画」を中心に最新の演劇ニュースをほぼ毎日配信中!!是非フォローよろしくお願いしますー♪