毎日暑い日が続き、身体もバテ気味になりますが、そんな時こそがっつり食べられる肉料理を食べてスタミナをつけたいものです。ということで、今回は、みんな大好き焼き鳥のにフィーチャー!

鶏肉は、たんぱく質、ビタミンA、メチオニン、コラーゲンといった栄養素を豊富に含み、皮以外はカロリーが低く消化吸収率が95%と消化もいいので、ダイエット中の人におすすめの食材です。そんな鶏ですが、頭のトサカから足の先まで全部食べることができるって知っていますか?
焼き鳥好きな人でもあまり知らないかもしれない、鶏の希少部位をご紹介します。

かんむり

みなさんご存知、あの頭の上に乗っかっている赤いやつです。実は鶏のトサカにはなんと、天然のヒアルロン酸が多く含まれているため美容食品でもあります。トサカの食感はコリコリしていて、塩焼きや串焼き、刺身にして食べるとおいしいですよ。

せせり

鶏の首にあたるところで、1羽からわずかしかとれません。良く動く首の筋肉部分なので、身が引き締まっていてとてもおいしい部分です。脂身が多く、食感に弾力があるため、噛めば噛むほど肉汁が出てきて、歯ごたえと旨みがあるのが特徴。オムライスに入れたり、串焼き、鉄板焼きがおすすめです。

ふりそで

鶏の手羽元と胸肉の間の部位であり、1羽で少ししかとれない希少な部位です。手羽より脂が少ないけれど肉汁が多く、上品な味わいとなっています。炭焼きにして串焼きで食べるととてもおいしいです。

<次のページ:数十羽~百羽に1羽の割合で取れる貴重な白レバー!>

1
2
3
シェア
wachi
北海道出身、ライター兼編集者。 無類のパン好きで、3食パン生活もOK!