このエントリーをはてなブックマークに追加
シアタークリップ_バナー_3

ミュージカル『TOP HAT』(左より)アラン・バーキット、シャーロット・グーチ、朝夏まなと、実咲凜音

イギリスで大絶賛されたミュージカル『TOP HAT』がこの秋、東京、大阪で来日公演が行われる。上演に先がけ、8月3日(月)、公開記者会見が行われ、今作に出演するアラン・バーキット、シャーロット・グーチ、また、宝塚版での『TOP HAT』で主演コンビを務めた宙組の朝夏まなと、実咲凜音が登壇した。

【記者会見の写真はこちら<15枚>】

本作は、ミュージカル映画黄金期のハリウッドを代表する名作の舞台化。『TOP HAT』の最大の魅力は、ダンスと音楽。原作映画では、ダンスの神様と呼ばれた、フレッド・アステアとジンジャー・ロジャースがコンビを組み、ロマンティックなデュエットダンスで世界中を魅了した。映画の魅力はそのままに、さらに躍動感あふれる作品として舞台化されたのは2011年のこと。たちまち評判となり、イギリス演劇界で最も権威あるオリヴィエ賞・新作ミュージカル賞、振付賞、衣裳デザイン賞の3部門を受賞した。

ブロードウェイで活躍する大人気のミュージカル・スター、ジェリー・トラヴァース(アラン)は、英国人プロデューサーのホレスに招かれて、ロンドンの舞台に立つことに。ホテルに到着し、部屋でひとりタップダンスに興じていると、階下の部屋に泊まる美しいモデル、デイル・トレモント(シャーロット)が苦情を言いに上がってくる。そんな彼女に一目惚れし、やがて心を通わせていく2人だが、行き違いから、デイルはジェリーのことを友人マッジの夫(=ホレス)と勘違いしてしまう。恋に落ちた相手が、実は友人の夫だったと思い込んだデイルは、ジェリーへのあてつけに、以前から熱烈なアプローチを受けていた衣裳デザイナーのアルベルトと結婚。ジェリーは、慌ててデイルの後を追い、イタリア・ヴェニスへと向かう。

公開記者会見では、アランと、シャーロットのコンビによる歌唱パフォーマンスや、アラン、シャーロット、朝夏、実咲による対談が行われた。

歌唱パフォーマンスで披露されたのは、本作の代表的な曲でもある「Isn’t This A Lovely Day?」と「Cheek to Cheek」。

まずはじめに披露されたのは「Isn’t This A Lovely Day?」。ゆっくりとした正統派ミュージカルの曲調は、軽快なタップダンスを生み出した。しかし、曲の調子が早まるに従って、タップダンスのスピードも早くなる。それに伴い、舞台全体を使用したステージングへと変わっていく。舞台上を大きく横切り、繰り広げられるタップダンスは、まさに圧巻。

次に披露されたのは「Cheek to Cheek」。『TOP HAT』のポスタービジュアルそのままの燕尾服と白いドレスで繰り広げられる優雅なデュエットダンスは、まるで夢を見ているかのように美しく軽やか。

曲中、2人の視線が絡み合い生まれるロマンチックな空気。2人が舞台上で生み出した空気はあふれるように、客席に押し寄せてくる。その和やかであたたかい特別な空気は、観ているこちらまでも幸せな気持ちにさせてくれる。それもそのはず。アランと、シャーロットのコンビは7月25日(土)までイギリスで『TOP HAT』を上演していたばかり。イギリスで上演していた空気をそのまま携えて日本で披露してくれた。

そして、その後行われた対談・質疑応答で、2人が生み出すロマンチックな雰囲気に質問が及んだ。その答えをアランは「2人の間では、なんでも話し合います。お互いに助けあいたいという気持ちもすごくあります。1年間ツアーで一緒に回っていたので、共に過ごす時間もとても長かったです。時々、1年くらいツアーで一緒にいると『この人キツイな』と思うこともありますが、彼女の場合にはそういったことが全くなかったです。そういったところが舞台上でも雰囲気として出ているのではと思います」と語った。

2人で踊る際の息の合わせ方をシャーロットは「2人で組んでカップルとして踊る時に大切なことは、“つながり”だと思います。例えば、踊っている時に振りを間違えてしまったり、足を踏んでしまったり、リフトが上手いかなかったりということがどうしても起こりますが、2人の間の“つながり”と信頼関係さえしっかりしていれば、大丈夫だと思います」と秘訣を語った。

また、宝塚版でシャーロットと同じデイル・トレモント役を演じた実咲は「どうしてもリフトのタイミングが合わなくなってしまった時に、朝夏さんはどんな時でも“ガッ”と持ち上げて“ウォー”と守ってくださるので、“アッ”と思ったのも忘れてしまうくらい。本当にそこは“つながり”だな」と同意。『TOP HAT』を演じた日英のベストコンビのつながりと信頼関係がアピールされた。

原作映画で自身と同じ、ジェリー・トラヴァース役を演じたフレッド・アステアの魅力をアランは「実際にカメラの前で踊る時には、フレッドは毎回初めて踊るように、踊っているのではないかと思います。それは、彼が心から踊っているからこそ、そういった雰囲気を描くことができるのでは。私も軽く、楽に、力を入れずに踊っている彼の雰囲気を目指しています」と語った。

また、宝塚での上演前に、イギリスでアランと、シャーロットの『TOP HAT』を観劇したという朝夏は「楽屋でお話を伺うことができました。その時、私はタップが不安でしたので、アランさんがその場で踏んでくださいました。それがもう、自然で楽しそうに踏んでいらして、私は鳴らすことばかりを意識していましたが、そうではなく、身体が動くから勝手に音が鳴るんだ、出るんだ、ということを学ばせていただきました」とその衝撃を語った。

そして、記者会見前日に東京宝塚劇場で朝夏と実咲が出演する 『王家に捧ぐ歌』を観劇したというアランと、シャーロット。シャーロットは「すごく感銘を受けました。言葉が分からなかったのですが、ストーリーを追うことができたのは、おそらく、お2人の役者さんとしての表現が素晴らしかったからだと思っています。特に衣裳が好きです。エジプトのお姫様が毎回出てくる度に、本当にキラキラしていたお衣裳を着ていて、隣のアランに『ねー、ねー、あの衣裳凄くない!?凄くない!?』と言っていました」とその興奮を語った。

そして、みどころをシャーロットは「優雅さと粋な雰囲気と、魔法がかかったような空間に身を置くことができるというころではないかなと。アメリカのミュージカル映画の黄金時代の雰囲気をそのまま感じていただけるのではないかなと思います。素晴らしい音楽、美しい衣裳、豪華なセットで、1930年代をそのままの体験できるのではと思います」とアピールした。

ミュージカル『TOP HAT』

(左より)アラン・バーキット、シャーロット・グーチ

ミュージカル『TOP HAT』

(左より)シャーロット・グーチ、アラン・バーキット

ミュージカル『TOP HAT』

(左より)樹里咲穂、アラン・バーキット、シャーロット・グーチ、朝夏まなと、実咲凜音

【写真をもっと見る】

★チケット購入へ


ミュージカル『TOP HAT』

<公演日>
東京公演:9月30日(水)~10月12日(月・祝) 東急シアターオーブ
大阪公演:10月16日(金)~10月25日(日) 梅田芸術劇場 メインホール

<作詞・作曲>
アーヴィング・バーリン

<原作>
映画「トップ・ハット」(RKO製作)

<出演>
アラン・バーキット、シャーロット・グーチ ほか英国版キャスト

ミュージカル『TOP HAT』公式HP

ミュージカル『TOP HAT』公式Twitter

ミュージカル『TOP HAT』公式Facebook

このエントリーをはてなブックマークに追加
THEATERCLIP
「シアタークリップ」は様々な演劇、ミュージカル、歌舞伎などを紹介する総合演劇専門サイト。 「オリジナル限定動画」を中心に最新の演劇ニュースをほぼ毎日配信中!!是非フォローよろしくお願いしますー♪