ロックの魅力はライブ感にあり!

若者をとりこにする音楽の魅力は、少しも色あせていません。しかし最近では、アーティストのCDや音源を購入するということが少なくなっているそうです。少々音質が悪くても、インターネットの動画を聞くだけで十分満足、というのがイマドキの若者なのだそう。

もしもこのことを1970年代の若者が聞いたら、きっと呆れてしまうでしょう。本物のロックはデータや電波の中にはないよ、とため息をつくかもしれません。

ロック×青春の爆発力

あの頃ペニー・レインと (1枚組) [DVD]

ロックンロール黄金期の青春映画「あの頃ペニー・レインと」は、2000年に公開され、アカデミー賞脚本賞、ゴールデン・グローブ賞作品賞・助演女優賞、ロサンゼルス映画批評家協会賞など、数々の栄誉に輝きました。映画ファンとロックファンの両方から愛される稀有な映画であり、そこには、ロックが若者にエネルギーを与え、また若者がロックにエネルギーを与えていた様子が描かれています

厳格な母親に育てられたウィリアム(パトリック・フュジット)は学年を2年飛び級した優等生で、心優しく真面目な性格。まだ15歳であるにも関わらず、文才を認められて「ローリング・ストーンズ誌」からオファーを受け、売り出し中のロックバンド「スティルウォーター」の記事を書くことに。ウィリアムのモデルは脚本と監督を務めたキャメロン・クロウ自身で、15歳でライターデビューしたというのも事実です。

バンドの女神との出会い

バンドのライブツアーに同行することになったウィリアムは、グルーピーのペニー・レイン(ケイト・ハドソン)と出会います。グルーピーとはいわゆるおっかけのことで、バンドメンバーと親しくなるために肉体関係を結ぶ、ファンの女の子たちのことを意味します。しかしペニーは「私はグルーピーではなく、バンドを手助けするバンド・エイドなの」と主張して譲りません。

この映画は、バンドを支えたグルーピーの女の子たちに捧げる物語でもある。
この映画は、バンドを支えたグルーピーの女の子たちに捧げる物語でもある。

視線を操り、笑顔ひとつでたちまち男を魅了してしまうペニー。「夢はモロッコに行くこと」と、どこまでも自由奔放です。ウィリアムと比べるとずっと大人に見えますが、実はまだ16歳。バンドのギタリストと関係を持ち、ツアー中だけの恋人関係だと割り切っていたはずなのに、本命彼女が登場すると、嫉妬にわれを忘れて自殺未遂をしてしまいます。

1
2
シェア
内野チエ
ライター。 Webコンテンツ制作会社を経て、フリーに。教育、子育て、ライフスタイル、ビジネス、旅行など、ジャンルを問わず執筆中。高校の3年間で1000本以上の映画を鑑賞、ときには原作と比較しながら楽しむ無類の映画好き。