目黒雅叙園にて「和のあかり×百段階段」展が開催中。”ねぶた”とのコラボレーションをはじめ、「草木のあかり」、「和紙のあかり」など、日本人が愛してきた風情あるイルミネーションを満喫できます。撮影OKなので、カメラをもって遊びにいきましょう!

今回の展示会場でもある百段階段とは?

東京都目黒区にある目黒雅叙園は、日本で最初に誕生した総合結婚式場として知られています。
中でも、今回「和のあかり×百段階段」展の会場になっている「百段階段」は東京都の指定有形文化財。

「百段階段」とは通称で、かつての目黒雅叙園3号館にあたり、昭和10(1935)年に建てられた当園で現存する唯一の木造建築です。 食事を楽しみ、晴れやかな宴が行われた7部屋を、99段の長い階段廊下が繋いでいます。 階段は厚さ約5cmのケヤキ板を使用。 階段で結ばれた各部屋はそれぞれ趣向が異なり、各部屋の天井や欄間には、当時屈指の著名な画家達が創り上げた美の世界が描かれています。

(中略)平成21(2009)年3月、東京都の有形文化財に指定されました。

引用元 目黒雅叙園公式ウェブサイト

「和のあかり×百段階段」展で展示されている”ねぶた”の元である「ねぶた祭」も、実は日本の無形重要文化財なんです。
今回このような形で有形と無形の文化財がコラボレーションするのは初めてのことなのだそうです。

「和のあかり×百段階段」展では何が展示されている?

日本の夏に開催される展示会ということで、日本人の感性に合う「あかり」を日本中から集めるというコンセプトの企画展になっています。

「あかり」展ですが、中には光らないものもあるそう。
それ自体が光らなくても、暗闇の中に照らされて綺麗なものが多くあることから、今回はそれらも「あかり」と捉えて展示しています。

光を当てると色が映える展示品
光らない展示品

今回の目玉でもあるねぶた祭りの”ねぶた”ですが、実際のねぶたは約5メートルもあり、天井まで約3.5メートルしかない今回の百段階段ではそのまま展示することは不可能でした。
ただ、サイズを小さくしたものを展示するのでは迫力がなくなってしまうため、今回は特別に顔や腕、杯などのパーツに絞って実物大のサイズで展示しているそうです。


ねぶた

1
2
シェア
sueken
学生。旅行好き。とりあえず飛行機見ていれば幸せ。米国在住経験あり。