このエントリーをはてなブックマークに追加
owarai_バナー_4
吉田と平井“ファラオ”光
明後日7月22日(水)、東京・ルミネtheよしもとでPOISON GIRL BAND吉田主催の漫才ライブ「POISON吉田と5人と漫才」が開催。同ライブに向けて、吉田がゲストの馬鹿よ貴方は・平井“ファラオ”光と初のネタ合わせを行った。

恒例となったこのライブでは、吉田が5人のゲストそれぞれにすべて違った漫才を制作。「このライブで盗めるものは全部盗む」という貪欲な意思のもと、自身がボケになったりツッコミになったりしながら、ゲストたちの漫才テクニックを学んでいる。

今回のゲストの1人である平井“ファラオ”光には、「『THE MANZAI』で衝撃を受けた」と語った吉田。一方平井も「M-1グランプリ」を見て吉田に対してと「僕みたいな根暗なタイプ」と共感を。”根暗”については吉田は否定しつつも、平井“ファラオ”光の前向きな姿勢を喜んでいた。

果たしてこの、”ノッポの根暗コンビ”がどのような漫才を披露するのか。チケットはチケットよしもとにて販売中。
詳しくは劇場オフィシャルサイトにて確認を。
吉田とゲストの馬鹿よ貴方は・平井“ファラオ”光の初のネタ合わせ
<読み合わせ後の対談>
●平井“ファラオ”光さんから見たPOISON GIRL BANDとは

平井“ファラオ”光 :僕がPOISON GIRL
BANDさんを初めて見たのは「M-1グランプリ」だったと思うんですけど、とにかくほかと違うなって思いました。空気が独特なので、印象に残るものがありましたね。こういっちゃあれかもしれないですけど、僕みたいな根暗なタイプが頭の中で描いているようなことをそのまま表現されてるなという感じがして。

吉田 :そんな根暗なつもりはないんだけど。言われますけど。

平井“ファラオ”光 :東京の根暗な人って変なこと考えてるので、そういうのをなんとかこう表現という形で表に出せればいいものが生まれるんじゃないかなっていうのは思っていたことなので、そういうことを先にされてて。同じ匂いがします。

吉田 :同じ匂いは阿部ちゃんにだけ感じでもらえると・・・。

平井“ファラオ”光 :今の相方は3人目なんですが、前の2人は決して明るいタイプではなくて。1人目はハガキ職人みたいなタイプで、とがってて。そのときはWボケでした。2人目は僕から見てすごい面白い奴だったんですけど社会人として足りないものがあまりにも多すぎて。僕がしんどくなっちゃって解散してしまって。

吉田 :好きだけど一緒にいるとダメになっちゃうみたいな。

平井“ファラオ”光 :今もたまに連絡とるんですけど、たまに会うくらいがちょうどいいみたいな。

吉田 :ほんとに恋愛してた人のはなしみたい。

●馬鹿よ貴方はのネタの作り方は

平井“ファラオ”光 :最初は相方が台本を持ってくるんですけど、アバウトな感じで書いてて、僕のセリフは僕の自由にやります。修正を繰り返して納得がいく形になったらステージでやって、ウケるところは残してウケなかったところはまた変えてというやり方です。

●台本の感想は

平井“ファラオ”光 :馬鹿よ貴方はの場合は、厳密にいうと僕の持つスピードと相方の持つスピードが違うので噛み合わなかったりするんですけど、吉田さんとはなんか合う気がする。なんかよかったです。いい曲が奏でられそう。

吉田 :いい見出しになります(笑)。


「POISON吉田が5人と漫才」

日時:7月22日(水)19:30開場/20:00開演
会場:ルミネtheよしもと
料金:前売¥2000 当日¥2300(全席指定席)
<出演者>
POISON GIRL BAND・吉田
ゲスト:千鳥・ノブ、学天即・奥田、囲碁将棋・文田、馬鹿よ貴方は・平井“ファラオ”光(オフィス北野)、スピードワゴン井戸田(ホリプロコム)
MC:アホマイルド坂本
<チケット>
○チケットよしもとWEB
http://yoshimoto.funity.jp/

○チケットよしもと予約問合せダイヤル
0570-550-100(Yコード:999-050)
○チケットぴあ(Pコード:597-721)
○ローソンチケット(Lコード:35493)
○よしもと劇場窓口

このエントリーをはてなブックマークに追加
OWARAI FAVCLIP
最強のお笑いニュースサイト「OWARAI FAVCLIP」です。 お笑いの最新情報などを毎日たくさん配信しているので是非とも遊びに来て下さい(^^)