ビジュアル最強アイドル夢みるアドレセンスが、7月15日にリリースするセカンドシングル『サマーヌード・アドレセンス』のMV撮影現場に潜入したドーラ取材班。これまで3回に渡って、夢みるアドレセンスの基本情報と撮影現場1日の流れ、そしてMV制作に関わるスタッフ陣メンバーへのインタビューをお送りしました。

第4回は夢みるアドレセンスの山田朱莉さん、京佳さんへのインタビュー、そしてリーダー荻野可鈴さんへのインタビューの2本立てでお送りします。

まずはMV撮影中の山田朱莉さん、京佳さんに『サマーヌード・アドレセンス』の聴きどころ、見どころ、また東名阪でのワンマン「#ユメトモの輪ツアー2015春」を終えての感想などを伺いました。

『サマーヌード・アドレセンス』は思春期感のある『サマーヌード』

-『サマーヌード・アドレセンス』はどんな曲ですか?

京佳:『サマーヌード』って真心ブラザーズさんの名曲じゃないですか。だからプレッシャーもありました。でも、新しい「アドレセンス」な、思春期感のある『サマーヌード』を作っていければいいなと思います。
山田朱莉(以下、山田):そうだよね。真心ブラザーズさんのファンの方々にも聴いてほしいし、曲を知っている人全員に聴いてほしいんですけど、その中から私たちのアドレセンス感を感じ取っていただければって思います。

-MV撮影の前日に必ずすることってありますか?

山田:ある?京ちゃん、何かやってるでしょ。
京佳:早く寝るとか。
山田:えらい!えらいの~!かわいいの~!(京佳さんの頭をなでる)
京佳:あかりんは?
山田:私はな~んも無いですね。タラコにマヨネーズぶっかけて食べてます。この痛風メニューを楽しんでます(笑)ちょっと体を心配しちゃうくらい食べちゃうんですよ!

-そんなに食べるんですか?

山田:ヤバいですよ!
京佳:結構食べてる。
山田だって、自分のハンバーグ食べて、(荻野)可鈴が少食なんで、それも食べて、京ちゃんのオムライスも食べて…。
京佳:そうだよ。全部食べちゃうんだよ!
山田:で、追加できたから揚げも食べてみたいな。
京佳:ヤバい。
山田:でも、何だろな…メディキュット履いたり、着圧ソックス履いたり、化粧水を多めに塗ったり。
京佳:そうそう。そういうちっちゃい事をたくさんやってますね。

-小林さんも言ってましたが、みなさんにとってメディキュットは必需品なんですね(笑)

山田京佳:必需品!
京佳:もう、絶対する!
山田:でも、MV撮影の前日であろうが、私はとにかく食べる!食べないと元気でないから。

MV撮影の前はとにかく食べる山田さん
MV撮影の前はとにかく食べる山田さん